Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

InterSystems HealthShare Health ConnectとHL7 FHIRで「自宅の病院化」を実現

Woman at home checking blood pressure

顧客: 中東の病院グループ

課題: 患者が入院や長期滞在を避け、自宅で急性期医療を受けられるようにすること、最新の臨床・人口統計情報をサポートすること
成果:スマートフォン・アプリケーション付きの家庭用監視装置により、現在のデータ(FHIR形式)をInterSystems HealthShare Health Connectト経由で病院のEMRやその他のアプリケーションに報告

中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。

「Hospital at Home」は、急性期入院患者レベルのケアを患者の自宅内で提供するモデルです。 デジタルファーストの実践として、遠隔監視と相互運用性を活用します。 Hospital at Homeは、オーストラリア、イギリス、フィンランド、カナダ、イスラエルで広く採用されており、アメリカでも普及が進んでいます。 このように、病院外では不可能な、患者さんと医療従事者のコミュニケーションと臨床的な監視を提供することができるのです。

このモデルは、コストを削減しながらも、患者によりよい体験を提供できるため、医療機関や患者から高い評価を得ています。 人手不足と財政難に対応し、利便性を求める消費者の嗜好に応える。 これまでの研究で、コスト削減、感染率の低下、入院治療と同等の臨床結果、患者や家族の高い満足度など、一貫したパターンが記録されています。 ある中東の医療機関では、7日間の再入院率が病院内の患者さんの8%に対し、在宅の患者さんは4%だったそうです。 30日後の再入院率は、院内保育の場合20%に対し、13%でした1

相互運用性とデータ共有で実現するWin-Winの関係

病院グループでは、InterSystems HealthShare Health Connectを利用して、患者をモニターする院内機器からのデータを家庭内アプリで受信しています。 宅内アプリからHL7® FHIR®(FHIR)形式のデータを共有し、XMLに変換して、グループのEMRや他の病院システムと連携させるものです。 データ共有がうまくいってこそ、Hospital at Homeが機能するわけで、HealthShare Health Connectはそれを可能にするものです。 例えば、病院グループは、データ共有にFHIRを使用するよう政府に要求されていますが、まだFHIRをサポートしていない社内システムにFHIRサポートを実装することなく、これに対応できるようになりました。

患者獲得競争を繰り広げる医療システムにおいて、在宅治療の提供は、より良いケアのために多くの患者を集め、コストと時間を削減する魅力的なメリットとなります2. 慣れ親しんだ環境、コミュニティ、そして患者さんの感染リスクの低減は、すべての人に利益をもたらします。 在宅入院の代表的なユースケースは以下の通りです。

  • 整形外科リハビリテーション
  • 心臓手術からの回復
  • 術前診断・相談

FHIRによるより良いデータ共有

HealthShare Health ConnectとFHIRインターフェースを使用することで、病院グループは、他の方法でははるかに大きな投資を必要とする方法で、Hospital at Homeを迅速に確立することができました。 スマホアプリと通信する外部向けのHealth Connectインスタンスと、社内システムのみと接続するインスタンスを使用します。 FHIRと既存のIT資産を新しい方法で活用し、将来のイノベーションのモデルを作ることができるセキュアな環境なのです。

InterSystems HealthShare Health Connectと FHIR の詳細については、In terSystems.com/jp/HealthShare Health Connect を参照してください。 ヘルスケアにおけるインターシステムズの役割と提供製品の詳細については、 InterSystems.com/jp/healthcareをご覧ください


1 - 在宅入院は混雑する病院への解決策となるか。2019年5月
2 - 世界の在宅入院事情、IMAJ、Vol.21、2019年8月

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。