Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

インターシステムズ、ガートナー 2022年クラウドデータ管理システムのマジック・クアドラントで、ビジョナリーに位置づけられる

InterSystems IRISデータプラットフォームは、業界をリードし、常に顧客に価値ある洞察を提供するソリューションを提供

マサチューセッツ州ケンブリッジ ー  202年1月4日  拡張性、相互運用性、スピードといった顧客の最も重要な問題の解決を支援する創造的なデータテクノロジープロバイダであるインターシステムズは、本日、新たに発表された「ガートナー・クラウドデータ管理システムについてのマジック・クアドラント(Gartner Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems)」において、ビジョナリー(概念先行型)クアドラントに位置づけられたことを発表しました。

InterSystems IRISは、クラウドファーストの完全なデータプラットフォームで、高性能なマルチモデル・マルチワークロード・データベース管理、スマートデータサービス、相互運用性および分析機能を全て搭載し、それらすべての機能を単一の製品として提供しています。

このレポートでは「ビジョナリーはクラウドデータ管理システム市場において高い市場への理解と強固な製品ロードマップをもっている。機能に関する革新的なアイデアを持ち、新しい展開モデルを高度に利用していることを実証している」と評しています。

インタ―システムズ、データプラットフォーム製品部門 責任者であるスコット・ナウは以下のように述べています。「今年のガートナー・マジック・クアドラントでビジョナリーに選ばれたことは、当社の革新的でユニークなクラウドネイティブ・スマートデータサービスが、時代の最先端にいることを証明していると思います。構成可能なこれらのサービスは、カスタム・アプリケーション構築に伴う、一般的な複雑さを排除し、企業が新しい洞察を得ることをより迅速にかつ容易にし、これまで以上に迅速に革新の実現を支援します。」

シカゴを拠点とし、860億ドルの運用資金を有する投資会社であるHarris Associatesは、InterSystems IRISが同社のビジネスを変革するソリューションであると確信しています。Harris AssociatesのCTOであるJey Amalraj氏は、次のように述べています。「私は25年間、データを扱う仕事をしてきました。これまで、いくつかのソリューションを試してきましたが、ようやくうまくいくものを見つけたのです。」

InterSystems IRISは、組み込みの人工知能(AI)と機械学習(ML)機能をネイティブにサポートし、スマートな・ータファブリック・アーキテクチャの構築を加速します。Adaptive Analyticsは、複数のソースからのデータを可視化、分析、照会する機能を、ビジネスユーザが簡単に利用、アクセスできる形で提供します。こうした機能により、企業は、顧客、パートナー、従業員向けに、インテリジェントな予測・処方的サービスの提供やアプリケーションの強化が行えます。

2022年マジック・クアドラントの概要(クラウドデータベース管理システム)は、 こちらからご覧いただけます。

ガートナー免責事項:

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。

ガートナー・リサーチの発行物は、同社の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示的または黙示的を問わず、商品性や特定目的への適合性を含め、本リサーチに関して一切の保証を行ういません。

GARTNER および Magic Quadrant は、米国およびその他の国におけるGartner, Inc. およびその関連会社の登録商標・サービスマークであり、同社の許可を得て使用しています。すべての著作権は Gartnerに帰属します。

関連するトピックス

インターシステムズに関する最新ニュース