Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

FHIR の最新情報: ヘルスケアデータの API 管理

ヘルスケア情報を交換するために制定された標準規格HL7FHIR。
本記事では、FHIR開発者がAPI作成を容易に行えるよう、InterSystemsが提供する開発ポータルについてご紹介します。
より容易なAPI作成リソースを是非ご覧ください。


HL7® FHIR® (Fast Healthcare Interoperability Resources)の 仕様は、ヘルスケア情報を交換するために制定された標準規格です。3月9日に国家調整官室 (ONC)から発行された新しい連邦規則は、革新的なヘルスケア・アプリケーションの大幅な拡大を支援します。この規則では、構造化された、あるいは構造化されていない、すべての医療データを、FHIR API を介して無償で電子的にアクセスすることを要求しています。具体的には、電子カルテベンダーは、Health Level 7 (HL7®) Fast Healthcare Interoperability Resources (FHIR®) 標準リリース4を使用していることを証明する API 認証が必要になります。この認証基準は、FHIR リリース4を中心とした業界の取り組みを調整し、患者のためのAPI対応サービスの相互運用性を促進します。

もちろん API とは、開発者が OS やアプリケーションなどのサービスの機能やデータにアクセスするアプリケーションを作るための機能や手順のことです。言い換えれば、病院のEMRから医療データを iPhone に取り込むための機能です。

間違いなく、このルールは FHIR の仕様を理解し、それを使ってどのように最新のAPIを作成するかの理解を大幅に促進するでしょう。インターフェース開発者が気づいたことは、API を作成することはそれほど難しいことではなく、管理することが課題であるということです。これにより、フルライフサイクル API 管理を含む API 管理ソリューションの新しい市場が生まれました。

API 管理ソリューションの市場が急成長しています。Forrester Research は、2013年の市場規模を7000万ドルと推定し、年率40%で成長していると言います。また、2014年にはAPI管理市場を1億4,000万ドルと推定し、2020年には6億6,000万ドルになると予測しています。インターシステムズは2019年第3四半期に API 管理をリリースしました。

では、これらの API 管理ソリューションはどのように開発者を支援するのでしょうか?

API の作成のために便利な開発者ポータルがあり、そこで、ドキュメント、サンプルコード、API をテストするためのインタラクティブなAPI コンソールなどの情報と機能を提供しています。

API 管理のために、API ゲートウェイは API フロントエンドとして機能し、API リクエストを受信し、スロットリングとセキュリティポリシーを適用し、リクエストをバックエンドサービスに渡し、レスポンスをリクエスト元に返します。ゲートウェイはまた、分析データの収集などの機能を提供することができ、認証、認可、セキュリティ、監査、および規制遵守をサポートします。

FHIR は RESTful API であり、インターネットベースのリクエストを使用してデータを GET、PUT、POST、DELETE します。FHIR は RESTのすべての基準を満たしています。なぜなら、FHIR のリソースは単一のURLを通して一意に識別され、DELETE、PUT、GET のような基本的なメソッドだけがリソースを操作するために使用されるからです。FHIR はクライアントとサーバの間に明確な区別があり、クライアントとサーバの間の結合はゆるやかです。FHIR の操作はステートレスで、状態管理はサーバではなくクライアントで行われます。

RESTful API の良いところは、RESTful API の標準的な言語にとらわれないインターフェースである OpenAPI 仕様(OAS)を使って記述できることで、開発者はソースコードやドキュメントにアクセスせずにサービスの機能を発見することができます。

InterSystems API manager (IAM)は、開発者ポータルのOpenAPI仕様書にロードすることができ、FHIR API の理解とテストが容易になります。残念ながら、HL7 は FHIR R4 API 用の OpenAPI 仕様を作成していません。インターシステムズでは、FHIR R4 サーバで使用するために、FHIR 仕様を OpenAPI に翻訳しています。 下のスクリーンショットは、API カタログで探索できる API のいくつかを示しています。

FHIR API Catalog

これらのリソースがカタログ化されると、開発ポータルから簡単に照会することができます。

FHIR Development Portal

開発ポータルは、ユーザーインターフェースからのリクエストを curl または http を使って翻訳し、FHIR リクエストをサーバに渡し、レスポンスを表示します。これはテストに便利で、開発者に各リクエストのパラメータとレスポンスコードを明確にします。

開発ポータルでは、JavaScript、Shell、Python、Rubyなどの多くのクライアント言語でそのリクエストがどのように定式化されるかを示すこともできます。

FHIR は複雑な規格です。開発者が仕事を楽にするためのコードスニペットやドキュメントなど、FHIRに関する情報を求めていることがわかりました。 開発者ポータルは FHIR を学ぶための素晴らしいツールです。

FHIR DevDaysにバーチャルで参加されますか?
6月18日(木)に Patrick Jamieson が FHIR API Management のプレゼンテーションを行います。そこで、お会いできることを楽しみにしています。

よろしければ、 FHIR サンドボックスをチェックしてみてください。
Data Excellence に関する最新のブログ記事はこちら。
FHIRに関するブログ記事はこちら。

 
パトリック W. ジェイミソン Patrick W. Jamieson
InterSystems IRIS for Healthのプロダクトマネージャー、医師でもある。キャリアの初期には、ピッツバーグ大学で神経内科を開業し、医療エキスパートシステムの情報学研究を行った。その後、Cerner Corporationでリアルタイム意思決定支援のプロダクトマネージャーを務め、その後、斬新な手法で放射線科レポートを分析する自然言語処理(NLP)会社を設立し、6つの特許を取得。予測分析、ゲノミクスに焦点を当てた複数のスタートアップ企業に従事した経験もある。主な関心事は、人工知能と医療、自然言語処理、臨床意思決定支援。

あなたが好きかもしれない他の投稿