COVID-19 接触者追跡と症候性サーベイランスではデータが鍵を握る

国が徐々に再開し、人々が仕事や学校に戻り始めていますが、保健当局や地域の指導者は、COVID-19 の感染拡大を監視するために警戒し続けなければなりません。しかし、接触者の追跡や症候性サーベイランスなど、その努力を助けることができる追跡手順は、医療機関と地方、州、連邦レベルの当局者との間の検査データの非効率的な交換によって妨げられてきました。

インターシステムズの最高情報医療責任者であるジョナサン・テイチ博士は、テキサス大学ダラス校 ナヴィーンジンダルビジネススクールの臨床教授であるボブ・カイザー博士と、正確な接触者追跡と症候性サーベイランスの取り組みにおけるデータの役割、および COVID-19 を受けて、電子医療記録の交換を合理化することで患者のアウトカムがどのように改善されるかについて論じました。
さらに詳しくは、Business of Healthcare のポッドキャストのこのエピソードをお聞きください。
*このポットキャストは英語です。

この投稿の原文は2020年8月6日に掲載されたものです。
Business of Healthcareエピソード 68:接触者追跡とその他パンデミックデータ

InterSystems

InterSystems is the information engine that powers some of the world’s most important applications. In healthcare, business, government, and other sectors where lives and livelihoods are at stake, InterSystems has been a strategic technology provider since 1978. InterSystems is a privately held company headquartered in Cambridge, Massachusetts (USA), with offices worldwide, and its software products are used daily by millions of people in more than 80 countries.

コメントを残す

*