Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

継続的な進化による革新:AIとML

30年前、世の中では「コンピュータを使うべきか」という大きな疑問を投げかけられていました。歴史は繰り返します。今、この疑問は人工知能(AI)と機械学習(ML)を利用すべきかになっています。

両者への答えは、もちろん「はい」です。その理由を以下に述べます。

これは、働き方を改革します。

  1. AI/MLモデルによって、個別化が大きく進みます。個人に向けたマーケティングキャンペーンを作成したくありませんか。問題ありません。すべてのデバイスの少しの変化も検知する予測保守を実現したくありませんか。もちろん可能です。

演算処理能力は、計算だけに必要な訳ではありません。トランザクションのリアルタイム環境での予測モデルに適用され、昨今では、コストが非常に下がり、さまざまな場面への適用がしやすくなってます。

  1. ルーチンの自動化、早い意思決定 AI モデルは、意思決定処理が可能です。モデルの複雑さは増し、それに基づく意思決定は、専門家の意思決定に匹敵するようになってきています。特定の分野や状況では、専門家を超えているという事もできる場合があります。組織図の全てのレベルの社員は、大小の意思決定をする必要があります。AI の能力を活用することで、ルーチンタスクや小さな意思決定の時間を短縮することができます。これにより、自分たちの時間をより効果的に大きな意思決定に注力するために使う事が可能になります。
  2. 未来予測 将来のマテリアル、時間、必要な人員を計算して、ロジスティクスの課題を、それが上がる前に解決し、リアルタイムの情報に基づいて行動することができます。それらを配慮してトレンドを予測し、ハイレベルの戦略計画を構築ができます。既にある情報を基に、トレンドの可能性やシナリオを探索することができます。

これは、継続的に進化していきます。

  1. 簡単な使用: 現在は完全なGUIベースのAI/MLはありませんが、多くのコンピュータ技術-特にBIツール、コードからフレームワークやGUIの適用、構成可能なソリューションなど―で見てきたような発展があると思います。私たちは、すでにコードを書くというポイントは通過しつつあり、フレームワークを使ってモデルを構成し計算しています。こうした技術の発展は、個人にも企業にとっても、データサイエンスへ進むことを容易にしています。
  2. オーケストレーション: よいモデルを構築することは、タスクのほんの半分の部分にすぎません。負荷の大きいトランザクション処理環境に統合することは、課題を簡単にすることはできません。むしろ論文にあるモデルとアイデア間のギャップが存在し、AI/MLツールは広く使われているのです。InterSystems IRISのもつ相互運用性機能は、モデル開発の自動化、モデル性能のモニター、必要に応じてモデルを再編成することを支援します。これらすべてが、トランザクション処理に密に統合され、より早くより賢いインテリジェントビジネスプロセスが構築できます。
  3. クラウド: AI/ML 処理はクラウド上でこれまで以上に簡単です。より重要なことは、必要なリソースだけを消費できるという点です。さらに、クラウドプラットフォームで提供される大規模なパラレル処理により、ソリューションにかかる時間を短縮できます。また、AI/MLモデルは、自分自身およびインフラに合わせて規模の変更が可能です。新しいアルゴリズムは全ての利用可能なリソース完全に適用されるので、サーバを増加してスピードと時間の問題を解決します。1つのプロセスや1つのサーバに縛られません。必要なタイムフレームで安価なサーバを数百に拡張し、ワークロードの基づくクラスタを自動的に拡張することが可能です。
  4. 非構造化データの使用: 最近のトレンドに、音声、ビデオ、非構造化データにAI/MLモデルを利用する商用化された能力があります。例えば、読み込んだビデオ、あるいは、IoT 機器やそれらが生成する AV データを使った患者の健康のモニターから患者識別を自動化できます。新しいアルゴリズムとモデルによって、このことやそれ以上のことが可能になり、それゆえに、全ての収集したエンタープライズデータを適用します。再現学習の深さによって、これまで見ていない大規模な非構造化データとのインタラクションが可能になります。

AI/ML 技術は、ビジネスをより効率的でアジャイルにします。今日、こうした技術の開発や配備は簡単になってきています。AI/ML技術の調査と、それが組織の成長と繁栄をいかに支援できるかの調査を始めましょう。例示、事例、使用例などは、ほぼ全ての業界で見ることができます。今、将来の技術を使用するチャンスを逃さないでください。

 
----------------------------------
AI や ML の進歩による利点を確認したいですか。InterSystems IRIS と機械学習ツールキットを使うと、これまでになく簡単です。同僚である Sergey Lukyanchikov とともに、4月23日(火)午前11時(米国東部夏時間)に、InterSystems IRIS のための機械学習ツールキットについて Webinar を行います。InterSystems IRIS が、AI/ML モデルのための単体の開発プラットフォームおよびオーケストレーションプラットフォームとして使用して、どのように IRIS、Python、その他のツールの活用できるかについてご覧いただけます。

日時:4月23日(火)午前11時(米国東部夏時間)

推奨参加者:開発者、ソリューションアーキテクト、データサイエンティスト、データエンジニア

視聴登録はこちらから(英語)

 
Eduard Lebedyuk

インターシステムズ 相互運用性と分析機能担当 セールスエンジニア。マスターデータ管理ソリューション、金融分野のソリューション(ビジネスプロセス管理、支払処理)、ビジネスインテリジェンスの分野での経験もつ。昨今、Python 言語とInterSystems IRIS との統合によって、インテリジェントビジネスプロセスを可能にする開発を行う。InterSystems 技術の経験は五年以上。LinkedIn は こちら

 

あなたが好きかもしれない他の投稿

InterSystems IRIS 2022.1では、いくつかの重要な領域が改善され、アプリケーション開発者がこれまで以上に簡単かつ強力にデータを活用できるようになります。
Director of Product Management - Data Platforms, System Development
Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.
Global Head of Product and Industry Marketing