Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。
電子商取引から遠隔医療・バーチャルケアへ

バーチャルなケアを本物のケアに

身体的ケア、精神的ケア、そして社会的ケアは、どこでどのように提供されようとも、提供者が患者とそのニーズについて知るべきことをすべて知っているときに、最も効果的に機能します。 インターシステムズの技術は、ケアの連続性全体から包括的なケア情報を迅速かつ確実に提供することに重点を置いています。

 

patient on virtual call with physician on tablet

私たちの目標は、いつでも、どのような環境でも、質の高いケアと機動的なケア提供をサポートすることです。

teal-checkmark-icon
リモートモニタリング、遠隔測定、スマートデバイス が電子カルテにシームレスに接続され、リアルタイム分析 、ケアの専門家が介入する必要があるときに検出します。
teal-checkmark-icon
病院のベッドサイド、遠隔地のICU、電話相談、自宅など、どのような 環境でも、どのようなデバイスでもアクセスできる電子医療記録
teal-checkmark-icon
地域や国のネットワークに接続された 地域全体の縦断的な健康記録により、遠隔医療サービスは、これまでの関係がなくても、患者の全健康歴にアクセスできる。

遠隔医療&バーチャル・ケアのための最良の基盤

現在、インターシステムズが支援するコネクテッドデバイス、情報システム、データによって、医療機関は主流の遠隔医療やバーチャルケアの基盤を構築しています。

ソーシャルメディアを活用した診療体験の向上

中国の革新的な民間医療機関は、消費者のニーズに合わせてケアへのアプローチを再設計しています。 InterSystems社の医療情報システム「TrakCare」と、広く普及しているメッセージング・ソーシャルメディア・決済アプリケーション「WeChat」を活用して、医療機関での診療予約、請求書の支払い、コミュニケーションをオンラインで行っています。 これらは、オンラインからオフラインへの統合されたヘルスケアサービス体験の基盤を形成します。

ケア再設計のためのコネクテッド・ヘルス・アプリケーションの構築

Rhodes Groupは、世界中の臨床検査室向けのソフトウェアを開発しています。 InterSystems IRIS for Health上に構築されたe-MyLabCollectアプリケーションは、あらゆる場所で検体を採取する技術者に、完全な患者情報とワークフローの追跡を提供します。e-MyLabCollectは、採取時点で機器対応の検体ラベルを印刷することで、効率を高め、検査室での再ラベル付けの必要性を排除し、エラーを低減します。 InterSystems IRIS for Healthの相互運用サービスにより、e-MyLabCollectは電子カルテなどのシステムとデータを共有することができます。

家庭でのケアに情報を与える

ソーンベリー社の在宅医療・ホスピス向け電子カルテ・業務管理ソリューション「NDoc」は、KLAS Research社のトップランキングを7年連続で受賞しています。 NDoc社は、InterSystems HealthShare社の技術を利用して、より迅速でコストのかからない、情報に基づいたケアの移行を実現しています。 これにより、NDocのユーザーは、医療情報交換所、アカウンタブル・ケア・オーガニゼーション、その他の医療機関など、医療連続体のソースから集められた包括的な患者データを得ることができます。

インターシステムズを信頼する理由

  • 全世界で10億件以上の医療記録がインターシステムズの技術で管理されています。
  • 9,000万人以上のアメリカ国民が、InterSystems HealthShareに接続された縦断的な健康記録を持っています。
  • インターシステムズのTrakCare EMRは、27カ国で展開されています。
  • 3M社、Roche Diagnostics社、Epic社などの企業は、インターシステムズのデータプラットフォーム上でソリューションを構築しています。

その他のバーチャルケア リソース

2022年 4月 19日
The Economist logo
エコノミスト・ウェビナー
このパンデミックは、医療分野のデジタルトランスフォーメーションの課題に火をつけたと言っても過言ではありません。 一晩で、新型コロナの治療に直接関係のないものはオンラインに移行しました。 遠隔医療の普及に伴い、その指標は革新的なものとなりました。 このような傾向は大いに歓迎すべきことであり、結局のところ、デジタルヘルスの利点は数多くあります。 適切に行われていれば、患者の予後が改善され、収益に貢献することになります。 今日のプラグイン社会は、このケアパラダイムの大きな変化に対応するための準備がかつてないほど整っています。 2021年には、最も整っていない環境である家庭が病院になりました。 データと新しいテクノロジーが、この変化を支えています。 とはいえ、遠隔医療がポストコロナ・パラダイムの礎となるためには、フラストレーションが溜まるほど断片的なステークホルダーを集結させる必要があります。 その必要性は明らかですが、患者さんをケアの溝に落とさないための手段は限られています。
2022年 4月 19日
バーチャルケア
World Wide Web革命から31年が経過した現在、私たちは金融サービス、旅行、ショッピングなど、オンラインでのやり取りを当たり前のように行っています。 私たちは、不正行為から守ってくれるリアルタイム分析や、自分のニーズに最も合った製品に導いてくれる機械学習の知能を信頼するようになりました。 しかし、同時期に、医療でのインタラクションは、主に対面式で行われてきました。
2022年 4月 19日
Expert_Knowledge_1200x630-1024x538.jpg
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 約1,800万人の人々が都市部と農村部の両方に住み、約340の病院があるこの州は、米国で最も人口の多い州です。

次のステップへ

ぜひ、お話を聞かせてください。 詳細をご記入の上、送信してください。
*必須項目(英語でご記入ください)
Highlighted fields are required
*必須項目(英語でご記入ください)
Highlighted fields are required
** ここをチェックすることにより、お客様は、既存及び将来のインターシステムズ製品及びイベントに関するニュース、最新情報及びその他のマーケティング目的のために連絡を受けることに同意するものとします。 また、フォームを送信することで、お客様は、お客様のビジネス連絡先情報が、米国でホストされているが、適用されるデータ保護法に従って維持されている当社のCRMソリューションに入力されることに同意するものとします。