インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

CDO から食料品店へ:COVID-19 の中でのサプライチェーン

COVID-19 の拡大が米国で知られる前の3月初旬、私は食料品店のレジの列で、商品棚に背を向けて、仲間の顧客とおしゃべりをしていました。ウイルスの話が出た時、彼はキャンベルのスープの商品棚を見渡して、缶を次々にカートに入れ始めました。「安全第一」と彼はニヤリと笑って言いました。今振り返ってみると、それは多くのアメリカ人がすぐにとるであろう「備蓄」という考え方の不穏な予兆であり、COVID-19 の影響が広がり続ける中で、グローバルなサプライチェーンを究極の試練にさらす重要な要因の一つでした。

COVID-19 パンデミックの深刻さと規模は、サプライチェーンに携わる者にとって前例のないものです。自然災害のような以前の大規模な混乱の際には、企業は通常、そのようなイベントの局所的な性質のため、消費者への影響を最小限に抑えるために、ルート、供給源、生産を迅速にシフトさせる方法を見つけました。しかし、COVID-19 では、業界は大規模で広範囲な激変を経験しており、トイレットペーパーや個人用保護具(PPE)のような特定の製品の需要が劇的に高まり、自動車のような現在ではあまり重要でないアイテムが減少しています。

現在のところ、サプライチェーン組織は国に重要な製品を提供することに注力していますが、現在および将来のサプライチェーンの変動に対処するために、市場が学ぶべき教訓は何でしょうか?

アジリティとデータ管理の重要性

消費者の生活習慣の変化、交通機関の乱れ、極端で予期せぬ需給の変動、工場や店舗の閉鎖などは、サプライチェーンにとって完璧な嵐となり、ネットワーク内の弱点とリスクを露呈しています。

パンデミックは、製造業者、サプライヤー、輸送・物流会社がエンドツーエンドの可視性をどれだけ持っていないかを露呈しています。これにより、バラバラでマニュアルによるプロセスが明るみに出てきました。また、組織の俊敏性にも悪影響を与えています。要するに、COVID-19 は彼らを短期的な危機モードに陥れ、長期的なビジョンを無視して、より差し迫った問題を修正し、最も重要なサプライチェーンの連携を再確立することを余儀なくさせているのです。

このような激動の状況下では、組織はこれまで以上に俊敏かつ効率的に、適切なインフラを整備して瞬間的に対応し、適応できるようにしなければなりません。

また、効果的なデータ管理戦略の導入がこれまで以上に重要になってきています。これにより組織はリアルタイムで健全かつ信頼性の高いデータに基づいてインテリジェントな意思決定を行うことができるようになります。ビジネスプロセスをサポートするためにデータサイロによって作られた空洞を埋め、エンドツーエンドの可視化を実現することで、サプライチェーンが直面している即時の混乱に対処することができます。これにより、サプライヤーが在庫切れなどの事態を回避し、効率性を高めるためのより良い基盤を作ることができます。これは、サプライチェーンのマルチチャネル側を最適化する際に特に肝要で、何が販売されているかを把握することは、在庫レベルや調達活動を効率的に管理するために非常に重要です。

チーフデジタルオフィサー(CDO)の役割

多くの場合、サプライチェーン組織はすでにデジタルトランスフォーメーション(DX)の道を歩んでいました。しかし、COVID-19 を受けて、これらの戦略は新たな緊急性を帯びてきており、最高デジタル責任者(CDO)のような専門家の重要性は、組織の成功に不可欠なものとなっています。歴史的にオペレーションを重視する CIO とは対照的に、CDO は既存の情報やデータを戦略的に活用して新たな機会を得ることに集中する傾向があります。情報のサイロを破壊し、企業のガバナンスフレームワークを構築し、データを整合して最適化することで、ビジネスプロセスと重要な洞察力を加速させる専門家として、CDO は、拡張された企業全体で正確で一貫性のある情報を確保する経験をもたらします。これは、あらゆる DXジャーニーを成功させる鍵となります。

先を見る

サプライチェーンが直面している現在の苦難にもかかわらず、データの取得から企業の消費、プロセスの強化、意思決定に至るまで、デジタル活動をより良く管理し、業界がこれまで以上に強くなることが期待されています。COVID-19 は、サプライチェーンの弱点を露呈する一方で、健全なデータへの取り組みや、当面の危機を乗り切るための適切なインフラ整備の重要性を強調し、より柔軟で回復力のあるサプライチェーンの構築を進めていくための新たな機会を提供しています。

今は、食料品店での買い物では、引き続き溢れんばかりの製品のカートンや清掃用品の空の棚を通り過ぎ、消費者の購買習慣の劇的な変化をよりよく理解するために、データによってサプライチェーンを変化させていくことになるでしょう。

 
著者について

Joe Saba
20年以上にわたり、企業の目標、課題、戦略をテクノロジーに合わせることで、企業のイノベーションと実行のプロセスを改善するための支援を行っている。インターシステムズでは、小売業者、物流業者、OEM 企業と協力して、複雑なデータの課題を解決している。インターシステムズに入社する以前は、小売業およびハイテク業界のフォーチュン500社の PLM ソリューション分野で15年間勤務し、製品開発やサプライヤーとのコラボレーションを改善するためのデータ管理ソリューションを提供した。マサチューセッツ大学でファイナンスとオペレーションの学士号を取得。また IoT のビジネスへの影響という分野で MIT の修了書を取得している。
 

あなたが好きかもしれない他の投稿。