循環器内科医が健康な心のための健康なデータに依存する理由

循環器内科医が忙しい仕事の中で最後に必要なのは心の痛みです。医学の中で最も複雑な専門分野の一つである循環器内科では、急性期および慢性期の患者の管理、多くの異なる臨床医との交流、多くの診断および介入処置が必要とされます。これらの作業のすべてが、多くのデータを生成します。これが痛みを伴う情報過多につながるか、患者のアウトカムを高めるかは、医療 IT にかかっています。

紙とペンの時代に勤務していた循環器内科医として、データが豊富なこの専門分野には医療ITが自然に適していることを身をもって理解しています。ここでは、なぜそうなのか、そしてテクノロジーが皆様のために何ができるのかを見てみましょう。

循環器内科のデータの問題
夜勤で初対面の患者さんを担当した時、前任の先生がメモを書いてくれていたら、それはラッキーなことでした。臨床医の中には、きちんとカルテ作成をしている人もいれば、していない人もいました。紙のカルテを分析したり、不足している情報を探したりして無駄な時間を費やしますが、その数値を明らかにするのは難しいことでした。ほとんどすべてが紙、CD-ROM、USBドライブ、または患者の曖昧な記憶の中に隠されていたからです。

何か問題が起きたときには、テキストを読んだり、コンサルタントに電話をかけたりして、彼らが答えてくれることを期待していました。同僚と私は、緊急の結果を求めて研究室に出かけ、放射線科医が空いているときには、その時間を少しでも得るために尽力しました。看護師は医師を探すために病棟を探し、また、医師も看護師を探し回りました。

臨床データが簡単に得られるものではなかったため、より強力なケアを推進するための洞察力を追跡することは、それ自体が仕事でした。

健康な心のための健康データ
ありがたいことに、そうした調整は、今日の技術を駆使した心臓病専門医の仕事とは全く対照的なものです。

現在では、医師が心臓カテーテル検査の画像を見る必要がある場合には、医師のコンピュータやモバイルデバイスからデータを即座に引き出すことができます。同僚の読みにくい手書きは、もはや治療の妨げにはなりません。スマートフォンを使えば、簡単に患者の電子カルテへのアクセスができます。また、こうしたことは、特定の医療従事者と患者の病歴に関するデータだけに適用されるわけではありません。統合ケア記録のための相互運用性は、組織を横断して活用されます。

患者の状態が変化すると、電子通知により、場所に関係なく即座に医師に情報が通知されます。臨床意思決定支援ツールは、最新のエビデンスに基づいており、パンデミックが進行している間、ベッドサイドでのケアを支援します。アラートは、検査結果が入手可能になるとすぐに医師にシグナルを送ります。臨床医は必要な人を見つけるために一晩中病棟を探し回るということはなくなりました。

クリックですべてが可能になります。

循環器内科医にとって健全なデータとは?
良質でクリーンなデータに簡単にアクセスできるため、より迅速で情報に基づいた意思決定が可能になります。医師は、携帯やタブレットを使って患者と相談したり、薬を処方したり、検査を指示したりすることで、病院の外でもケアを提供することができます。簡単に言えば、医療ITは、医師がより効率的に、より望ましい健康上の成果を達成することを可能にします。

このことは、特に循環器内科医に当てはまります。

上で述べたように、この専門分野では、多くの異なる処置を受ける傾向のある急性期および慢性期の患者の管理が必要となります。循環器内科医が必要なときに必要な場所で利用できる健全なデータは、リスクを計算する能力を与えてくれます。医療ITは、患者さんやその複雑な状態を治療するために他の専門分野と協力することが、もはや困難ではないということを意味しています。

循環器内科はイノベーションと研究の最前線に位置しています。米国心臓協会のような組織は、臨床実践ガイドラインを頻繁に更新しており、新しい基準に対応することが課題となっています。しかし、電子的臨床意思決定支援は、これらの更新を継続的に実施することで、その負担を軽減します。これらのツールは、心不全のような状態の患者にケアパスを提案することで、ケアの標準化に役立っています。治療の最初の日と最後の日に何を期待すればよいのかがわかるので、必要に応じて適切な対応ができるようになります。

データと分析を活用することで、循環器内科医は患者のコホートを見て、大きく何が起こっているのかをより明確に理解することができます。今日では、どの慢性疾患患者が特定の薬を服用していて、特定の症状や有害事象を経験しているかを判断するのは簡単です。そのような知識は、例えば合併症の発生など、命を救うのに役立つような洞察を生み出すことができるのです。

循環器内科医は、遠隔医療機械学習などのイノベーションの効果を実感し始めたばかりです。これらの技術はここにあり、世界中の循環器科医の仕事をさらに強化することになるでしょう。

そうは言っても、医療ITは医師の代わりにはなりません。循環器内科医は常に最も難しい部分を担当しています。その仕事が良質でクリーンなデータを保証しないとしたら、何が保証するのでしょうか?

 
ハゼム・エルオラビー(医学博士)
2010年にインターシステムズに入社。世界中の臨床医とともに、ヘルスケア・イニシアチブを加速させるインターシステムズのソリューションの設計、実装、導入に携わっている。インターシステムズに入社する以前は、Health Insights社のヘルスケア・プロダクト・マネージャーとして、HIS臨床モジュールの開発を指揮。カイロのアインシャムス大学で医学博士号を取得し、循環器専門医として7年間、様々な公的機関や民間機関で勤務した。近年、パリのHECからイノベーションと起業家精神分野で経営学修士号を取得している。

 

Hazem El-Oraby, M.D

Hazem El-Oraby, M.D. is a cardiologist and chief medical information officer for InterSystems TrakCare.

コメントを残す

*