Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

インターシステムズ、IQVIAソリューションズジャパンとパートナー契約を締結

IRIS for Healthを利用したクラウド型 医療情報連携ネットワークシステムおよびソリューションを提供し、医療情報/リアルワールドデータの利活用に貢献

顧客の最も重要である、拡張性、相互運用性、およびスピードに関する課題の解決を支援する創造的なデータ・テクノロジー・プロバイダーであるインターシステムズは、IQVIAソリューションズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇賀神 史彦)と、パートナー契約を締結したことを発表しました。

IQVIA は、先進的かつ高度な分析機能、変革をもたらすテクノロジー、および臨床試験サービスを提供する世界的なリーディング企業です。 この度のパートナー契約によりソリューション開発を行うIQVIAソリューションズ ジャパン株式会社 Real-World Analytics & Solutions (RWAS) 事業は、医療ビッグデータおよびデータサイエンス、ライフサイエンス領域のコンサルティング、リアルワールドエビデンス創出等の提供を行っています。

この度のパートナーシップにより、インターシステムズは、医療データからの価値の抽出に特化して開発されたデータプラットフォームである InterSystems IRIS for Health™ をIQVIAソリューションズ ジャパンに提供し、同社の「IQVIA Medical Information Network」およびこれを基盤とした各種ソリューションの開発を支援します。

このソリューションは、医療機関が保有する医療情報を相互に共有し、利活用を行うためのクラウド型の医療情報連携ネットワーク基盤およびシステムソリューションで、IQVIA の豊富な経験を基に、リアルワールドデータの効果的、効率的な利活用を想定したデータ統合・共有基盤に加え、Personal Health Record (PHR) 、 Electric Health Record (EHR) 、 Data Warehouse & Business Intelligence 等の様々なデータ利活用ソリューションが搭載され、順次、お客様への導入を開始します。

この度の協業により、インタ―システムズとIQVIAソリューションズ ジャパンは、散在する膨大な医療情報/リアルワールドデータの利活用の推進と、それによる医療の発展に貢献して参ります。

■ IQVIAソリューションズジャパン株式会社 
Real-World Analytics & Solutions ディレクター 中村 理彦 様 からのコメント

「人 × データ × サイエンスの見地から、“ より健やかな”社会の実現に取り組む “ ヒューマン・データ・サイエンス・カンパニー ” であるIQVIAは、 “ 医療専用データプラットフォーム ” を実現できる製品である IRIS For Health を提供するインターシステムズジャパン株式会社様とのパートナーシップにより、日本における医療情報 / リアルワールドデータ ( RWD ) の利活用の大きな前進に貢献できるものと確信しております。」

■ インターシステムズジャパン株式会社 カントリーマネージャー林 雅音のコメント

「医療、ライフサイエンス分野での革新的なテクノロジーとサービスを提供されるIQVIAソリューションズジャパン株式会社様との協業ができることを大変嬉しく思います。すべてのデータの活用を支援するインタ―システムズデータプラットフォーム技術で、IQVIA様のリアルワールドデータ利活用における高い知見と経験を生かしたソリューションを支援し、医療データ活用を促進し医療の発展に貢献していきたいと思います。」

インタ―システムズとIQVIAソリューションズジャパンは、2022年11月17日より札幌コンベンションセンターおよびオンラインにて行われる 第42回医療情報学連合大会において、「リアルワールドデータとしての医療情報利活用の最前線」と題したランチョンセミナーを共催し、医療ビッグデータの利活用の課題と最新の取り組みをご紹介致します。詳細は、こちらをご覧ください。

■ 第42回医療情報学連合大会 
インタ―システムズ/IQVIAソリューションズジャパン ランチョンセミナー:
11月18日(金)11:50~12:50 札幌コンベンションセンター C会場
https://www.intersystems.com/jp/event/43thjami2022_sapporo/

【InterSystems IRIS for Heath™について】
InterSystems IRIS for Heathは、医療・健康データを扱い、そこから価値を引き出すために特化して開発された世界初で唯一のデータプラットフォームです。新しい医療情報交換標準であるHL7® FHIR®サポートをはじめ、今日および将来の医療のニーズに対応するための相互運用性やツールを提供し、医療向けアプリケーションの開発を支援する製品です。詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.intersystems.com/jp/intersystems-iris-for-health/

【IQVIA について】
IQVIA (NYSE:IQV)は、先進的かつ高度な分析機能、変革をもたらすテクノロジー、および臨床試験サービスをライフサイエンス業界の皆さまへ提供する世界的なリーディング企業です。IQVIAは、自社に持つ分析力、革新的なテクノロジー、ビッグデータのリソース、そして広範な事業領域における専門知識により、ヘルスケアのあらゆる側面でインテリジェントな繋がり(intelligent connections)を創出します。私たちは、IQVIA Connected Intelligence™ により、強力なインサイトを迅速かつ変化に対応する機敏性をもってご提供することで、患者の皆さまの医療アウトカムを高める革新的な治療の臨床開発の加速化や、市販化の促進に取り組むお客様をご支援します。現在、私たちIQVIAはおよそ82,000人の従業員が世界100以上の国と地域で事業を展開しています。IQVIAの詳しい情報はこちら( www.iqvia.com)をご覧ください。

【IQVIAソリューションズジャパン株式会社について】
米国 IMS Health の日本法人として、1964 年 12 月に設立。アイ・エム・エス・ジャパン株式会社として海外ネットワークを活かし、主に製薬会社への世界各国の医薬品情報を提供し、医家向け医薬品販売統計、診断、薬剤処方統計、医薬品宣伝活動統計などのデータに実績があります。2005 年からコンサルティング事業、2012 年からテクノロジーソリューション事業を開始。グローバルでのQuintilesとの統合を経て、2018 年 4 月 1 日から IQVIA ジャパン グループとして、IQVIAソリューションズ ジャパン株式会社に社名を変更しました。

【インターシステムズについて】
1978年に設立されたインターシステムズは、医療、金融、ロジスティクス分野における企業のデジタル変革のための次世代ソリューションを提供するリーディングカンパニーです。 80カ国以上の顧客やパートナーに24時間365日、定評のある卓越したサービスを提供しています。1978年に設立されたインターシステムズは、マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置く株式非公開企業で、世界25ヵ国に拠点を構えています。
インタ―システムズジャパン株式会社は、2003年に設立され、インタ―システムズの製品の日本国内での販売とサポートを行っています。詳しくはこちらをご覧ください。
https://InterSystems.com/jp/

インターシステムズに関する最新ニュース