インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

グローバル・ヘルスケア・データ標準と相互運用性

ASTMからX12まで、相互運用性について

Healthy Data

グローバルおよびナショナルスタンダードと認証のサポート

インターシステムズは、世界中の組織で、相互運用性とケア連続体におけるワークフローの改善のために、ヘルスケアにおけるデータ標準をサポートしています。

相互運用性の促進

ONC認定

2015 Drummond Certified Badge

HealthShareは、外来および入院患者向けの電子カルテ(EHR)モジュールとして、 ONC Health IT Certificationを取得しました。 この認証の利点は、HealthShareを組織が従来のMeaningful Useステージ2および3を達成し、証明するために使用できることです。

このヘルスITモジュールは、2015年版に準拠しており、保健社会福祉省長官が採択した適用可能な認証基準に基づき、ONC-ACBによって認証されています。 この認証は、米国保健社会福祉省による推奨を示すものではありません

Costs and Limitations
Transparency Attestation
HealthShare Personal Community API Documentation

CEHRTMulti-factor Authentications

ExplanationsHealthShare Personal Community 2020.1
HealthShare Unified Care Record 2020.1
HealthShare Unified Care Record 2020.2

Real World Testing Plans - 2022

HealthShare Personal Community

基準認定


認証基準

製品名とバージョン

HealthShare Personal Community1

2019.2 - 2020.2

HealthShare Unified Care Record2

2019.1 - 2021.1

Personal Community 1

2018.1 - 2019.1

170.315 (a)(13):Patient-Specific Education Resources(患者固有の教育リソース
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (d)(1) 認証、アクセス制御、認可
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (d)(2) 監査可能なイベントと耐タンパー性
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (d)(3) 監査報告書
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (d)(5) 自動アクセスのタイムアウト
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (d)(6) 緊急時のアクセス
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (d)(7) エンドユーザーのデバイスの暗号化
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (d)(9) 信頼されるコネクション
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (e)(1) 表示、ダウンロード、および第三者への送信
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315(e)(2)セキュアメッセージング
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (e)(3) 患者の健康情報の取得
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (f)(2) 公衆衛生機関への伝達 - シンドロミック・サーベイランス
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (g)(1) 自動化された数詞の記録
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (g)(4) 品質管理システム
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (g)(5) アクセシビリティ・センタード・デザイン
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (g)(6) 連結CDA作成実績
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (g)(7) アプリケーション アクセス-患者の選択
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (g)(8) アプリケーション アクセス-データ・カテゴリー要求
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
170.315 (g)(9) アプリケーション アクセス-全データ要求
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon
orange-checkmark-icon

1 - Personal Community 2018.1, 2019.1 & HealthShare Personal Community 2019.2, 2020.1, 2020.2
2 - HealthShare Unified Care Record 2019.1, 2019.2, 2020.1, 2020.2, 2021.1

  • InterSystems Personal Community 12.2は、2017年8月10日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.PC.00.1.170810で認証されました。
  • InterSystems Personal Community 2018.1は、2018年11月1日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.PC.01.1.181101で認証されました。
  • InterSystems Personal Community 2019.1は、2019年9月16日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.PC.02.1.190916で認証されました。
  • HealthShare Unified Care Record 2019.1は、2019年9月16日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.19.02.0.190916で認証されました。
  • HealthShare Unified Care Record 2019.2は、2020年4月13日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.19.03.0.200413で認証されました。
  • HealthShare Personal Community 2019.2は、2020年4月13日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.PC.03.1.200413で認証されました。
  • HealthShare Unified Care Record 2020.1」は、2021年1月12日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.20.04.0.210112で認証されました。
  • HealthShare Personal Community 2020.1は、2021年1月12日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.PC.04.1.210112で認証されました。
  • HealthShare Unified Care Record 2020.2は、2021年2月8日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.19.04.0.210208で認証されました。
  • HealthShare Personal Community 2020.2は、2021年2月12日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.PC.04.1.210212で認証されました。
  • HealthShare Unified Care Record 2021.1は、2021年9月27日にCHPL ID 15.04.04.2988.Heal.21.05.0.210927で認証されました。

インターシステムズの連絡先:
InterSystems HealthShare: https://www.intersystems.com/jp/HealthShare
住所:One Memorial Drive, Cambridge, MA 02142 (米国本社)

認証に使用する追加ソフトウェア:Secure Exchange Solutions SES Direct (HISP); Personal Community のみに必要です。

IHE認証

インターシステムズは、医療機関のコンピュータ・システムが情報を共有する方法を改善することに焦点を当てた IHE (Integrating the Healthcare Enterprise) の目的に取り組んでいます。

IHEインテグレーション・ステートメントをご覧ください:
InterSystems IRIS for Health
HealthHealthShare
ConnectHealthShare Unified Care Record (formerly Information Exchange)
HealthShare Patient IndexHealthShare

は、以下に関連する機能を規定するIHE ITインフラストラクチャ・ドメインに基づく厳格かつ徹底的なテストを経て、IHE USAおよびICSA Labsによって医療ITの相互運用性が認定されています。

