Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

資本市場におけるデータ管理: その優先順位とは

私は Aite Group のアナリストとして、資本市場企業のビジネスおよびテクノロジーリーダーと頻繁に話をし、ビジネス戦略、その中でテクノロジーが果たす役割、そして成功を目指す際の共通の課題について理解しています。

私のインタビューでよく上がる話題の一つに、その企業が「デジタルトランスフォーメーションの旅」にどの程度進んでいるかというものがあります。これには通常、レガシーシステムの置き換え、手作業の自動化、クラウド環境への移行、ビジネスインテリジェンスや分析ツールの追加、さらには人工知能や高度な機械学習技術のコアビジネスプロセスへの統合などが含まれます。

会話を深く掘り下げていくと、ほとんどの場合、強力なデータ管理は、企業の競争力を高めるだけでなく、規制負担の増大に対応したり、外部からの市場ショックに対応したりするためにも必要不可欠なものであるという認識につながります。

銀行や資産運用業界の上級管理職の多くは、最近までデータ管理に十分な投資と注意を払っていなかったことをいまだに認めています。これがようやく変化し始めていますが、業界全体のレベルは様々です。ティア1の投資銀行は、多くの場合、データに焦点を当てた強力なリーダーシップと IT アーキテクチャへの多額の投資で業界をリードしており、通常、レガシーシステムと最新のテクノロジーが、カスタム開発作業や既製のアプリケーションとともに共存しています。

より多くの企業がデジタルトランスフォーメーションに向けた最初の一歩を踏み出す中で、大規模なデータプロジェクトの完了を計画している経営者は、合理的で一貫性のあるデータ戦略を必要とするようになるでしょう。これは企業レベルでは難しいことであり、特に複数のサイロ化されたビジネスユニットを持つグローバル企業にとっては、地域のオフィスに権限が与えられていることがさらに複雑になっています。最近の資本市場企業の分析から得られた最も重要な教訓には、以下のようなものがあります。

サイロは問題ですが、絶対的な中央集権化は必ずしも実用的ではありません。企業は、技術的な問題ではなく、文化的な問題に悩まされることが多いのです。異なる機能を持つチームに硬直したプロセスを配置したり、データの視野を狭くしたり、ビジネスライン間で分類を標準化したりすることは難しくなります。それよりも、各ビジネスユニットが独自のデータに対する責任を定義し、独自の言語を話すことができるような統合されたアーキテクチャの方が、企業全体のデータ戦略には適しているかもしれません。

強力なデータガバナンスのフレームワークは、会社を前進させることができます。ガバナンスフレームワークを導入することは、各ビジネス機能ごとにデータスチュワード(業務部門のデータ管理責任者)を任命することを意味します。これにより、草の根レベルで強力な統合プログラムを確立することができます。これらのスチュワードはそれぞれ、データのトップエグゼクティブが率いる運営委員会の一部を形成し、中央集権化とガイダンスを提供するのに役立ちます。これは、投資シグナルやさらなる洞察を導き出すために新しい代替データセットを利用し始めた様々なチームに対して、共通のデータ定義やガイダンスを設定しようとする場合に特に有効です。

データ変換はマラソンであり、スプリントではありません。新しいテクノロジーの実装は、既存のアーキテクチャと並行して展開し、運用上の利益を迅速に実現できるように、管理しやすいサイズで行うべきです。これは、ビッグバンなアプローチで変化を提供するよりも優れていますが、遅延や勢いの喪失につながる可能性が高く、時間をかけて内部プロジェクトのサポートを必要とすることになります。

データ管理技術への投資には、常にビジネスの成果と利益を結びつけてください。大規模なプロジェクトが完成した後は、ほとんど成果が得られず、「ホワイト・エレファント(無用の長物)」や観賞用のものになってしまったという話をよく耳にします。例えば、最近のデータレイク・プロジェクトを実施している企業の中には、下流のアプリケーションを十分に考慮していなかったことに気づき、データレイクの構築に力を入れすぎたことが原因で、取り残されるのではないかという恐怖感に駆られてしまったというケースもあります。データストレージは考慮すべき要素の一つに過ぎません。企業は、トレーディング、投資、リスク、オペレーション、コンプライアンスなど、異なる要件を持つビジネスユニット全体の目的に適合するように、データをクリーン化、変換、正規化するための最善の方法を検討する必要があります。

これらの提案は、いくつかの教訓を得たものです。このリストは、企業が新しいテクノロジーを採用し、予想外の課題を発見するにつれ、今後も増え続けるでしょう。明らかなのは、一歩も前に進まない企業は必然的に後れを取ることになるということです。データ管理機能がサポートするチームと企業のデータ戦略を管理する階層との間に大きなフィードバック・ループが存在するようにしなければなりません。

資本市場におけるデータ管理の動向をより深く理解するために、2020年4月29日に開催されるAite Groupとインターシステムズの合同ウェビナーに お申し込みください。資本市場企業を対象とした最近のグローバル調査から得られた知見をご紹介します。

 
著者について

Paul Sinthunont

バイサイドリサーチを専門とするAite Group のシニアアナリスト。テクノロジー、オペレーション、規制などのバイサイドのトレンドを担当。主に、ポートフォリオ管理システム、リスク管理、パフォーマンスの帰属と測定、環境・社会・ガバナンス(ESG)、投資会計、顧客への報告を担当している。

InvestOps、Global Custodian、CISI、CorpActions、Performance Measurement Europeなどの業界のカンファレンスで講演をしている。

 

あなたが好きかもしれない他の投稿

Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.
Global Head of Product and Industry Marketing