Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

前例のない挑戦:情熱とコミットメントによるお客様へのサービス

過去15年の間に、ヘルスケア IT 業界は、世界中の多くの医療機関でケアコネクティビティの約束を現実のものにしました。インターシステムズは、お客様が効果的な情報共有の価値を実感できるようになった技術的なブレークスルーのいくつかで重要な役割を果たしてきました。インターシステムズのチームは、今日の変化し続けるヘルスケア環境の要求を満たすために、お客様が数え切れないほどの課題を克服し、ナビゲートするのを支援してきました。

そのすべての仕事は、私たちが歴史の中で重要な瞬間を迎えている今日、頼りにしている強固な基盤となっています。相互運用性はこれまで以上に重要であり、医療機関は、関連性の高いタイムリーな患者データへのアクセスを確保することで、患者との関わりを意味あるものにするために、インターシステムズを頼りにしています。この挑戦に立ち上がったと自負しています。

COVID-19 は世界的な対応が必要な世界的な危機です。EHR や医療従事者から保険機関、患者に至るまで、すべての医療関係者が、ウイルスの蔓延に対抗するために果たすべき役割があります。インターシステムズでは、24時間365日体制の技術サポート・ホットラインを設置し、遠隔地からの調整や現場でのサポートを提供して、危機の最前線にいる人たちを支援しています。実際、インターシステムズの技術は、世界中の50以上の顧客プロジェクトの中心にあり、パンデミックに直接対応しています。

2月の中国危機の真っ只中、私たちはアムケア女性・子供病院と共同で、北京の宝達キャンパスで TrakCare を稼働させました。パンデミックの真っ只中での統合医療情報システムの立ち上げには多くの課題がありましたが、私たちは成功しました。チームの力とコミットメントを活かし、6名の技術者を派遣して現場サポートを行い、さらに3名の技術者を派遣して遠隔支援を行うことで、不測の事態にも迅速に対応できるようにしました。

インターシステムズは、パンデミックの初期段階で最も被害が大きかった地域である武漢省とイタリアのローマにある臨時の野外病院と協力して、患者データの流れをサポートし、数日以内にこれらの施設を稼働させることができました。

米国では、ニューヨーク市とロングアイランドの人々にサービスを提供している国内最大の公的 医療情報交換組織 である Healthix と協力して、290 万件以上のアラートを発信し、臨床医が患者のケア状況の更新情報を知らせました。Healthix は、2020年3月18日から4月23日までの間に、InterSystems HealthShare を活用して、COVID-19 の検査結果に特に関連する170万件以上のアラートを配信しました。

これらは、インターシステムズが過去数ヶ月間に、多くのお客様支援しパンデミック状況下での要求に応えるために取り組んできた、多くの刺激的なプロジェクトのほんの一部に過ぎません。

TrakCare の副社長としての在職期間を振り返ってみると、インターシステムズを今日の会社にしてくれた人々と、私が築いてきた永続的な関係が最も心に残っています。過去16年間、私は常に、仲間のサポートとお互いの尊敬の念、そして物事を効果的に進める彼らの能力に驚かされてきました。これらの中核的価値観は、ここ数ヶ月の間に試されてきましたが、揺らぐことはありませんでした。

COVID-19 の後、将来や「日常」がどのようになるのか、多くの不確実性が残っていますが、私が確かに分かることは、インターシステムズは、従業員からも信頼されるようになった揺るぎない情熱、粘り強さ、そして決意をもって、日々お客様にサービスを提供し続けていくということです。

 
Christine Chapman(クリスティン・チャップマン)
グローバルな電子カルテ(EHR)と統合医療情報システムであるInterSystems TrakCare のすべての側面を管理する InterSystems TrakCare の副社長。(このソリューションは世界25カ国で展開されていますが、米国での販売はない)インターシステムズ入社以前は、Superior Consultant、Picis、Compucare/Quadramed など、米国を拠点とするヘルスケア・テクノロジー企業数社で上級職を務めていた。
 

あなたが好きかもしれない他の投稿