インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

認定試験に関するFAQ

インターシステムズの認定試験は難しいですか?
インターシステムズの認定試験は、対象となるプロファイルに対する実際の業務スキルの能力を評価するように設計されており、受験者にとっては難しいものです。 この試験は、開発の各段階でターゲットとなるプロファイルのスキルレベルを重視した厳格なプロセスで作成されています。 また、試験内容の開発には、インターシステムズ社内外の専門家の意見も取り入れています。
試験のために勉強や準備をする必要がありますか?
インターシステムズ・ラーニング・サービスでは、試験の詳細に記載されている試験内容をよく確認することをお勧めします。 これらの詳細は、試験でカバーされるすべてのトピックを示しており、受験者が準備を必要とする可能性のあるトピックを示すことで、受験者の準備に役立ちます。
インターシステムズのトレーニングコースを受講すれば、同じ技術に関する認定試験に合格することができますか?
可能ではありますが、一般的に認定試験に合格するためには、インターシステムズ社のコースを受講するだけではなく、より多くの準備が必要です。 試験の内容は、インターシステムズの学習内容やドキュメントに沿ったものですが、試験は、情報の保持だけでなく、スキルや学習内容の応用を評価するように設計されています。 そのため、試験に合格するためには、多くの場合、当社の技術を実際に使用した経験が必要となります。 試験の説明の「試験の詳細」に記載されているターゲットプロファイルは、これらの期待値を検証するものです。
練習問題はどのように使えばいいのでしょうか?
インターシステムズの認定試験の中には、受験者が試験の準備をするのに役立つ練習問題が含まれているものがあります。 練習問題は、実際の試験問題のフォーマットやスタイルを反映しています。 しかし、練習問題は模擬試験を構成するものではなく、試験に出題されるすべての項目を網羅しているわけではありません。 練習問題の復習だけでなく、追加の準備をすることを強くお勧めします。
試験中に何を使ってもいいのでしょうか?
インターシステムズの認定試験では、必要に応じて見直すことができる参考資料が試験自体に含まれていることがあります。 ただし、白紙の紙やペンを含む追加資料は認められません。
不正解の場合、ペナルティはありますか?
受験者は、間違った答えに対してペナルティを受けることはありません。 間違った答えは、試験の得点には含まれません。
インターシステムズの認定試験の費用はどれくらいですか?
インターシステムズのすべての認定試験の受験料は、それぞれ 150 ドル (USD) です。
試験に合格しましたが、認定資格はいつまで有効ですか?
インターシステムズのほとんどの認定資格は、5 年間または新しい試験が前の試験に取って代わる (廃止される) まで有効です。 認定されたスタッフとして、自分の資格に変更があった場合には、十分な通知がなされます。
今回は成功しませんでしたが、どうしたらいいでしょうか?
試験結果は、「My Assessments」で受験者がすぐに確認できます。 このレポートでは、試験のトピックとその分野における受験者のパフォーマンスの内訳が表示されます。 受験者が希望する場合は、 試験ポリシーに記載されているように、無料の試験リテイクサポートサービスを依頼することができます。これにより、受験者は将来の受験の準備をすることができます。
試験を受けて、問題が不正確だと思った場合はどうすればいいですか?
受験者は、 certification@intersystems.com 宛てにメールを書くことで、試験項目に異議を唱えることができます。 インターシステムズ社の認定チームは、すべての課題を検討し、その結果を候補者に通知します。 ただし、チャレンジが成功したからといって、自動的に受験者のスコアに追加ポイントが入るわけではありません。 さらに、インターシステムズ社の認定チームは、質問や試験の経験に関するフィードバックを同じ電子メール・アドレスで受け付けています。