Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

柔軟・迅速・初:UC Davisがいかにデジタルフロントドアを開いたか

UC Davis Healthの同僚と私が、医療従事者がゲノムデータのレポートにアクセスすることを効率化することに着手した時、私たちはその情報によって、医師がよりよいケア、個別化されたケアを提供できることを支援すると考えていました。しかし、私たちのゲノムデータには保存場所がなく、検索もできず、患者のカルテとも連携していませんでした。プラットフォーム間でコンテキストに基づいたシングルサインオンが可能な SMART on FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resource)コネクタを活用できれば、診療チームはより早くデータを入手でき、患者はがんとの闘いで良い結果を出して、生存することができると考えました。

まさにその通りでした。つまり、報告書を探す時間が減り、重要な洞察力を持つ個別のデータが提供され、臨床試験情報へのアクセスが容易になり、タイムリーな治療ができるようになったのです。

しかし、このプロジェクトは私たちの最終目的ではありませんでした。このプロジェクトは、インターシステムズの協力を得て、ますます大規模で多様なデータセットを包含する、広いデジタルフロントドアを構築する旅の初期段階でした。

デジタルフロントドアとは何でしょうか?

デジタルフロントドアとは、患者さんや会員の方々が、あなたの医療機関で出会うすべてのバーチャルな接点の総体です。調査会社の IDCによると、2023年までに65%の患者さんがこのようなバーチャルなフロントドアを通るようになるとのことです。しかし、それ以外の人はどうなるのでしょうか?UC Davis Healthでは、ゲノムデータベンダーだけでなく、患者、保険者、パートナーなど、すべての人を歓迎するデジタルフロントドアを確立することを決意しました。

柔軟性、迅速性、そして初心を貫くことで、イノベーションを育み、アカデミック・メディカル・センター全体の効率化を実現し、ケアを最適化しています。ここでは、デジタルフロントドアがすべての医療機関にどのように役立つかについて、私が学んだことを紹介します。

相互運用性への取り組みをFHIR化する時が来た

UC Davis Healthでは、FHIRの高波が押し寄せてきたとき「滅亡」したくなかったので、デジタルフロントドア戦略を拡大することにしました。SMART-on-FHIRアプリケーションや、Apple HealthKitなどのツールを中心とした導入率の上昇は、ベンダーが何年も第三者に閉鎖されていたデータにアクセスする必要があることを示唆しており、当組織のデジタルフロントドアは、FHIRの高波を巧みに乗りこなすために必要なツールとテクノロジーになると考えました。さらに、21世紀の治療法(21st Century Cures Act )では、患者が自分のデータにアクセスするための 次の段階の相互運用性をサポートすることが、最終的に医療システムに求められることが明らかになりました。

このためのデジタルフロントドア戦略を持っている医療機関は多くありませんでした。何年もかけて国産のレガシーシステムや内製アプリケーションから最高の技術に移行したものの、相互運用性は外部ではなく内部で動くデータを意味していました。

支払者やパートナーを当組織のEHRに直接接続するという選択肢もありましたが、それでは他の場所にあるデータにアクセスできません。また、すべてのアプリケーションやパートナーとの接続を1つのベンダーに依存することになり、パートナーにとってはより大きなコストと困難が伴うことになります。

その代わりに、UC Davis Healthでは、好みのソリューション・スタックを使用して独自のアーキテクチャを開発しました。 InterSystems IRIS for Health™ HealthShare® は、プラットフォーム外に保存されている膨大な量のデータを処理し、FHIR 以外のアプリを接続し、すべてのパートナーのアクセスを保証するルールを作成することができました。

この1年余りの間に、InterSystems API Managerの開発エンドポイントを導入し、いくつかのパートナーと共同でパイロットプロジェクトを行い、当組織のAPIライブラリに接続しています。世界が素早く動くとき、ヘルスケアもそうでなければなりません。

デジタルフロントドアを本当にバラバラにしたいですか?

デジタルフロントドアに対するUC Davis Healthのアプローチが際立っているのは、運用性に関するセンター・オブ・エクセレンスの構築に取り組んでいるからです。

ほとんどの医療機関では、連携モデルを採用しており、臨床データを1つのバケットに集約して、FHIR、インターフェイス、研究に関する取り組みは別の場所で行っています。一方、UC Davis Healthでは、1つのチームと1つのサポートモデルで、組織全体のデータ交換を推進しています。

それは、より柔軟性があるということです。たとえば、COVID-19がすべてを変えてしまったとき、多くの病院ではバーチャルサービスへの需要の増加に対応するために、3つ、あるいは4つのチームを編成しなければなりませんでした。しかし私たちは、1つのグループで迅速に業務をこなしました。

USCDI(United States Core Data for Interoperability)規格は、医療システムは、医療システムのデジタルエコシステムの隅々に存在する電子医療情報へのアクセスの確保を求めています。EHRに格納されている臨床データを共有するだけでは十分ではありません。広々としたデジタルフロントドア、つまり1つのエントリーポイントからアクセスできるようにすることが最善の策なのです。

最先端に挑む

すべての医療機関が同じリソースを持っているわけではないことは承知しています。しかし、ここでの真のイノベーションは、誰もが採用できるビジョンです。

医療機関は、USCDI規格に準拠した患者データアクセスのためのソリューションを構築する必要があります。もしその機能を開発したら、患者、支払者、パートナーがこのメカニズムをリソースとして利用できるようにするために、さらに一歩踏み込んでみてはいかがでしょうか。

そうすることで、ゲノミクスや患者の遠隔監視など、明日に向けてのイノベーションの準備が整うかもしれません。

2021年12月8日に開催される 「バーチャル・リーダーシップ・カンファレンス」への参加登録はお済みですか?

インターシステムズは、お客様の相互運用性とデータ統合の目標達成を支援します。お気軽に お問い合わせください

 

著者について

マイケル・マーチャント(Michael Marchant)は、過去25年以上にわたり、医療機関のリーダーとして、複雑な技術の導入やデータの統合を行ってきました。アプリケーションベンダー、医療機関、政府機関と協力しながら、チームを率いて必要なソリューションを提供し、技術を進歩させ、ワークフローを改善し、組織内および地域や国の他の組織との相互運用性をサポートしてきました。現在は、UC Davis Healthの医療情報交換およびシステム統合担当ディレクターとして、組織やコミュニティのために複雑な技術や相互運用性の課題を解決するために、彼と彼のチームが常に挑戦しています。マイケルは、自分の仕事を通じて、患者と健康情報を結びつけ、誰が、どこで、いつアクセスするかをコントロールできるようにする技術を前進させることに情熱を注いでいます。
 

あなたが好きかもしれない他の投稿