healthshare

InterSystems HealthShare Health Connect (ヘルスコネクト)は、医療情報テクノロジ環境のニーズ専用に設計された世界初の優れた医療サービス・バスです。

Health Connect

 

コスト、および非効率性に対する回避策

医療機関では、多数の業務アプリケーション、システム、機器を中断することなく、効率的かつ安全に連携させるよう管理する必要があります。医療機関は通常、統合エンジンまたはエンタープライズ・サービス・バス(ESB)を使用して接続を管理しようとします。統合エンジンは、 HL7® メッセージングを基本とした接続を提供し、通常は部門レベルでの設定は簡単です。ところが、時間の経過とともに、これらのエンジンでは増大する接続とハイペースのイノベーションに応えることができなくなってきます。

汎用ESBは、ひとつの事業体全体でのサービスの調整には適していますが、医療の複雑さを理解できない上、医療標準規格を強力にサポートすることができません。このため、コストのかかる非効率的な次善策を講じることになります。

医療サービス・バス

Health Connect は、ESBの高度なサービス指向アーキテクチャ(SOA)機能に、メッセージング・エンジン関連の使いやすさと迅速な統合を組み合わせています。また、すべての主要な医療相互運用性関連の標準規格を組み込みでサポートしています。この医療サービス・バスは、病院から全国レベルシステムまで最も要求の厳しい医療要件に対応できる、豊富な機能と拡張性を持ちながら、業務用ソフトウェア製品にバンドルできる軽量さと機動性も確保しています。

医療変革を推進する俊敏な統合

Health Connect

Health Connect は、2006年から毎年KLASで継続的に上位に選ばれている統合プラットフォームInterSystems Ensemble®の次世代後継製品です。Health Connect の医療サービス・バスは、大量トランザクション・サポート、比類のないプロセス管理、および「止まらない」医療ビジネスに必要な継続的モニタリングを提供します。Health Connectは、以下のことを実現します。

認定済みの標準規格を基礎とした相互運用性

Health Connectは、IHEに認定されており、ASTM、CDA® および CCD®、 CCDA®、DICOM、ダイレクトセキュアメッセージング、DMP(仏)、EDIFAXCT、eHealth Exchange、HL7® FHIR®, HL7® バージョン 2, HL7® バージョン 3、IHE、ITK (英国)、NCPDP、NEHTA (豪)、PCEHR (豪)、SS-MIX (日本)、 X12、 xDT (独)をサポートします。

ビジネス・プロセスおよびワークフローの管理

長期にわたるビジネス・プロセスの確実な運用および人的ワークフローの調停のための組み込みサポートが含まれています。ルールおよびビジネス・プロセス用の使用しやすいグラフィカルな設計ツールを使い、ビジネス・プロセスおよび情報フローを簡単に自動化できます。

データの変換

Health Connectには、強力で直感的な変換ツールが搭載されており、データをある形式から別の形式に迅速で効率的に変換することができます。これは、医療連携の実現には欠かせない要素です。

イベントの検出とモニタリング

堅牢で柔軟性のあるモニタリングおよびアラート機能です。元となるシステムの一時停止や障害が発生した場合でも、情報が継続して確実に流れるようにします。メッセージが失われることはなく、中断されたビジネス・プロセスは常に中断ポイントから再開できます。

スケーラビリティとセキュリティ

診療ではかなりの規模のリアルタイム接続が必要です。Health Connectは、簡単に拡張でき、世界最大規模のきわめて複雑な医療プロバイダのトランザクション量にも対処可能です。

視覚的な診断/監査

業界トップクラスのメッセージ追跡機能、強力なテスト環境、および堅牢な監査により全てのインターフェースの作成、デバッグ、サポートが簡単になります。

次のステップ

さらに詳しくお知りになりたい方、ご質問などはこちらのフォームからお問合せください。

次のステップ

弊社ではお客様の個人情報を適切に管理、保護につとめ、ご記入いただいた情報はお客様へのお問合せへのご返信のみに使用いたします。詳しくは、インターシステムズプライバシーポリシーをご覧ください。