Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

2017年ソリューションデベロッパカンファレンスのハイライト

ソリューションデベロッパカンファレンスは、インターシステムズグローバルサミットの3つのカンファレンスの中で、最大規模のものです。そして、これは、参加者がカンファレンスから帰宅後も終わらないもので、むしろ、そこから始まりとなると言えるものです。

グローバルサミットで開催されるテクノロジリーダシップカンファレンスやヘルスケアリーダシップカンファレンスは、インターシステムズ製品とソリューションをご使用いただいている組織のエグゼクティブ向けのものですが、ソリューションデベロッパカンファレンスは、これらと異なり、特に製品に直接かかわるデベロッパ向けに開催されるものです。彼らは、最前線で、日々、当社の技術を使われ、質問や進言などに直面し、そして新しい製品やコードを触れることを、要望している方々です。

ソリューションデベロッパカンファレンスは、3つのセグメントから構成されています。

ブレイクアウトセッション、テックエクスチェンジ、そしてアンカンファレンスです。

テックエクスチェンジは、お客様とインターシステムズの社員が、活発で創造的な議論を行う中心的な場です。テックエクスチェンジは、エクスペリエンスラボ、デベロッパゾーン、ヘルスケアコネクテッドジャーニー、ラーニングサービスから構成されています。これらのさまざまな経験を通して、技術の役割を担う参加者に、彼らの仲間に出会う機会を提供しています。当社にとっても、お客様やパートナ様の経験をお聞きできる良い機会であり、また、お客様がカンファレンスの議題を決め、私たち、および客様同士でお互いに会話をすることを奨励しています。このような繋がりや会話は、カンファレンスが終わっても長く継続します。

今年は、特に、InterSystems IRIS Data Platform™ の紹介があり、非常にエキサイティングなカンファレンスとなりました。IRISは、当社の設計哲学を表しています。すなわち、ソフトウェアは、相互運用性(Interoperable)、信頼性(Reliable)、直観的(Intuitive)、拡張性(Scalable)があるべきであるというもので、この4つの要素は、当社およびお客様が、データ中心のソリューション開発を効率的に行う組織にとっての要件であると感じているものです。驚くことではありませんが、InterSystems IRIS に関しては、沢山の議論がありました。

カンファレンスのお土産

  • InterSystems IRIS への強い興味―お客様には、InterSystems IRIS についてより知りたいという強い要望があり、このイベントは、皆様のご質問に対面でお答えする機会となりました。特に IRIS Spark コネクタのデモと Apach Spark™ への接続には高い関心をいただきました。また、クラウド配備での素早いプロビジョンとマネージをご覧いただいた InterSystems Cloud Manager のデモにも、高い関心をいただきました。お客様のフィードバックや反応をいただけたことは、エキサイティングでした。
  • 参加者の議論が価値を付加―ソリューションデベロッパカンファレンスは、インターシステムズチームを含む全ての参加者による議論に参加するよう考えられています。制限のあるトピックは無く、非構造化データ、HTAP、水平/垂直方向の拡張性、IoT、ビッグデータ、ネイティブなクラウド配備、クラウドコンテナの管理とセキュリティなど、あらゆることが議論されました。
  • 従来のカンファレンスの形を破ることも、このソリューションデベロッパカンファレンスの新しいスタンダードです。- アンカンファレンスは、引き続き、アジェンダやプレゼンテーションのない、参加者同士が相互に議論する人気の場となりました。ここでは、InterSystems IRIS を使った新規プロジェクトの可能性、シャーディング、ソースコード管理、データ交換のアイデアなど、参加者自身が、トピックを決めてその議論を楽しみました。

参加者が積極的に参加して、マーケットセグメントやあらゆる技術レベルを広げる議論が行われ、非常に刺激になりました。こうした会話が継続的に行われ、顧客間でより活発になることを期待しています。グローバルサミット2017 にご参加いただき、参加できなかったセッションがあった方、あるいは、イベント自体にご参加できなかった方は、是非、こちらをご覧ください。Learning.InterSystems.com(英語サイト)

 

Andreas Dieckow

インターシステムズ開発部門、主任プロダクトマネージャ。InterSystems IRIS Data Platform 担当。顧客およびインターシステムズスタッフと協調して、InterSystems IRIS が、プロフェッショナルアプリケーション開発者の要望に応える性能と機能を提供することに従事。1992年にインターシステムズ入社。それ以前は、ドイツ GEC GmbH の開発およびテクニカルディレクタを務める。ドイツ エアランゲンのフリードリッヒ・アレクサンダ大学にて、コンピュータサイエンスおよび経済学を学ぶ。

RELATED TOPICS

あなたが好きかもしれない他の投稿

InterSystems IRIS 2022.1では、いくつかの重要な領域が改善され、アプリケーション開発者がこれまで以上に簡単かつ強力にデータを活用できるようになります。
Director of Product Management - Data Platforms, System Development
Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.
Global Head of Product and Industry Marketing