Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

倉庫管理システム(WMS)の導入事例

~Chess Logistics Technology~

Chess Logistics Technology Brochure Image

顧客ニーズに合わせて開発可能なインターシステムズのプラットフォーム

コーヒーを小売店で購入したり、レストランで飲んだりするときに、そのコーヒーがどのようにそこに運ばれてくるのか考える必要はありません。英国の多くの組織がこれを当たり前と感じていられるのは、この市場の大手専門企業、Chess Logistics Technology の倉庫管理および物流コンピューティング アプリケーションとサービスがあるからです。

Chess は、物流、食品および小売流通、工業、製造などの業界の企業に物流・倉庫管理のソリューションを提供しています。Chess が他のサプライヤと違うのは、ソリューションを顧客固有のニーズに合わせて迅速に調整できることです。多くのサプライヤが、モジュラー構成の倉庫管理 システムを提供していますが、ほとんどの場合、アプリケーションを構成するときの負担が大きいために、実装の遅れやコストの増大をもたらし、恒常的変化に対応しにくいのが現状です。これとは対照的に、Chess では、インターシステムズのデータプラットフォームを組み込むことにより、業界のベスト プラクティスと多用途の拡張しやすい機能を兼ね備えたアプリケーションを開発することができます。

倉庫管理システム(WMS)が在庫管理を効率化

Chess の物流・倉庫管理システムにより、顧客は倉庫業務や在庫管理の効率化を達成し、最高レベルの正確性と生産性、最大限の利用を実現することができます。たとえば、Whitbread では、Chess と協力してピッキングの正確性、生産性、およびリソース割り当てを改善することで、運用コストが目に見えて削減されました。

Chess の目的は、倉庫の規模やサプライチェーンのタイプに関係なく、常に顧客のビジネスに最大限のメリットをもたらす倉庫管理システム (WMS) を提供することです。Chess では、同社のアプリケーションに含まれる Core Plus という特殊機能を使用してこれを実現しています。Core Plus は、Chess のソリューションの基盤である標準システムに影響を与えることなく標準外の機能を提供できるようにする、柔軟なソフトウェア アーキテクチャです。つまり、これを使用することで、顧客は、標準製品の継続的進化によるメリットを得ながら、競争相手に差をつけるための固有の機能を、既存プログラミング コードを再コンパイルすることなく追加できるのです。これにより、不要な変更やコストを減らし、プロジェクト期間を短縮しながら、ソリューションの安定性を大幅に高めることができます。

Core Plus は、インターシステムズのデータプラットフォームに内在するオブジェクト指向の性質を利用して、保守しやすいアプリケーションの迅速な開発を促進します。他のサプライヤはオブジェクト指向の機能を階層として追加しているため、テクノロジの不整合やオーバーヘッドによるコストが生じる余地があります。

これに対して、Chess のソリューションは徹底したモジュラー型であるため、複雑な状況や手順の分析、コーディング、およびテストをずっと容易に行えます。また、インターシステムズの技術は、SQL によるレポート作成やデータ分析もサポートしています。したがって、その他のシステムとの相互運用時に必要なビジネス機能が使用できます。同時に、Chess なら、小売および物流業界の絶えず変化する厳しい要件に対応するための最新のテクノロジと機能を追加し、継続して技術革新を行うこともできます。

これ以外にも、インターシステムズが Chess のソリューションにもたらす明らかなメリットとして、市場最高レベルの高いスループット、スケーラビリティ、および信頼性があります。これらは、年中無休で大量のトランザクションを処理する業界に必須の機能です。

長期的パートナーシップ

Chess とインターシステムズには 20 年以上のパートナー関係があり、インターシステムズのテクノロジは RF ソリューション、音声認識、配送情報システム、無線 IC タグ (RFID) 機能など、同社のあらゆる WMS 機能の基盤となっています。

