Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

InterSystems HealthShare Health ConnectとHL7 FHIRで「自宅の病院化」を実現

Woman at home checking blood pressure

顧客: 中東の病院グループ

課題: 患者が入院や長期滞在を避け、自宅で急性期医療を受けられるようにすること、最新の臨床・人口統計情報をサポートすること
成果:スマートフォン・アプリケーション付きの家庭用監視装置により、現在のデータ(FHIR形式)をInterSystems HealthShare Health Connectト経由で病院のEMRやその他のアプリケーションに報告

中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。

「Hospital at Home」は、急性期入院患者レベルのケアを患者の自宅内で提供するモデルです。 デジタルファーストの実践として、遠隔監視と相互運用性を活用します。 Hospital at Homeは、オーストラリア、イギリス、フィンランド、カナダ、イスラエルで広く採用されており、アメリカでも普及が進んでいます。 このように、病院外では不可能な、患者さんと医療従事者のコミュニケーションと臨床的な監視を提供することができるのです。

このモデルは、コストを削減しながらも、患者によりよい体験を提供できるため、医療機関や患者から高い評価を得ています。 人手不足と財政難に対応し、利便性を求める消費者の嗜好に応える。 これまでの研究で、コスト削減、感染率の低下、入院治療と同等の臨床結果、患者や家族の高い満足度など、一貫したパターンが記録されています。 ある中東の医療機関では、7日間の再入院率が病院内の患者さんの8%に対し、在宅の患者さんは4%だったそうです。 30日後の再入院率は、院内保育の場合20%に対し、13%でした1

相互運用性とデータ共有で実現するWin-Winの関係

病院グループでは、InterSystems HealthShare Health Connectを利用して、患者をモニターする院内機器からのデータを家庭内アプリで受信しています。 宅内アプリからHL7® FHIR®(FHIR)形式のデータを共有し、XMLに変換して、グループのEMRや他の病院システムと連携させるものです。 データ共有がうまくいってこそ、Hospital at Homeが機能するわけで、HealthShare Health Connectはそれを可能にするものです。 例えば、病院グループは、データ共有にFHIRを使用するよう政府に要求されていますが、まだFHIRをサポートしていない社内システムにFHIRサポートを実装することなく、これに対応できるようになりました。

患者獲得競争を繰り広げる医療システムにおいて、在宅治療の提供は、より良いケアのために多くの患者を集め、コストと時間を削減する魅力的なメリットとなります2. 慣れ親しんだ環境、コミュニティ、そして患者さんの感染リスクの低減は、すべての人に利益をもたらします。 在宅入院の代表的なユースケースは以下の通りです。

  • 整形外科リハビリテーション
  • 心臓手術からの回復
  • 術前診断・相談

FHIRによるより良いデータ共有

HealthShare Health ConnectとFHIRインターフェースを使用することで、病院グループは、他の方法でははるかに大きな投資を必要とする方法で、Hospital at Homeを迅速に確立することができました。 スマホアプリと通信する外部向けのHealth Connectインスタンスと、社内システムのみと接続するインスタンスを使用します。 FHIRと既存のIT資産を新しい方法で活用し、将来のイノベーションのモデルを作ることができるセキュアな環境なのです。

InterSystems HealthShare Health Connectと FHIR の詳細については、InterSystems.com/jp/HealthShare Health Connect を参照してください。 ヘルスケアにおけるインターシステムズの役割と提供製品の詳細については、InterSystems.com/jp/healthcareをご覧ください


1 - 在宅入院は混雑する病院への解決策となるか。2019年5月
2 - 世界の在宅入院事情、IMAJ、Vol.21、2019年8月

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

英国NHS
InterSystems HealthShare® Health Connect Cloud™を使用して、病院の信頼関係を統合し、包括的な電子カルテを実現します。
健康データの集約
Jonda Healthは、多様で標準化されていない医療データを、患者、臨床医、検査機関がよりアクセスしやすく、利用しやすくします。
Harris Associates
InterSystems TotalView For Asset Management ソフトウェアは、ポートフォリオ・リターンの改善、顧客エンゲージメントの向上、リスクの削減、業務効率の改善など、ハリス・アソシエイツが必要とする情報と洞察を提供しています。
月刊新医療2024年1月号 掲載記事
市民の生命と健康を守る” という理念の下、2009年に設立した地方独立行政法人 神戸市民病院機構。
第43回医療情報学ランチョンセミナー レポート記事(月刊新医療2024年1月号掲載)
2023年11月23日、インターシステムズジャパンは「第43回医療情報学連合大会/第24回日本医療情報学会学術大会」にてランチョンセミナー 3「すべてのデータを利用する―医療情報の利活用のためのアーキテクチャと連携基盤」を共催した。演者は、山田英雄氏(藤田学園 )、座長は小誌連載企画「医療DXへの道」筆者の山野辺裕二氏(福岡輝栄会病院)が務めた。山田氏は講演で、スマートホスピタル構想実現に向けた同大学の取り組みや、FHIRで標準化したデータ2次利用連携基盤構築について説明。ここに、同セミナーの講演内容を紹介する。
Personalized Digital Nurse
高齢者は、複雑化する医療ニーズに直面しながらも、圧倒的に自宅で過ごしたいと答えています。 それには理由があります。 自立を維持し、地域社会との関わりを保ち、全体として生活の質が向上できるからです。
臨床検査機関
InterSystems IRIS for Healthへの9ヶ月間の移行により、パフォーマンスが30%向上し、新機能によりパルディーニ社の市場における主導的地位が強化されました。
医療機関・医療情報ネットワーク
驚くべきことに、ある人口における米国の平均余命に関係する上位3つの指標は、介護・老人施設への入居率、精神衛生上の問題、そして歯の喪失率です¹。 これらの指標の背景にある所得水準、介護へのアクセス、ストレス、その他の社会的要因は、遺伝や医療サービスへのアクセスよりも健康に大きな影響を与えます²。 しかし、これまで健康の社会的決定要因には、臨床ケアにおいて十分な注意が払われていませんでした。
保険機関と医療機関は異なる情報システムを使用しているため、患者はその中間に挟まれ、面倒な プロセスでギャップを埋めることを強いられることがあります。
統合デリバリー・ネットワーク(IDN: 医療提供ネットワーク組織)全体の統合
この米国の大規模な統合デリバリー・ネットワーク(IDN)の開発者たちは、個々のジョブを行うだけの統合エンジンに、我慢ができなくなっていました。 10年以上前に古いエンジンをインターシステムズの統合テクノロジーに置き換えましたが、それ以来、このIDNは、インターシステムズのソリューションが、成長力、従業員の時間の節約、コスト削減といった複数の問題を解決しているのを見てきました。 ある1つのプロジェクトだけで、インターシステムは10万ドルを節約したこともあります。インターシステムズの統合技術を利用して提供されるその他の利点には、次のようなものがあります: