Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

MVP Health Care Goes Above and Beyond Regulatory Requirements

group of doctors looking at laptop

Healthcare organizations are moving quickly to satisfy new interoperability rules from CMS and ONC. For some, the regulatory requirements serve as a springboard to exceed expectations, creating data-driven experiences for members. But how?

MVP Health Care has an idea. Inspired by the need to meet the interoperability rules, the not-for-profit health plan is revamping its data strategy and technology capabilities to better serve its 700,000 members in New York and Vermont.

“We also looked at this from a holistic perspective and thought about how we can leverage the investments we’re making to really improve the health and wellness of our members,” says Richard French, MVP Health Care’s senior leader for enterprise data management.

Here’s how MVP plans to use data to help its members.

1. Improve quality reporting and measurement

MVP’s mission to improve care requires stronger quality reporting and measurement.

To accomplish this, MVP plans to leverage InterSystems technologies to aggregate a lot of data — from claims to clinical information, such as electronic health records and labs. The partnership empowers MVP to acquire the data they need to streamline processes like HEDIS quality measure reporting.

Using InterSystems HealthShare® and data from multiple sources, members will gain the insights they need to make informed decisions about their health and wellness.

2. Create a 360-degree view of the member

HealthShare enables MVP to bring all that information into a unified care record. This single source of truth will foster data collection around the individual and populations.

What’s more: the unified care record will encompass demographic, genetic, and environmental data to establish a 360-degree view of each member. The resultant insights put MVP in a position to identify and address challenges related to housing, medical appointment transportation, food insecurity, and more.

“That’s what customer-centric organizations do,” Chief Growth Officer Dominick Bizzarro says.

3. Solve patient-matching problems

In the past, MVP used a homegrown solution to perform patient matching. Now, through HealthShare, the health plan generates a true master patient index based on various data types so that everyone gets the care and information they need.

As time progresses, MVP plans to further streamline these processes, opening the door to more efficient analytics and more actionable insights.

4. Choose the Right Partner

No one can navigate the journey toward interoperability and actionable insights alone. When MVP Health Care resolved to invest in building a data-driven, member-centric organization, Bizzarro knew his next move.

“We’re all in,” he recalls. “Let’s work with a partner that recognized we’re going to be in a relationship — a long-term relationship.”

Learn more about why MVP chose InterSystems as a partner in this 5 minute video story.

Dominick Bizzarro
Chief Growth Officer, MVP Health Care

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。