Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

InterSystems IRISの活用:CachéおよびEnsembleアプリケーションの移行が必要な理由

インターシステムズに入社して35年以上になりますが、多くのお客様がインターシステムズとともに成長していく姿を見てきました。私たちは、お客様が成功を測る基準が何であれ、お客様の成功を支援することに情熱を注いでいます。それを支えているのが、インターシステムズが提供するテクノロジーです。現在、インターシステムズの名前は、 InterSystems IRISデータプラットフォームとよく関連付けられていますが、これは実際には、実績のあるデータ管理ソフトウェアの次世代版です。

InterSystems IRIS以前は、CachéやEnsembleの強力な機能で知られ、世界で最も重要なアプリケーションの展開に貢献してきました。当社のCachéやEnsembleをご利用のお客様は、これらのプラットフォームがインフラストラクチャの重要な部分となり、素晴らしいアプリケーションの基盤となっていることと思います。

しかし、私は、人工知能(AI)からクラウドまで、最新のデータプラットフォーム技術を活用していただきたいと考えています。そのために、既存のCachéとEnsembleのお客様には、期間限定でインターシステムズのデータプラットフォーム「IRIS」に無料で移行する機会を提供しています。

お客様のビジネスの大部分を占めているソリューションに変更を加えるのは大変なことだと思いますが、それだけの価値があると信じています。私たちの言葉だけを信じる必要はありません。医療用ソフトウェア会社のEpicをはじめ、多くの既存のお客様がすでに切り替えを行っています。

40 年以上にわたって当社のテクノロジーを使用してきた Epic 社は、昨年 InterSystems IRIS への移行を決定しました。同社のシステムは、250万人の同時ユーザー数を誇り、1秒間に約18億回のデータベースアクセスを処理するため、スムーズな移行が不可欠でした。私たちが協力することで、この移行が確実に行われ、今ではEpicの顧客はさらに優れたパフォーマンスとスケーラビリティを体験しています。

ここでは、InterSystems IRISへの移行時に提供されるその他のメリットの一部をご紹介します。

パフォーマンス、スケーラビリティ、リソース効率の向上

移行することで、より少ない資源でより多くのことができるようになり、複数の異なるタイプのワークロードを同時に管理できるようになります。これが何を意味するかを理解していただくために、当社の スピード・テストでは、他の一般的なデータ管理ソフトウェアと比較して、InterSystems IRISはテスト中に620.9%多くのレコードを取り込み、終了時には717.3%速く取り込みました。

開発者の生産性

InterSystems IRISは、複雑なものをシンプルにします。開発者は、1つのプラットフォーム上でアプリケーションを構築し、テストすることができます。また、組み込みPythonを使用することで、より多くの開発リソースや何十万ものPythonライブラリにアクセスすることができます。これにより、開発サイクルが短縮され、制御と管理がより簡単になります。

クラウド配備

クラウドニュートラルなプラットフォームであるInterSystems IRISは、特定のクラウド・ベンダーに縛られることはありません。また、経済性、効率性、俊敏性にも優れています。

機械学習

IntegratedML機能は、機械学習(ML)モデルを作成するためのシンプルなメカニズムを提供し、MLモデルをリアルタイムのアプリケーションで運用することを容易にしています。

アダプティブ・アナリティクス

アダプティブ・アナリティクスの新機能により、IT部門に頼ることなく、より簡単にデータを調査・分析することができます。つまり、ビジネスユーザーは、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うために必要なインサイトを得ることができ、ITチームは他の取り組みに集中することができます。

相互運用性とAPI管理機能

移行することで、すべてのデータの統合ビューをリアルタイムで得ることができます。当社のデータプラットフォームは、異なるシステム、技術、データを接続して、ビジネスユーザーのための単一画面を作成したり、エンタープライズアプリケーションのためのリアルタイム接続を可能にします。

マイグレーションが簡単に

これらはすべて、InterSystems IRISに移行する理由としては、氷山の一角に過ぎません。

すでにインターシステムズ IRIS に移行した何百もの Caché および Ensemble のお客様に加わる準備ができている場合は、 こちらでインターシステムズ IRIS への移行方法の詳細を確認することができます。
https://www.intersystems.com/jp/migrate-to-intersystems-iris/

ジョン・パラディーノ(John Paladino)

インターシステムズ社のサポート、品質保証、社内コンピュータ運用、および顧客教育グループの活動を指揮。1984年にインターシステムズ社に入社して以来、自動化されたサポート追跡システムの開発、インターシステムズ社のすべてのソフトウェア製品の顧客トレーニングプログラム、対応力の向上と顧客満足度の向上を目的としたサービス基準の作成と実施、国内外での複数のチームビルディングの取り組みなどに尽力してきた。

New England Pathology社のシステム・エンジニアリング・マネージャーとして、さまざまな情報技術の取得、導入、管理を3年間担当した後、インターシステムズ社に入社。パラディーノは、ウースター・ポリテクニック・インスティテュートとローウェル大学で電気工学を学んだ。

あなたが好きかもしれない他の投稿

Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.
Global Head of Product and Industry Marketing