Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

利用を加速させる:仮想メンタルヘルスケアの拡大

友人のジーンが息子の高校から電話を受け、息子が授業に出てこず、友達は彼が自殺するのではないかと心配していると聞いた時、彼女は何百マイルも離れたところで仕事の打ち合わせをしていました。私が彼女から連絡を受けた時には、家族は短い入院生活を終え、彼女の息子のうつ病との闘いを慎重に乗り越えていました。でも私が最も驚いたことは、彼女がもっと恐怖だったことは、距離の無力さではなく、息子の人生や将来への恐怖ではなく、将来を導いてくれるセラピストを見つけることの難しさだと説明したことでした。

ジーンと彼女の夫は、夫の職場である連邦政府の手厚い健康保険に加入しています。彼らは高度な精神的な医療が受けられるとランクされた地域に住んでいます。それでも、通院が可能な範囲で、よいセラピストを見つけるまでには、地域すべての医師に数えきれないほどの電話をし、最終的には大きな費用がかかりました。彼らは、その範囲内では、彼らの保険を受けいれ、あるいは待機が6ヶ月以内で診てくれる医師は、誰もみつかりませんでした。

ジーンの息子は幸運な人の一人です。 CDC によると、米国では5人に1人の子供が精神的、感情的、または行動的障害を持っていますが、それらのほんの20%しか専門のメンタルヘルス医療機関からのケアを受けられないと言います。多くは保険に加入していません。入っていても、保険で支払われる金額が低すぎて医療機関が受け入れないため、彼らの保険は本質的に無価値であることがわかります。またある方々は、 メンタルヘルスの診療医療機関が少なすぎる地域に住んでいたり、それらの医療機関が利用できない、あるいは距離やそこに行く時間とコストのために、治療を受けることができません。

COVID が主導するテレヘルス/バーチャルケア/デジタル医療の急増に私が勇気づけられている多くの理由の一つは、メンタルヘルスケアの不平等に対処するのに役立つ可能性があるからです。隔離される前は、私たちのリビングルームでマイケル・フェルプスが「すべての人のためのセラピー」として遠隔治療を提供する Talkspace を宣伝していました - 地理的制約のないケアへの低価格のアプローチです。しかし現在、私が知っているすべてのメンタルヘルス医療機関は、リモートケアモデルに適応しています(必ずしも満足しているわけではありません)。一方で、AI を使ったメンタルヘルス・チャットボット、接続されたパーソナルデバイスに組み込まれたセンサー、ゲームやバーチャルリアリティベースの治療法、その他多くの情報による介入が、メンタルヘルス治療の選択肢を広げています。また、これらの利用はさらに拡大し、コストを削減する機会を提供しています。

アルバート・アインシュタインは、あらゆる危機の中に大きなチャンスがあると言ったはずです。私の希望は、COVID-19 の危機によって加速されたバーチャルケア改革、すべての人のためのメンタルヘルスサービスの利用を根本的に変える機会を生み出すことです。

2020年7月29日午後1時(米国東部標準時)に予定されているウェビナーをお見逃しなく。

Covid-19 の大流行の中で、バーチャルケアとデジタルヘルスツールの活用が急上昇しています。患者の中には、対面での診察を避け、代わりに電話やメール、ビデオチャットで臨床医とコミュニケーションをとる人が増えています。このような急速な変化は、診療をより便利に、よりシームレスに、より簡単にアクセスできるようにするなどの明確な利点をもたらす可能性があります。しかし、潜在的な課題は何でしょうか。また、バーチャルケアへの移行にはどのような要素があるのでしょうか。
登録はこちらから。

 
キャスリン・アラー
InterSystems HealthShareのビジネス開発をリード。医療と技術分野において30年以上の経験をもち、患者エンゲージメント、エンタープライズインテリジェンス、電子健康記録、医療情報共有、品質とパフォーマンス測定の専門知識を有する。
Twitter: @KathleenAller
 

あなたが好きかもしれない他の投稿