Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

接着剤を使わないデータアーキテクチャ

Craft tools

私の子供たちは工作が大好きです。ここで、子供たちの創造性を称える最上級の言葉を使い、彼らのPinterestのハンドルネームを紹介すると思うかもしれませんが、そんなことはありません。でも、小学生のお子さんをお持ちの方なら、「工作」の本当の意味をご存知でしょう。

まず、YouTubeで5分間の工作動画を見るということです。このようなよくできた動画を見たことがある人は、タイトルの「5分」という部分があからさまな嘘であることに気づくかもしれません。見たことがない人のために説明すると、これらのビデオでは、誰かが色のついたペットボトルや光沢のある靴箱を切り取り、テープで貼り付け、すべてを組み合わせて、実際には必要のないものに変身させますが、少なくとも画面上ではよく見えるようになっているのです。

第二段階は、明らかに子供たちが自分たちだけで同じことをしようとすることです。正直なところ、このような重要な創造力を使う時間を拒否することはできません。使用済みの瓶や段ボール箱、その他のゴミに、新たな目的を与えることで、明らかに持続可能なエンターテインメントの形にもなっています。リサイクルされていない数少ない光る材料は、それほど高価ではなく、簡単に手に入れることができます。一般的に言えば、これらのビデオは彼らの成長にとって重要なものに違いなく、間違いなく彼らを成功したデザイナー、建築家、インフルエンサーに変えていくことでしょう。

ここで、接着剤という言葉が鍵となります。

我が家での工作予算(そうです)は、ほとんど接着剤とテープにしか使われていません。ここ数年で、「和紙テープ」と呼ばれる光沢のあるテープ、グルーガン用のキラキラした接着剤、キッチンテーブルに貼るだけで光る、他の場所に貼るよりも光るプリット・スティックなどがあることを知りました。幸いなことに、我が家の財務管理者はこの費用を負担してくれますが、もしあなたが親なら、このお金が質の高いものそのものではなく、ものをまとめるために使われているだけという私の軽いフラストレーションを理解してくれるのではないでしょうか。

システム間のデータフローにコストがかかる

そして、これは私の個人的な不満が、エンタープライズアーキテクトがその環境を説明するのを見たときにしばしば感じることと重なるところです。彼らは、PostgresやMySQLなどの実績のあるオープンソース技術、あるいはクラウドの同等技術と、Clickhouse、TimescaleDB、CouchBaseなどの一つまたは複数の空想の特殊目的技術を組み合わせて、データアーキテクチャを構築しています。表面上、それは完璧に理にかなっています。私たちは、実績のあるオープンソースの技術に多くを依存しています。技術者として、私はしばしば、これらの特別な目的のソリューションによって製品化されたイノベーションに非常に感銘を受けるのです。しかし、このアプローチで作られた複合データアーキテクチャは、意図したほどシンプルでも予算的にも優しくないことが多いのです。

優れたデータパイプラインやETLソフトウェアは決して安くはありませんし、データフローを構築するデータエンジニアやコンサルタントもそうです。さらに悪いことに、子供の和紙テープが擦り切れるのと同じように、システム間のデータフローは、ビデオで示された5分以上の間、運用を続ける必要があるため、メンテナンスに費用がかかることがよくあります。

単一技術で効率的なデータアーキテクチャを実現

InterSystems IRIS のような統合データプラットフォームは、トランザクションと分析ワークロードをサポートするデータアーキテクチャを提供し、多くの異なるデータモデルを通じて、効率的な同時アクセスを提供します。アプリケーション、ウェアハウス、その他のソリューションを InterSystems IRIS 上に構築することで、データのコピー、同期、プッシュアラウンドがないため、ユースケースが求める特別な目的のデータ処理を犠牲にすることなく、接着剤や手作業を大幅に節約することができます。さらに、この種のデータアーキテクチャでは、5つの異なるツールの最小公倍数ではなく、ヘルスケア、金融サービス、その他多くの業界で実証されている弾力性を持つことになるのです。

最後に、毎週子供たちに言っていることを書いておこうと思います。「創造力をなくせとは言わないが、接着剤をあまり使用しないように。」

あなたが好きかもしれない他の投稿

2022年 5月 11日
Abstract  1&0 in subway tunnel
Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.