Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

InterSystems IRIS Data Platformでサプライチェーンにおける迅速な 開発、データ統合、柔軟性の確保を 実現

サプライチェーンDXの事例
~世界9社のSCM最適化への取り組みを紹介~

Supply Chain Success Story brochure image

InterSystems IRIS Data Platform で SCMシステムの迅速な開発、データ統合、柔軟性の確保を実現し、サプライチェーンを最適化

ビジネスの成功にはサプライチェーンの最適化が重要です。しかしそこに経営の課題があると分かっていても、データやアプリケーションのサイロ化、複雑なパートナーエコシステム、周期的に発生する市場の混乱によって、この最適化を実際に達成するのは困難です。

そこで世界中のサプライチェーン企業の経営者たちが利用しているのがInterSystemsのテクノロジです。InterSystemsのテクノロジによって、意思決定の向上、エンドツーエンドでの合理化されたデータ駆動型プロセスの構築、サプライチェーン全体にわたる正確かつリアルタイムの可視性とトレーサビリティの提供を実現し、ビジネスの成果を向上させています。

InterSystems IRIS® data platform は、データベース管理、統合、API管理、分析という充実した機能群によって既存のデータおよびアプリケーションのインフラストラクチャを補完し、意思決定能力の向上とビジネス成果の達成を可能にする次世代のデータ管理ソフトウェアです。代表的な効果は次のとおりです。

  • サプライチェーンの可視性の確保
  • 需要予測
  • 在庫最適化
  • 価格最適化
  • 人員配置の最適化
  • リスク管理

InterSystems IRIS Data Platformによるサプライチェーン最適化の仕組み

  • サプライチェーンのさまざまな取り組みの促進に必要となる統合機能、データベース管理機能、分析機能をすべて備えており、開発を簡素化します。
  • 既存のインフラストラクチャを補完するものであるため、全体を入れ替える必要がありません。サイロ化したアプリケーションやデータを統合し、接続します
  • 俊敏性を高めます。ネットワークやプロセスフローの変化に順応する、柔軟でカスタマイズ可能なアプリケーションを提供することができます。
  • 迅速な開発、総保有コストの削減、メンテナンスの削減を通じて、投資をすばやく回収できます。
  • オンプレミス、クラウド非依存、ハイブリッド、マルチクラウドといったさまざまな開発環境をサポートし、コンテナをネイティブにサポートするため、展開オプションを柔軟に選択できます。

以下に、お客様の成功事例の一部をご紹介します。

サプライチェーンの可視性確保と最適化

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/CFAO-232x300.jpg

CFAO
CFAO社は、42億ユーロ(51億ドル)規模の売上高を誇るフランスのサードパーティロジスティクスプロバイダであり、アフリカ36か国と7つのフランス海外領土で事業を展開しています。

課題 サプライチェーンのリアルタイムの可視性、顧客体験、e-コマース、実店舗のショッピングモールのサポートなど、データ管理のさまざまな課題に対処する

成果

  • 商取引の一元化
  • 全方位の顧客ビューによる購買体験の向上
  • データインテリジェンスから新たな収益チャネルを生成
  • 既存のアプリケーションおよびシステム間の相互運用性
  • 会社を成功へと導く重要な要素としてITを認識

紹介ページはこちら

最適化された可視性と在庫計画の洞察

aerial top view container ship Park for import export logistics in pier, thailand.

MSC
MSC社(Mediterranean Shipping Company)は、コンテナ船の世界的リーダー企業であり、230以上の通商航路の500以上の港でサービスを提供し、年間2,300万TEU(20フィートコンテナ換算)のコンテナを輸送しています。

課題
大量のデータをリアルタイムで管理、処理、検証できるようにすることと、顧客などの関係者がWebベースのトラック&トレースツールを使用してデータを利用できるようにすること

成果

  • 多数のプロバイダと代理店のシステム間の相互運用性
  • 10億以上の輸送コンテナの移動を追跡
  • 1日あたり40万のコンテナ移動をリアルタイムで処理
  • ITインフラストラクチャを最適化
  • MSCシステムのソリューションをクラウドでホスト
  • お客様の最適な在庫計画を可能にする

紹介ページはこちら

サプライチェーンのデジタルトランスフォーメーション

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/paltac_2020_thum-212x300.jpg

株式会社PALTAC
PALTAC社は、化粧品、日用品、市販薬を取り扱う日本最大の卸売企業として、5万点に及ぶ品目をメーカー1,000社から小売企業400社の5万店舗に卸しています。

課題
次世代のシステムインフラストラクチャの導入によってデジタルトランスフォーメーションを実現し、収益向上と効率改善を図る

成果

  • デジタル化の第一歩となる店頭サポートアプリケーションをわずか5か月で開発
  • 顧客体験を合理化
  • サプライチェーン全体で生産性が向上
  • 売上が増加

紹介ページはこちら

在庫管理

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/SPAR_Austria_Empowers_with_InterSystems-based_ERP_System-thumb-233x300.jpg

SPAR Austria
世界最大の食品小売業コンソーシアム、SPARに加盟しているSPAR Austria社は、オーストリア国内で1,500以上の店舗を展開する83億ユーロ(99億ドル)規模の企業です。