「当社がずっとインターシステムズの技術を使用し、今も使い続けている理由は、単純です。それは、当社のお客様が求める高度なソリューションを、よりコスト効率よく提供できるようにしてくれるからです」と、Chess のテクノロジディレクタである Nick Abbott 氏は述べています。

「同一条件のテストでは、いつも インターシステムズのデータプラットフォームのほうが高いパフォーマンスを示します。競争優位を得られるとお客様に思っていただけるソリューションを提供できます。」

「Chess の顧客に名を連ねる企業の数々を見れば、同社が小売および物流業界にもたらしているメリットの大きさがよくわかります」と、インターシステムズ英国地域担当、マネージングディレクタである、Christopher Norton は述べています。「インターシステムズは、Chess との間でこのように長期的で実り多いパートナーシップを維持できていることを誇らしく思います。そして、弊社の技術が実績あるトップクラスの物流システムの背後で、各社のビジネスの将来的な成長を支えるプラットフォームとなっているということにも、同じように誇りを感じます。」

Chess のソリューションとサービスでメリットを得ている顧客

Whitbread
Whitbread PLC は、英国の大手サービス企業です。この広く知られている企業は、Premier Travel Inn、Brewers Fayre、Beefeater、Costa Coffee など、有名ブランドのホテルやレストランを経営しています。

Whitbread は、Chess の Empirica Task-RF ソフトウェアを実装することにより、サプライ チェーンの運用プロセスを劇的に改善しました。この実装によって、Whitbread では、ピッキング エラーの劇的減少 (50% 減)、ペーパーワークの排除、リソース割り当ての改善、大幅な生産性向上など、目に見える形で大きな利益を得ることができました。

Associated British Ports
多様な港湾関連サービスを提供する Associated British Ports (ABP) は、英国国内の倉庫、流通、輸送、および物流サービスを通じて、サプライ チェーン管理に付加価値を提供しています。英国の大手港湾会社として、ABP は国の海上貿易のおよそ 25% を扱っています。

ABP は、いくつかのサテライト倉庫を中央の IT サポート センターからリモート管理する処理に、Chess を選択しました。

Baylis Distribution
Baylis は、Chess の流通システムを導入して、同社の通信、倉庫管理、オーダー スケジューリング、および車両管理のプロセスを統合しました。このシステムを選択したのは、高い機能を備えたコスト効率のよいソリューションを迅速に実装できるからです。

Baylis Logistics は、英国の食品雑貨サプライ チェーンに特化した大手企業です。同社では、一次および二次配送、専門業者による倉庫保管、大規模な返品ネットワークなど、全国規模で共有ユーザー オペレーションを提供しています。

Reed Boardall
Reed Boardall は、英国の大手温度管理食品配送会社で、常時 5,000 種類を超える商品を全国のスーパーマーケットに運んでいます。同社では、複雑な要求と大規模トランザクションの速度に対応できる、柔軟で一貫性のあるソリューションを可能にするために、Chess を選択しました。このソリューションでは、より迅速な配送と正確な配送結果を求める顧客の要望に応え、WMS に音声制御システムが統合されています。

将来の開発

テクノロジは、すべての業界で急激に発展していますが、特に小売および物流市場では、より優れたサービスとコスト効率のよさが明らかな市場優位をもたらすため、その傾向が顕著です。Chess の能力は、同社の長期にわたるインターシステムズとの技術パートナーシップによって補強されています。これにより、同社は、顧客の望む最新のソリューションを、顧客の必要とするときにその固有のニーズに合わせて短期間で調整して提供し続けることができます。サービス指向、ビジネス パフォーマンス管理をはじめ、最新の技術革新が何であれ、Chess は、顧客にコストのかさむテクノロジのアップグレードを強いることなく、いつでもすぐに利益をもたらします。だからこそ、Chess は、自社とその顧客のビジネス成功の原動力となるサプライチェーンで、確実に価値を創造できるのです。

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。