Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

サプライチェーン業界は需要の変化にどのように対応しているか

ここ数ヶ月間、COVID-19 パンデミックの影響を受けて、あらゆる企業が何らかの形で影響を受けてきました。パンデミックが始まった時に最も顕著な影響を受けたのは、家庭用品や生鮮食料品の需要が大幅に急増した小売業とサプライチェーン業界でした。

サプライチェーン業界がここ数ヶ月の出来事にどのように反応しているかを理解するために、注文管理プロセスを自動化する高度なソリューション・プロバイダーであり、インターシステムズの顧客でもある OmPrompt の製品戦略責任者ガレス・ベネット氏に話を聞きました。ここでは、COVID-19 がサプライチェーンのデジタルトランスフォーメーションに与えた影響、小売業者とサプライヤーがどのように協力していくか、そして予期せぬ需要の急増に備えるための最も効果的な方法について、ガレスが語ってくれたことをお伝えします。

サプライチェーンにおける DX は、COVID-19 の影響をどのように受けていますか?

この間、DX は本当に加速しました。ほぼ一夜にして、大多数のサプライチェーン組織は膨大な需要の増加に直面しましたが、従来のオペレーションの多くはそれに対応するための拡張性や柔軟性を持っていませんでした。パンデミックのピーク時には、1週間だけで売上が400%増加した企業もありました。こうした企業は、フルフィルメントとエクスペリエンスを支援する重要なプロセスを支えるテクノロジープラットフォームを持っていなかったので、非常に困難でした。こうしたニーズがデジタルトランスフォーメーションを加速させました。

今回の危機により、多くの企業でミッション・クリティカルなサプライチェーン・プロセスにある溝や弱点が浮き彫りになり、多くの企業がこれらの溝を埋めて回復力を得るために、DX計画を加速させなければならなくなりました。特に B2B コマースでは、プロセスをスリム化し、より良い顧客体験を提供し、B2C の環境から学ぼうとするために努力を強めていることが分かりました。一方で、DX への行程をより進めてきたサプライチェーン企業は、消費者行動の変化に迅速に対応できるようになりました。

サプライチェーン・パートナーの360度ビューの重要性はどのようなものでしょうか。どのようにして実現することができるのでしょうか?

小売業者にとって、サプライチェーン・パートナーを完全に可視化することは非常に重要ですが、データの可用性、適時性、および品質の問題から、それを実現することは困難な場合があります。この問題は、テクノロジー、小売業者とサプライヤーがより協調して作業すること、そして顧客情報の改善によって解決することができます。

小売業者とサプライヤーの間の接続性とシステム統合は、潜在的な問題が顧客に影響を与える前に回避するための重要な情報を提供することができます。サプライヤーが遭遇している問題について、小売業者と可能な限り早期に明確かつタイムリーにコミュニケーションを取ることは、小売業者がより良い適応と計画を立てるのに役立つため、ベストプラクティスと考えるべきです。

このコラボレーションの一環として、サプライヤーは、小売店の顧客にどのようなデータを提供し、実際にどのように利用するのかを理解し、同様に、小売店がサプライヤーを支援するために何を提供できるのかを理解する必要があります。このような情報交換は、どちらかの当事者が聞きたいことではないかもしれませんが、現状を完全に把握して理解し、必要に応じて計画を立てて適応できるようにすることが不可欠です。

サプライチェーン管理者は需要の急増や拡大をどのように見ていますか?

これは本当にデジタルの成熟度に関する質問です。適切なシステムを導入している企業は、需要の急増に対応するのにはるかに優れた立場にあり、これはパンデミックの過程で見てきたことです。従来のサプライチェーンの組織では、手動のプロセスを持ち、スプレッドシートを使ってビジネスを管理していますが、需要の急増を管理することは困難であり、このようなビジネスの拡大がはるかに困難であることがわかりました。

このような状況下では、需要の急増は、これらの企業の弱点がどこにあるのかが浮き彫りになり、柔軟性や拡張性の欠如が明らかになることが多くあります。このような状況下では、現代のテクノロジーが企業のレベルを引き上げています。例えば、クラウドで運用されているデータ管理技術は、柔軟性と拡張性を高めるために活用することができ、需要の急増による切迫した課題の一部を吸収することができるため、大きな役割を果たしています。ERP システムがサプライチェーン組織のインフラの中心にあることが多いため、サプライチェーン管理者は、ERPシステムの周りに実装できる破壊的ではない技術やサービスに注目し、これまでの技術投資を活用しながら、可視性、柔軟性、拡張性の向上をどのように提供するかを検討する必要があります。

もう一つの方法は、テクノロジーを生業とするパートナーを迎え入れることです。このパートナーは、サプライチェーン組織が可視性と柔軟性を向上させ、オペレーションの規模を拡大するために最適に支援します。こうした選択肢により、サプライチェーン管理者は、需要の促進と充足という本来の業務に集中することができるようになります。また、サプライチェーン組織は、カスタムソリューションを社内で構築したり、業務を合理化するために実装すべき最適なソリューションについて助言するために、より多くの人材を導入することも検討することができます。そのためには、大規模な開発チームを必要とせずに、内部で変化に影響を与えるためのアジャイルチームを作る必要があります。

サプライチェーン組織が「新しい日常」に適応し、その先にある可能性のある事を計画し続ける中で、デジタルトランスフォーメーションは、需要の変化に対処し、適応と規模拡大のためのより良いポジションを確保するための鍵となるでしょう。

 

専門家について

https://www.intersystems.com/jp-data-excellence-blog/wp-content/uploads/sites/25/2020/11/GarethB-002-150x150.jpg

ガレス・ベネット(Gareth Bennett)氏 OmPrompt社、製品戦略担当責任者

パフォーマンスレベルを向上させ、顧客維持率を向上させることを使命として、顧客サービスの分野でキャリアをスタートさせました。ここで「最初から正しくやる」ことの価値を学び、今日一般的に見られるテクノロジーの助けを借りずに、先を見越した方法論と継続的なパフォーマンス分析によって、フルフィルメントエラーを減らし、顧客満足度を全体的に高める新しい方法を開発しました。

それまでの経験とビジネス上の課題を理解し、解決したいという自然な欲求から、OmPromptに入社し、市場参入チームの不可欠な一員として、新規顧客のソリューションの設計、および支援を担いました。市場のニーズと新しい技術革新を分析し、それらを組み合わせて、お客様に現実の世界価値を提供するソリューションを創造することを担当しています。

あなたが好きかもしれない他の投稿

2022年 5月 11日
Abstract  1&0 in subway tunnel
Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.