Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

COVID-19 パンデミック時に DevOps が重要な理由

Computer monitor with code

最近では、COVID-19 によるリモートワークの設定から、もっと普通の日常まで、昨今、混乱はゲームの名前となっており、引越しや家のリフォームのプロセスのように、私は現在身をもって体験しています。私自身、習慣で動く開発者であるため、これまで頼りにしてきた安定した仕事環境はもうないということを実感しています。

この「ニューノーマル」について、私がすぐに知ったのは、たとえ私生活や日々の仕事に支障が出ても、ビジネスは少しも欠落することなく進んでいくということでした。

実際、パンデミックに対応した商品やサービスの開発に新たな波が押し寄せていることから、技術革新は加速しています。
このようなイノベーションのサイクルと要求が加速し続ける中、開発チームは、アプリケーションのリリースやアップデートを光速のようなスピードで構築し、展開しなければならないというプレッシャーをこれまで以上に感じています。開発チーム内の俊敏性と効率性は、現在のリモートワーク環境では作業やコラボレーションが難しくなっていますが、これまで以上に重要になっています。市場では、これらの開発パイプラインをサポートするツールが提供されていますが、この新しいパラダイムのメリットを十分に享受したいのであれば、組織は開発者にもっとトレーニングとサポートを提供しなければなりません。

DevOps とリモート開発者の経験
IT チームが DevOps のような新しいコラボレーションの手段を活用していることは周知の事実であり、最適なワークフローと機敏なイノベーションに必要な効率性、柔軟性、スピード、フィードバックループを提供しています。そして、従来のソフトウェア企業は長い間 DevOps に依存してきましたが、より多くの組織が DevOps の実践に傾倒するようになってきています。

DevOps は開発者の世界では目新しいことではありませんが、世界的なリモートワークへのシフトに伴い、この考え方の利点が前面に出てきています。私は、リモート開発者の経験が、仲間との定期的な対面でのコラボレーションなしでは、イノベーションを起こすことをより困難にしていることを身をもって体験してきました。現在の COVID-19 の環境では、カンファレンスやハッカソン、その他の集まりでの通常の対面での交流が不足しています。開発チームが他の従業員と分散しているという事実は、コミュニケーションやリアルタイムのコラボレーションや実験をより困難にしており、IT の人員としてしばしば大きくなっているインパクトは、デジタルトランスフォーメーションやリモートの従業員の課題を解決する支援を求められていることです。

DevOps がどのように役立っているか
リモートワーク環境は、多くの組織でクラウドへの移行を加速させています。クラウドの導入の最初の波は、プロダクションレベルでのエンタープライズ導入とインフラストラクチャに集中していましたが、現在ではアジャイル開発を含む、より多くのワークロードがクラウドに移行しています。その結果、DevOps は社内の IT ショップからクラウドに移行し、開発者が利用できるようになり、いくつかの重要な製品開発が行われています。

クラウドへの移行と DevOps の採用の増加により、リモートチームは、今日の競争環境で必要とされる柔軟性と俊敏性を備えながら、コラボレーションを継続し、プロジェクトを高速で完了させることが可能になります。

DevOps は、組織全体の透明性と実験の継続的な文化を促進し、チームが非効率性をより正確に特定し、プロセスを加速的に移行できるようにします。

今後の展望
世界がニューノーマルに移行し続ける中で、組織が完全なリモートワーク環境に対応するための戦略やオペレーションを調整していく中で、開発者も例外ではなく、より多くの課題が待ち受けていることは間違いありません。組織や開発者がクラウドやリモートツールやサービスを活用して成功を収めていく中で、経営陣はリモートワークへの移行を強化する分野への投資を続けていくことになるでしょう。

私は、DevOps がリモートワークの課題管理に役立っていることを嬉しく思います。

開発者にとっての「ニューノーマル」はまだ不透明ですが、一つはっきりしているのは、アジリティ、開発スピード、コミュニケーションへのシフトは継続し、開発者の世界を超えて DevOps 戦略の採用を促進し続けるだろうということです。

*この投稿は、2020年9月25日のHackernoonに掲載されたものです。

 
ラジ・シン(Raj Singh)
インターシステムズのプロダクトマネージャーで、開発者経験に注力している。1990年代後半に、共同設立した新興企業 SynclineでWeb mapping-as-a-service の先駆者となった。その後、マサチューセッツ工科大学(MIT)で都市計画の博士号を取得し、Webサービスのデザインパターンに基づいた都市情報システムのための分散コンピューティングアーキテクチャを構築。その後、Open Geospatial Consortium で空間データの相互運用性の課題に10年間取り組む。インターシステムズに入社する前は、IBM でデータベースとデータサイエンスのクラウド製品の開発者に従事。Twitterアカウント:@rajrsingh  

 

あなたが好きかもしれない他の投稿

2022年 5月 11日
Abstract  1&0 in subway tunnel
Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.