インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

トランザクションからパーソナルへ。バーチャル診療の未来

Covid-19が発生したとき、世界中の医療従事者は、医療相談をリモートで行うという事へ迅速に移行しました。電話やビデオ会議ソフト、電子カルテなどを利用して、医療従事者は対面での診察なしに、患者の緊急のニーズに対応することができました。

技術的には素早く変化したものの、これらのシステムは、私に「昔の日常」、つまり私が慣れ親しんできた個別化された接点を切望させることがありました。東南アジアの病院で、お気に入りのプライマリーケアの医師を訪ねた頃を思い出しました。その医師は、予約の理由がどんなに些細なものであっても、いつも私を理解し、支援してくれていました。私はいつも笑顔でクリニックを後にしました。

Covidレポートカード上では、ほとんどの病院が遠隔医療への移行に「A」の評価を得ています。しかし、これらの遠隔医療相談の多くは、本質的にはトランザクション的なものでした。「新しい常識」では、もし私が重篤な慢性疾患や、より緊急性の高い衰弱性疾患を患っていた場合、パンデミックの最中に遠隔医療相談を受けても、それは上手く機能しないでしょう。接続の問題、テクノロジーの誤作動、そして「あなたはミュートになっています」というどこにでもある注意書きが、こうした経験を困難にしています。さらに、臨床医は、コンピュータの画面に表示される分かりづらい膨大な数の患者情報に、よく困惑されてしまいます。患者の全病歴が表示されているにもかかわらず、患者は画面に表示されている内容を知らないため、一方的な会話のようになってしまうのです。

簡単に言えば、私たちはもっとうまくやれるし、そうしなければならないのです。

遠隔医療の未来を再考する

パンデミックの終息が見え、通常の人々の交流が戻ってきた今、バーチャル医療の未来がどうあるべきかを再考する時期に来ています。バーチャルな体験が、患者さんにとって大きなメリットになることは否定できません。診察のために移動する必要性が減り、プライマリーケアや専門医へのアクセスが増える可能性があり、さらに重要なのは、自分自身のケアをよりコントロールできるようになることです。

未来の遠隔医療(Telehealth)、すなわち遠隔診療(Telecare)と呼ばれるものは、医療をトランザクション中心から個人的なものへと移行させます。遠隔診療は、バーチャルな環境で患者を中心としたケア体験を提供し、コミュニケーションの妨げとなるものを取り除き、患者と医師の双方にとってより質の高い対話を実現します。しかし、エコノミストが最近行った遠隔医療の未来に関するウェビナーでは、参加者は「個人的な触れ合い」が克服すべき最大の障害であると考えていました。

医療従事者は、患者の診断や治療に役立つ従来の会話以外から読み取れるヒントを拾いつつ、バーチャルに患者と対話する新しい方法を管理する方法を学ぶという課題を抱えています。リモートでの診察では、臨床医が患者についての多くの情報を得ることができる、診療時における世間話的な部分が排除される傾向にあります。臨床医が自信と満足感をもたらすような患者中心の体験を提供するには、この問題を克服することが重要です。

バーチャル診療の改善におけるテクノロジーの(小さな)役割

バーチャル診療を改善するためには、最終的には、患者と医師が同じ部屋にいるのと同じ経験をしていると感じられるようにすることです。これは、技術的な問題というよりも、臨床医と患者の関係に関わる問題です。しかし、テクノロジーは以下の方法でこれをサポートすることができます。

  • 患者さんの情報をより直感的に、より邪魔にならない方法で利用できるようにする
  • 予約のワークフローを1つのシステムに統合し、シンプルで使いやすいものにする
  • ポータルのような患者のセルフサービスオプションを提供することで、患者が自分自身の健康とケアをよりコントロールできるようにする
  • 医師がキーボードに気を取られることなく、音声メモを記録するなど、より合理的な方法でメモを取れるようにする
  • 患者のデータを収集するウェアラブルデバイスを提供することで、臨床医が患者のためにより良いケアの決定を行うことができる

バーチャル診療の未来に向けた次のステップ

幸いなことに、医療機関は遠隔医療の問題点を認識しており、改善のための努力を続けています。彼らは、個人的な問題だけでなく、患者さんにしっかりとした「遠隔治療」体験を提供できるようにするというビジネス上の必要性も認識しています。

この1年で急速に普及した遠隔医療は、必要に迫られて生まれたものですが、医療機関や患者さんにとってのメリットは限りなく大きいものです。過去の教訓を活かして、明日のより良い医療体験を作るための足がかりにできればと思います。

インターシステムズが遠隔医療の実現にどのように貢献しているか、詳しくは こちらをご覧ください(英語)。

 
Kerry Stratton (ケリー・ストラットン)
ヘルスケア・ソリューション・グローバル・ディレクター
医療担当マネージング・ディレクター

30年以上にわたり、世界中の医療機関にテクノロジーソリューションを提供してきた経験を持つ。グローバルセールスおよびインターシステムズのヘルスケア戦略の継続的な開発と実行において、中心的な役割を果たしている。

インターシステムズに入社する前は、ヘルスケア技術の革新者として知られるTrakHealth社の最高経営責任者を務めていた。1991年にTrakHealth社を設立し、20カ国の300以上の医療機関に高度で完全に統合された病院情報システムを提供し、同社をリーダーに導いた。ヘルスケアおよび輸送アプリケーションのオーストラリアのプロバイダーであるHoyden-Spike社のマネージング・ディレクターや、バージニア州レストンを拠点とするQuadraMed社に買収された臨床検査、放射線およびその他の臨床システムのプロバイダーであるDétente Systems社のディレクターも務めた。また、英国の大手海運会社P&O社でITディレクターを務めた。オーストラリアのシドニーにある最大級の医療検査機関であるPathology and Allied Services社でメディカルサイエンティストとしてキャリアをスタートさせた。

オーストラリアのシドニーにあるInstitute of Medical Technologyを卒業。
 

あなたが好きかもしれない他の投稿。