Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

デジタルヘルス・イノベーションは難しい。 データをどのように役立てるのか。

デジタルヘルス・イノベーション推進の4つのポイント

医療イノベーションの最大の期待は、驚くほど広範な問題を解決することができる可能性があることです。

そうした問題には、C型肝炎の局所的な流行やバーチャルケアにおける洞察の欠如から、患者データへのアクセスの障壁や不十分な脳の健康測定などを含み、多岐にわたります。 フォーチュン500の企業も、ステルスモードのスタートアップ企業も、同じようなテクノロジーを活用してこのようなユニークな課題に取り組むことができるのは、デジタルヘルス以外にはないのではないでしょうか?

インターシステムズは近年、多様なイノベーターを集め、健全なデータ、実用的な洞察、実績のあるテクノロジー・パートナーシップにより、患者の健康にかかる目標、およびビジネスの目標を、いかに達成するかについて議論しました。 以下は4つの重要なポイントです。

ウィジェットではなくインサイトを追求する

MedTech の世界的リーダーである Baxter International(バクスター・インターナショナル)において、臨床判断支援し、看護ワークフローを改善し、医療ミスを減らす計画の中核をなすのがデータです。 患者の自宅を含む、あらゆる介護の現場で使う技術を持つ同社は、それぞれの場で情報を取り込み、活用する必要がありました。

Baxterのリーダーたちは、成功の鍵は、何よりも診療現場における実用的な洞察(インサイト)にあることに気づきました。 チームは健康データの統合に集中し、商業的に成功可能な製品を迅速にリリースする計画を進めました。(プレゼンテーションを見る)

すべてを解決しようとしない

臨床検査を知り尽くしているのはRhodes Group です。 同社は20年以上にわたり、臨床検査データから価値を引き出し、クライアントの経営と収益獲得を支援してきました。 その分析ソリューションは、患者のリスク調整のためのプロファイリングを可能にし、文書化されていない診断を特定し、さらにはC型肝炎対策も支援しています。

Rhodes Groupのジェームズ・ブラウン最高経営責任者(CEO)は、彼らの業績は、チームが最も得意とする検査データにこだわったことに起因すると言います。

「医療を解決できる人はいません」と彼は付け加えます。 「しかし、私たちの喜びは、自分たちの役割を果たせるということです」

クラウドはセキュリティを強化する

3つの自己免疫疾患を持つ医師スヒナ・シンは、患者のエンパワーメントについて多くの話を聞きましたが、ほとんど結果にはつながりませんでした。 彼女はJonda Healthというスタートアップ企業を設立し、患者が自分の個人的な健康データに便利にアクセス・管理・活用できるようにすることを目標に、始業しました。(プレゼンテーションを見る)

Jondaは、希少疾患や中等度から重度の慢性疾患を持つ患者へのサービスというニッチな領域見出しました。 競合の多い健康アプリ市場の中で際立つために、シンはデータと患者の経験に関する彼女の深い知識を活用しました。 その結果、彼女は強力なセキュリティ保護と集中的なデータ処理能力を追求するようになり、顧客の生活をよりシンプルで安全なものにしました。

イノベーションへのアクセスを確保する

Cognetivity は、脳の健康状態を評価するための、迅速で再現可能かつ信頼性の高い手法を開発し、治療が遅れていて長年満たすことができなかったニーズを満たしました。 スタートアップ企業の市場投入までの道のりは、研究開発、パイロット試験、資金調達、臨床試験、規制当局の承認、そしてリスクの高い取引に及びます。

その過程でCognetivity は、データへのアクセス、情報に基づく意思決定、医療進歩がすべてであることに気づきました。 同社はシームレスなデータ検索を必要とし、一方、臨床医はテクノロジーとその結果得られる洞察への容易なアクセスを必要としていました。 しかし、何よりも、その新しい脳の健康評価は、経済的な問題やその他の検査への障壁に直面している患者を含め、患者が利用できるものでなければなりません。(事例を読む

デジタルヘルス革新のためのデータ
デジタルヘルスの旅はそれぞれユニークですが、成功の共通点は、必要なときに必要な場所にアクセスできるデータにあります。 グローバル・ベンダーであろうと、有望なスタートアップ企業であろうと、適切なテクノロジー・パートナーは、患者とビジネスのアウトカムを改善する実用的な洞察力を解き放つことができます。

Baxter International、Rhodes Group、Jonda Health、Cognetivityがインターシステムズを選択したのはそのためです。

待ち構える課題がデータ主導のイノベーションを必要とするとき、あなたはどこに目を向けますか?

インターシステムズで、デジタル・ヘルスのビジョンを実現しましょう

あなたが好きかもしれない他のリソース