課題
ERPおよびPOSシステムを構築して、地域の店舗管理者による在庫管理を促進する

成果

  • リアルタイムの正確なデータに基づいて、在庫品、棚卸資産、保留状態の納品物の移動を正確に処理
  • 継続的な展開と拡大に対応した柔軟なスケーラビリティ
  • 従業員の効率と満足度が向上
  • 1500店舗のプロモーションのための週毎の需要予測を自動化

紹介ページはこちら

倉庫管理

Chess Logistics Technology
Chess Logistics Technology社は、ロジスティクス、食品・小売流通、工業、製造分野における管理およびロジスティクスコンピューティングのアプリケーションとサービスの開発を手がけています。同社の製品・サービスは、主に英国の大手ホスピタリティ企業、食品・食料雑貨サプライチェーン企業、食品流通企業によって使用されています。

課題
業界のベストプラクティスと容易に拡張可能な機能を組み合わせた倉庫管理システムの開発

成果

  • 迅速に、かつコスト効率よく、高度な倉庫管理システムを作成し、顧客のニーズに合わせてカスタマイズすることが可能
  • ピッキングの正確性、生産性、リソース配分の向上による操業コストの削減
  • 市場をリードするスループット、スケーラビリティ、信頼性
  • 複雑な状況や手順の分析、コーディング、テストの容易化

紹介ページはこちら

e-コマースプラットフォームの基盤

Download the PDF

Chadwicks Group
Chadwicks Group社は、アイルランド最大手の建築資材のサプライヤであり、家の修繕のスペシャリストとして、アイルランド国内に50の支店を展開し、1,300人以上の従業員を擁しています。

課題
e-コマース機能の変革と革新的な新サービスの開発

成果

  • クラウドファーストのエコシステムによるシームレスなデータフロー
  • 顧客対応の強化
  • 新サービスの迅速な開発
  • リアルタイムのレポートと分析
  • 高速かつ大量のデータ処理
  • 新たな機会に適応するための俊敏性の確保

紹介ページはこちら

ロジスティクス最適化

Murata UniShuttle Photo

村田機械株式会社
村田機械は、さまざまな自動マテハン機器、ロボット、IoTを組み合わせたロジスティクス自動化ソリューションを提供する世界有数のメーカーです。

課題
高速のトランザクション処理と、複数のシステム(サプライチェーン最適化、機器メンテナンス、出荷、IoTシステムなど)のデータの統合が可能な、基盤のデータプラットフォームの実装

成果

  • 倉庫管理と上位系関連システムの統合による、出荷作業の最適化
  • マテハンシステム機器の安定した稼働と高速処理
  • マテハン機器からのリアルタイムの生データの収集と分析による、予防・予測メンテナンスの実現

紹介ページはこちら

コンテナとDevOps

Awinta brochure image jp

awinta GmbH
awinta GmbHは、ドイツにおける薬局向けソフトウェアのマーケットリーダーであり、7000の顧客をサポートしています。

課題
薬局向けソフトウェアのクロスサイトでの継続的な開発と容易なデプロイを実現する

成果

  • コンテナテクノロジのネイティブサポートによる、迅速なバージョン変更
  • リリースサイクルの短縮
  • 新機能のシンプルで効率的なデプロイ
  • 顧客の更新時間の短縮

紹介ページはこちら

次世代のサプライチェーンアプリケーションの開発

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/thum_2105_snext_Creating_Management_Tools_Supply_Chain_J-213x300.jpg

snext
snext社は、サプライチェーンアプリケーション向けのSaaSを提供しているテクノロジ企業です。

課題
基盤となるデータプラットフォームを展開して、複数のソースのデータを統合・正規化しながら、開発とデプロイを迅速化する

成果

  • 製品の分類、在庫管理、デマンドモニタリング用の次世代サプライチェーンSaaS製品の開発、デプロイ、メンテナンスの加速・簡素化
  • ユーザの既存システムとの連携が可能
  • 分断されたシステムのデータの統合
  • スケーラビリティ

紹介ページはこちら

インターシステムズについて

  • サプライチェーン、ヘルスケア、金融、製造分野におけるきわめて重要なデータを扱うデータテクノロジを提供する有力企業
  • 1978年創立
  • 高収益
  • 業界での評価
    • 2020年クラウドデータベース管理システム部門における初のガートナー・マジック・クワドラントでビジョナリーに選出li>
    • The Forrester Wave:マルチモデルデータプラットフォーム部門(2021年第3四半期)でリーダーに選出
    • The Forrester Wave:トランスリティカルデータプラットフォーム部門(2019年第4四半期)でストロングパフォーマーにランキング
  • ピア評価
    • オペレーショナルデータベース管理システム部門におけるガートナー・ピアインサイト・カスタマーズチョイスに2年連続で選出
  • 80か国以上のお客様とパートナーに、定評ある年中無休(24×7)のサポートを提供
  • 全世界の26か所にオフィス拠点

[/callout_box]

 

詳細については、 こちら をご覧ください。またはインターシステムズまで お問い合わせください

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。