Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

専門家による洞察:異種データの活用による業績の向上

Abstract  1&0 in subway tunnel

インターシステムズでは、あらゆる業界の人々と話し、彼らがどのような問題を解決しようとしているのか、それがデータの360度ビューであれ、既存のテクノロジー投資をよりよく活用する方法であれ、本当に理解することが私の役割の大きな部分を占めています。

このセミナーでは、BlackRock、Novant Health、MassMutualの専門家たちと一緒に、異種データの活用による業績向上と、それが上記のような問題にどのように対処できるかについて話をしました。

データを十分に活用することで、企業はその真の潜在能力を発揮し、イノベーションを起こし、競争力を維持し、組織を前進させることができるからです。

しかし、今日のデータ経済では、データのサイロ化が進み、多くの組織ではデータをまとめてより効果的に利用する方法を見つけることが困難になってきています。

しかし、多くの企業がデータサイロに悩まされることに共感している一方で、データサイロは回避・修正可能なものでもあります。このことを念頭に置いて、他のパネリストと私は、データサイロの原因だけでなく、この問題を解決する方法、データをまとめることの価値、よりよい意思決定とビジネス成果を促進するためのデータと分析の新しいアプローチについて探求することにしました。

エコノミストウェビナーのハイライト

以下のようなさまざまな興味深い点が議論されました。

  • 企業が規制当局からのその場限りの質問に答え、規制を遵守するためには、企業レベルで何が起こっているかを集約的かつリアルタイムに理解することが不可欠です。しかし、データのサイロ化や不正確なデータの可能性が、これを極めて困難なものにしています。
  • データサイロの解消に最も成功している組織は、技術的に先進的で、新しいアプローチに目を向け、部門間のコラボレーションを促進する組織構造を持っている組織です。
  • 明確なビジネスゴールと達成すべき指標を設定することで、成功への道筋をつけることができます。
  • データブリッジの旅に備えるために企業ができる最善のことは、組織の針路を変えるビジネスドライバーを特定し、組織内のさまざまな部署に参加してもらい、共通の目標に向かって働く組織横断的なチームを作ることです。このすべては、強力なテクノロジーによってサポートされなければなりません。
  • 技術的な問題を解決しようとする場合、概念実証を価値実証に置き換えることで、技術、労力、人員にかける費用を正当化することが容易になります。

しかし、最も重要なことは、異種データを結びつけて、より迅速でよりよい意思決定を可能にすることが可能であることを証明することです。集中型、分散型のどちらのデータガバナンスを採用する場合でも、企業はより正確な方法で情報にアクセスし、より大きな価値を提供し、シームレスなカスタマージャーニーを促進し、急速に変化するビジネス環境におけるリスクを軽減することが可能になるのです。
さまざまな分野の専門家を招いたこのウェビナーでは、さまざまな事例やデータの活用例を紹介し、ヘルスケアから金融サービスまで、あらゆる分野でデータを活用することがいかに重要であるかが示されました。また、あらゆる業界のビジネスにおいて、サイロを埋め、イノベーションを促進するために、部門横断的なコラボレーションがいかに重要であるかということも強調されました。

組織内のデータを統合する方法とそれによって得られるメリットについて詳しく知りたい方は、こちらの ウェビナー(英語)をご覧ください。

あなたが好きかもしれない他の投稿