  • 相互運用性
  • クリニカル・ドキュメントの共有
  • 患者の識別
  • 監査ログ
  • セキュリティ

適合証明書を見る

多様なヘルスケアデータの国際規格に対応した製品

HL7 V2
Health Level Seven*(HL7)は、電子医療情報の共有と統合のための標準言語として開発されました。 インターシステムズのテクノロジーは、世界中の医療機関で、病院内外の情報をシームレスに統合し、臨床および管理業務プロセスを合理化するために使用されています。 インターシステムズは、HL7標準化団体のメンバーであり、その恩恵を受けています。
HL7 FHIR
HL7 FHIR®*(Fast Healthcare Interoperability Resources)。 インターシステムズの製品は、FHIR®クライアントおよびサーバ・コンポーネント、FHIR®メッセージ・モデル、FHIR® とHL7 v2やC-CDAなどの他の医療情報交換標準との間の翻訳など、FHIR® リクエストを簡単に処理するために必要なすべてのテクノロジーを提供します。
CDA
CDA(Clinical Document Architecture)は、情報交換を目的とした臨床文書の構造とセマンティクスを規定したXMLベースの文書マークアップ規格です。 CDAは、標準化団体であるHL7が発行する規格です。 CCD(Continuity of Care Document)とは、患者のケアトランジションのためのケアの概要を記したCDAの実装ガイドです。
C-CDA
Consolidated CDA (C-CDA) 2.0は、CCDテンプレートを含む12種類の臨床文書のCDAテンプレートのライブラリを含む実装ガイドです。 C-CDAは、HL7、IHE、およびHITSP(Health Information Technology Standards Panel)によるこれまでの取り組みを取り入れ、調和させたものです。
ASTM
医療分野では、ASTM(American Society for Testing and Materials)は、臨床機器とコンピュータシステム間の情報伝達に使用される一連の規格です。
DICOM
DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine)規格は、医用画像の作成、保存、表示、処理、送信、検索、照会、印刷を行うシステムの相互運用性を確保し、関連するデータやワークフローを管理するために使用されます。
Direct Secure Messaging
Direct Projectは、参加者が認証済みの暗号化された健康情報を、インターネットを介して信頼できる既知の受信者に直接送信するための、シンプルで安全、かつ拡張性のある標準ベースの方法を規定するために作成されました。 ダイレクトメッセージは、Nationwide Health Information Networkに代表される規格に基づいて認定されたHealth Information Service Provider (HISP)を介して交換されます。
EDIFACT
EDIFACT(Electronic Data Interchange For Administration, Commerce, and Transport)規格は、国際標準化機構(ISO)規格9735-6としても知られています。 医療機関では、EDIFACTは主に管理データの交換に使用されています。
ITK
英国のNational Health Service(NHS)が開発したInteroperability Toolkit(ITK)は、地域の組織内および地域の医療・福祉コミュニティ間の相互運用性をサポートするための共通仕様、フレームワーク、実装ガイドのセットです。 インターシステムズは、自社のITK実装に対して公式な認定を受けた最初の企業であり、新しい仕様が開発されるたびにサポートを続けています。
NCPDP
NCPDP(National Council on Prescription Drug Products)は、e-prescribingのためのSCRIPT規格を提供している団体です。 これには、医療システム内での薬剤、消耗品、サービスに関する情報交換が含まれます。
SS-MIX
SS-MIX(Standard Structured Medical Information eXchange)は、日本の厚生労働省が発表した医療情報交換のための規格です。 SS-MIXはHL7をベースにしている部分があります。
X12
X12は、企業間の電子データ交換(EDI)のための規格です。 受注・処理、出荷・入荷情報、請求書発行、支払・現金充当データ、金融・保険に関わるエンティティとのデータなどのビジネストランザクションを対象とし、健康保険請求の提出・裁定にも使用されます。

ナショナル・ヘルス・ネットワークでの認証されたアクセスと相互運用性

eHealth Exchange
HealthShareは、eHealth Exchange Validatedの製品です。 これにより、CMSなどの連邦政府機関、地域や州の医療情報機関、IDN、学術医療センター、透析センター、薬局など、eHealth Exchangeに参加するすべての組織間で、安全で信頼性の高い相互運用性の高い接続が可能となります。
CommonWell
CommonWell Health Allianceは、医療の現場に関係なく、健康データを利用できるようにすることを目的とした非営利の業界団体です。 インターシステムズはCommonWell Connected™のメンバーであり、HealthShare Managed ConnectionsはCommonWell Connector™として、医療機関にCommonWellネットワークへの単一の接続を提供しています。

Carequality
Carequalityは、この課題を解決するために集まった官民のマルチステークホルダーコラボレーションです。 私たちのコミュニティは、ヘルスケアエコシステムのあらゆる部分から構成されており、参加しているすべてのネットワークでシームレスな接続を可能にするために、コンセンサスベースのプロセスを採用しています。
DMP
DMP(Dossier Médical Personnel)は、健康情報の共有とケアコーディネーションの向上を目的とした、インターネットでアクセス可能なフランスの国民的電子健康記録です。 電子カルテなどの臨床システムは、IHEプロファイルをベースにしたフランスの医療情報システム相互運用フレームワーク(CI-SIS)に基づいて公開された仕様により、DMPとデータの通信・共有を行います。
My Health Record
オーストラリア政府の「My Health Record」(旧称:Personally Controlled Electronic Health Recordシステム)は、患者の健康情報をまとめたデジタル健康記録です。

My Health Recordシステムの導入により、医療機関はより多くの健康情報に迅速かつ容易にアクセスできるようになり、より効率的なシステムを構築し、ケアの継続を容易にし、治療方針の決定を改善することができます。

*"HL7", "Health Level Seven, "は登録商標であり、HL7デザインはHealth Level Seven Internationalの商標です。 登録商標は、HL7の許可を得て使用されています。