Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

インターシステムズが支援する電子診療記録を使用した遠隔医療

Expert_Knowledge_1200x630-1024x538.jpg

ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。

この州のパイロットプロジェクトは、現在、大規模な応用へと飛躍しています。「バーチャル病院NRW」の感染症部門と集中治療部門は、医療機関のCOVID-19への対処を支援しています。 この大規模な遠隔健康診断の電子症例記録は、InterSystems IRIS for Health™とHealthShare®をベースにしています。

COVID-19のノウハウがNRW州の地方と都市圏にやってくる

バーチャルホスピタルNRWは、州主導のプロジェクトで、医療専門家の専門知識をデジタルインフラとして州内の病院が利用できるようにすることを目的としています。 3月30日、NRW州のArmin Laschet首相が集中治療と感染症モジュールの開始を発表し、危機の緊急性を考慮し、指定地域向けのパイロット状態から大規模な展開へと迅速に進展しました。 この地域の医療機関は、アーヘンとミュンスターにある大学病院の専門家によるアドバイスを受けることができるようになりました。 これにより、小規模な病院でも、トッププロバイダーと同様に人工呼吸器患者の治療に関する専門性を高めることで、患者の流入に備えることができます。

相互運用可能な電子症例記録は、その礎となるものです。

Virtual Hospital NRWは、インターシステムズのパートナーであるRZV GmbH、フラウンホーファー研究機構ソフトウェア・システム工学研究所、およびドイツのインターシステムズのチームが共同開発したeヘルスプラットフォームをベースにしています。 電子カルテはeFA2.0形式を採用し、IHEプロファイルに依存したアーキテクチャを採用することで、アプリケーションとの接続性を最大限に高めているのが特徴です。 治療に関する患者情報の共有や、テレラウンドで使用する資料の共有が可能です。 フロントエンドのウェブポータルでは、COVID-19の患者さんを治療するための遠隔診察や遠隔回診を行うことができます。 GDPRを遵守するためのデータプライバシー保護対策が講じられています。

InterSystems IRIS for Health と HealthShare は、eFA に準拠したバックエンドの基盤であり、電子症例記録への文書の入力、転送、出力を含むすべてのトランザクションを可能にするものです。 プロトコルは、アクセス認証だけでなく、関連するすべてのトランザクションをカバーします。

「当社のソリューションがパンデミック対策に大きく貢献することになり、大変うれしく思っています」と、中欧・東欧・北欧地域担当マネージングディレクターのHelene Lenglerは述べています。 「COVID-19の患者さんや医療従事者は、NRW州の強力な遠隔医療サービスやそのバーチャル病院の恩恵を受け、ドイツ全土の設計図となることができます」


この記事は、2020年5月8日 - HealthShare Connections News Flash No.1: COVID-19 Pandemic newsletterに掲載されたものです。(英語の記事)

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。