Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

縛りのないヘルスケアバリュー

インターシステムズ・ヘルスケアリーダシップカンファレンスで、Kathleen Aller と医療に関する高価値な会話を創造します。

Kathleen は、今月ボストンで行われるインターシステムズの年次カンファレンス、グローバルサミットで、医療および情報技術の分野でのリーダたちと議論をするというミッションを負っています。製品ではなく、課題に注力するため、Aller と彼女のチームは、招待者だけが参加できるヘルスケアエグゼクティブ向けのヘルスケアリーダシップカンファレンスのアジェンダをまとめています。私は Aller と、改善環境の創造と、彼女が言う所の「縛りのない医療(Healthcare Unbounded)」の創造について会話をしました。

縛りのないヘルスケアの価値

ヘルスケアエグゼクティブたちは、大きな障壁に直面しています。仲介者のバイアスなく、直接集うことで、前進する環境を創造することができます。リーダたちは、同じ場に集い、問題のある財務モデルといった医療における障壁について議論します。これは一晩でなくなることはありません。医療におけるいくつかのビジネス課題は広く議論されますが、究極的に業界全体の変革を動機づける発見というものが欠けていると思います。鍵となるのは、既存ビジネスモデルに挑むことと医療保険機関、医師、医療機器メーカー、生命科学など広範な人々との議論です。これらを掘り下げるために、障壁について共有する必要があります。
Susan Dentzer 女史は、グローバルサミットの「高価値なヘルスエコシステム」のパネル討議のモデレータを務めます。このパネルでは、カリフォルニア州のブルークロス・ブルーシールドの CEO である Paul Markovich 氏、パートナーズヘルスケアのCCO(Chief Clinical Officer)Gregg Meyer 博士、メドトロニック 価値に基づくケアパートナーシップ ヴァイスプレジデント Christian Howell 氏、IQVIA リアルワールドソリューションズ 高度なリサーチ シニアプリンシパルJames Coutcher 氏が登壇します。

障壁のいくつかは恐怖によるもの

情報がブロックされることによる多くの障壁を目にします。データ共有で針を動かすことには、多くの法制上の課題があり、データは依然として前後に流れません。過去には、データは、それをコントロールする者の資産と見られており、データ共有についてのこうしたマインドセットをどのように方向転換することができるのでしょう。医師は保険機関にデータを渡したがりません。なぜなら、データ共有することで影響力を失うからです。保険機関も情報を与えたがりません。それは競争のためです。では、こうしたゲームをどのように変えることができるのでしょう。

障壁は、恐怖、あるいは規則、あるいはシステムITによるものです。いくつかのケースでは、人は悪意なく情報をブロックしています。彼らは共有する余裕がなく、他の優先順位の高いことで手一杯です。これは、大規模な電子カルテ企業でも真となり得ます。相互運用を前に進めるために、その文化を患者エクスペリエンスに注力するよう変えたいと思います。カリフォルニア州のブルーシールドは、保険機関と医療機関間におけるこうした情報共有では、トップを走っています。

影響を測定する

新しい技術が影響を与えるか否かをどのように測定しますか。医療における解決策を考える時、確実に人々がより効果的なケアを受けられることを目指すと思います。情報共有と個別の患者の健康といったことを考える時、医療が前進するために、繊細な情報を共有することをコミットしなければなりません。治験の患者募集は困難な場合があります。そして、患者データ共有について、議論しなければなりません。

殆どの患者は、利益を追求する企業に彼らのデータを共有したいと思いません。そうした企業は、彼らの健康情報を利用してそこから利益を得たり、営業を推進したりします。患者に尋ねると、彼らは、自分のデータを研究のためには共有したいが、ビジネスのためではないと言います。GDPR や HIPAA、患者のプライバシ対データに二次利用について議論したいと思います。新しいイノベーションと新しい知見を推進する中では、法律と、私たちが確実に正しいことをしている事の間に軋轢が存在します。Julia Riley 女子は、ヘルスケア・リーダーシップカンファレンスにおいて、ヘルスケアエコシステムを通して、患者の希望を周知するという、イギリスにおける コーディネート・マイケアの取り組みについて議論します。記録を共有するため、これまでの医療機関という視点を超えて、社会ケア機関について考える必要があります。

この投稿の最後に、医療エクスペリエンスついて述べたいと思います。患者エクスペリエンスを変える事は、複雑なシステムを横断して非常に大きな協力・協調が必要となります。患者エクスペリエンスの価値は、障壁を超える支援となり、コアとなる会話を推進することは、ボストンで行われるヘルスケアリーダシップカンファレンスの最も重要な心臓部となります。

※ 本稿は、2019年9月6日、Healthcare IT Today に投稿された記事の再掲です。

 

ジェイニー・シャープは、医師自殺の救済を支援している。医師とメンタルヘルス専門の非営利企業シャープインデックス社の創始者兼 CEO。医療データと分析マーケティングにより、サービスを受けられない人の医療アウトカムの改善にも努めている。ジャニーは、技術製品のコミュニケーション創出に長け、企業のマッチングによって優れた医療ITシステムを作り、医療を改善することに真の情熱を注いでいる。相互運用性と健康の社会的決定要因に取り組み、患者、医師のエンゲージメントの専門家である。3人の子供をもち、勉強、ハイキング、トライアスロン、キルトなどを楽しんでいる。
Twitterアカウント@CoherenceMed
 

あなたが好きかもしれない他の投稿

医療における人工知能(AI)
Head of Global Healthcare Solutions, InterSystems
Head of Global Healthcare Solutions, InterSystems
FHIR規格の統合により、開発者は協調したケアを促進するアプリケーション、ツール、技術の構築に役立てることができます。
Head of Developer Relations, Data Platforms
医療従事者や患者さんが利用できる技術が増え、医療マネジメントの進化は急速に加速しています - 私たちはどうすればこの流れについていけるのでしょうか?
Global Head of Healthcare Market Strategy
Lynda Rowe of InterSystems discusses the impact of an enterprise master patient index in promoting more precise patient matching and healthcare data interoperability.
Senior Advisor for Value-Based Markets