Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

スピードの必要性

今日のビジネスの世界では、広くスピードが求められます。

顧客は、すぐにアクセスでき、リアルタイムで可視化され、個別化された購入取引、その日のうちの配達などを期待しています。情報の入力、再入力に対する待ち時間や忍耐力はゼロであり、これらは既にビジネスで実現されています。

多くの業界でのビジネスにおいて、高性能インメモリデータベースやキャッシュ技術が普及しているのは、当然のことです。プロセス状態でのディスクでの永続化にかかる余分な負荷がなく、インメモリデータベースは、高速でアジャイルなオートバイのような存在です。これに対し、多くのこれまでのディスクに書き込むデータベースは、頑強で重工なトラックのようなもので、信頼性と拡張性高くワークロードを処理しますが、同等なレベルでの性能を出す事はできません。

しかし、高性能なインメモリデータベースには、コストがかかります。

総所有コストが高い
インメモリデータベースでは、永続データストアができません。そのため組織は、全データ量に対応できる十分なメモリ、さらに新しいデータの読み込みや、分析ワークロード処理、クエリ結果のリターンに必要なメモリの購入と準備が必要です。

拡張性の限界
データとクエリ- 特に大規模な分析クエリ- は、利用できるすべてのメモリを消費することがあり、特に、急速に成長したり、予期できない増加が起こるようなアプリケーションは、メモリ消費の課題があります。利用できるメモリがなくなると、アプリケーションは停止し、サービスは止まります。

リスタートの遅延
インメモリデータベースでは、メモリ上のコンテンツは、定期的にチェックポイントファイルに書き込まれ、その後の全てのデータは、ログ先行書き込みファイルに書かれます。メモリがなくなり停止が起こると、これらのファイルからプロセス状況の再構築は、そういった傾向があるように、数時間かかる場合もあります。ミッションクリティカルなアプリケーションは、ダウンタイムは、ビジネスの破壊につながることがあります。プロダクションで冗長なデータコピーを続けることは選択肢の1つですが、これは、さらなる総所有コストを高めます。

インメモリキャッシュは、どうでしょうか。

同じようなアプローチに、永続データベースとアプリケーションサーバ間にインメモリキャッシュを使って、今使ったデータを高速なアクセスで利用可能にしておくという方法があります。この方法は、インメモリデータベースの全ての弱みを同じようにもち、同時にアーキテクチャ的にもアプリケーション的にも複雑性を増大させるもので、ネットワークの遅延を招き、キャッシュとアプリケーションレイヤの異なる構造間でのデータ変換にさらなるCPUコストが必要です。

実際、グーグルとスタンフォード大学のエンジニアが最近発表した 研究論文で、このアーキテクチャによるアプローチについて言及しています。ここでは以下のように書かれています。「リモートインメモリキーバリューストアにかかる時間に揺らぎがあり、そのドメイン非依存のAPI(PUT/GETなど)は、アプリケーションに複雑性を回帰させ、先導するための付加オーバヘッドとネットワークホップを引き起こす。」

今日のデータプラットフォーム技術は、両者のベストな部分を提供します。インメモリデータベースがもつ制限なく、そのすべての利点となる性能を実現します。

より詳しくは、こちらをご覧ください。 インメモリデータベースとキーバリューストアに代わる優れたソリューション

 
Joe Lichtenberg
インターシステムズの製品および業界別のマーケティング担当。様々なデータ管理、分析、クラウド・コンピューティングテクノロジ・プロバイダでの豊富な経験をもつ。

 

あなたが好きかもしれない他の投稿

Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.
Global Head of Product and Industry Marketing