Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

皮下のさらに深くに: 病理解剖自動化ソフトウェアは、どのようにより良いデータを提供し命を救うか

医学生時代、私はボストンの教育病院で夏を過ごし、世界で最も優秀な医療情報学者の一人と一緒に働きました。彼が皮膚科の研修医になるために退職したとき、私は驚かされました。彼は、「患者さんから "ドクター "と呼ばれる感覚がないと生きていけないんです」と説明しました。彼の理由は理解できましたが、私は一人の患者ではなく、多くの患者を助けたいと思うようになりました。私は、検査機関がデータとソフトウェアを活用して、ある分野(病理解剖学)の課題を克服する世界を夢見始めました。

数十年後の今、そのビジョンは現実のものとなりました。コンピュータトラストコーポレーションの創業者である私は、診断サービスの数十億ドル規模のリーダー企業をはじめ、世界中の検査機関と協力して、ワークフローの合理化、コストの削減、正確な診断の迅速化に取り組んでいます。私たちの病理学ソフトウェアは、検査がどこで行われているかに関わらず、24時間365日この作業を自動化します。

なぜ病理解剖学なのか?それは、最も直接的で、最も正確な診断ができるからです。この分野では、生検や乳房穿刺などの組織検査に依存しており、専門分野を問わず重要な診断を導き出します。一つの病理解剖学の症例には多くの医療従事者が関わるため、作業はより複雑になり、エラーの削減、遅延の削減、コミュニケーションの改善など、自動化のメリットを享受するには絶好の候補となります。最終的には、これらの利点は患者にとっての価値につながり、結果が迅速に得られることで、癌であるという最悪の不安が解消されることも多くあります。

データ管理は、治療と回復のための最初のステップであることがわかりました。

データがもたらす病理解剖学の臨床効果

存在しない問題を解決することはできません。血液検査などの臨床検査は、患者さんの全体像を把握するのに役立ちますが、それは間接的なものです。解剖学的な病理検査は、組織を分析するため、より具体的な答えを導き出すことができます。しかし、それでも3〜9%の割合で誤診が発生します。

コンピュータトラストコーポレーションでは、正確な診断のために病理検査ソフトウェアを開発しています。私たちのデータテクノロジーは、プロセス全体を通して検査機関をサポートすることでそれを実現しています。私たちは、検査での正確性と品質の向上に情熱を注いでいます。そして、データ入力時のキーストロークを減らすことにも情熱を注いでいます。

それは、患者さんの病歴から始まります。例えば、病気の再発を示す可能性のある過去の生検について知っていれば、検査結果がより正確になります。この「JOHN SMITH」が、5年前のメラノーマ患者と同じなのか、それとも別人なのかを正確に見極めることが重要です。

その後、標本を「肉眼で」観察し、水性組織に油性の染色を施して顕微鏡スライドを作成し、スライドを読み込んで追加の染色を依頼し、これらの手順や所見をすべて記録するには、肉眼で観察する技術者や病理医、医療記録担当者などの専門家の小集団が必要となります。彼らは皆、何らかの形で検体を扱い、データや重要な洞察を得るために協力しています。データ管理と自動化されたソフトウェアは、これらの専門家がコミュニケーションをとり、協力し合うための基盤となります。

テクノロジーの進歩により、病理解剖診断がより迅速で信頼性の高いものとなり、最も有望な治療法に光が当てられるようになれば、患者さんにもメリットがあります。

病理解剖検査情報ソフトウェア(アナトミック・パソロジー・ラボラトリー・インフォメーション・ソフトウェア)はどのようにして効率性を引き出すか

検査機関は、医療費補填額の減少や競争の激化による財務上のプレッシャーと長い間戦ってきました。また、COVID-19は生体検査の依頼を50%削減し、業界に新たな打撃を与えました。検査機関が生き残り、成功するためには、より少ない労力でより多くのことを行わなければなりません。

効率化はワークフローから始まります。自動化された検査機関の病理検査ソフトウェアは、より少ないオペレーターで検査を機能させることができ、スタッフは患者さんに最高の結果を提供することができます。さらに、テクノロジーを活用することで、すべての専門家がそれぞれの症例で何が起こっているのかを把握することができます。コストを削減し、伝言ゲームの必要性をなくすことで、品質が向上し、ビジネスが成長するのです。

また、検査機関では、専門家にとって最適な方法でデータを活用することが重要です。一方で、大規模な組織では、特定のプロセスやデータフォーマットを標準化する必要があります。柔軟性とパーソナライゼーションがテクノロジーに組み込まれていれば、ギャップを埋め、専門家が自由に作業できるようになります。

病理解剖学におけるデータと自動化の役割

1980年代にコンピュータトラストコーポレーションを設立したとき、すべての検査機関がまもなく経験するであろう変化を予測することは困難でした。複雑さは解消されず、人件費は高止まりし、精度が重要になることはわかっていました。しかし、規制が強化され、競争が激化する中で、品質が常に重要であるという事実は変わりませんでした。

当初からインターシステムズ社のようなパートナーと協力して、小さなクライアントでも課題を解決できるように導いてきました。その中には、多国籍の検査機関との契約につながったものもあります。

しかし、私は今でも、教育病院での一夏の間に学んだことを思い出します。テクノロジーは、スケールの大きい患者さんのために結果を確保するためのツールです。だからこそ、病理検査室は粗雑なワークフローや非効率性に甘んじることはできないのです。診断はあまりにも重要なのです。

 
著者について

デイビッド・リバーマン(David Liberman)博士は、マサチューセッツ州ボストンにある コンピュータトラストコーポレーションの創設者であり、社長兼CEOでもある。臨床医学を学んだ後、データベース会社や検査会社のコンサルタントをしながら、救急医療やトラウマ医療に長年従事してきた。1986年にコンピュータトラストコーポレーションを設立し、医療における診断の正確さと追跡を向上させることを目的としている。同社のWinSURGE™製品群は、国内で最も権威のある検査機関で使用されている。開発、顧客関係、事業運営および戦略を担当している。医療用コンピューティングやビジネスに関する論文を発表しており、余暇にはドラム演奏、飛行機の操縦、フィットネス、地域活動を楽しんでいる。LinkedInアカウントは こちら

 

あなたが好きかもしれない他の投稿。