インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

電子株取引の未来

自動化されたアルゴリズム取引の進歩は、データに基づく直感的な予測といったプロセスから、データ、スピード、機械駆動型のプロセスへとビジネスを大きく変化させました。

クレディ・スイスのグローバル・エクイティ・テクノロジー担当マネージング・ディレクターであるマリネラ・トゥドラン氏は、最近開催された朝食イベントで、テクノロジーを駆使した最新のエクイティ・ビジネスの運営について、ラリー・タブ氏と出席者にその洞察を語りました。

クレディ・スイスのグローバル株式テクノロジー担当マネージング・ディレクターであるマリネラ・トゥドラン氏は、株式取引の未来は、より速く、よりスマートに、機械によって強化され、よりコンプライアンスに準拠したものであると述べています。インターシステムズ主催の朝食会で、トゥドラン氏は、ルーマニアで育ったこと、日本で女性ソフトウェア・エンジニアであったこと、クレディ・スイスで最先端のトレーディング・テクノロジーを開発してきた20年の経験など、幅広い話題について話してくれました。さらに、主に電子株取引の将来について意見を述べました。

自動化されたアルゴリズミック取引の進展により、ビジネスはデータに基づく直感的な予測を中心としたプロセスから、データ、スピード、機械駆動型のプロセスへと大きく変化しました。取引所の数が増え、市場データの量とスピードがほぼ対数的に増加したため、これは革命的なものでしたが、広く期待されていたものでした。今日の市場では、洗練された技術の助けなしでは、生成される情報量に追いつくことは不可能です。今日の取引では、1秒間に1,500万から2,000万のメッセージが毎日大量に送信されています。そして、そのデータの大部分は米国のオプションのためのものですが、株式市場で作成されるデータは、1秒間に500万通のメッセージに簡単に達することができます。

株式ビジネスを運営するための鍵は、この情報を素早く消費し、分析し、取引の意思決定に利用することです。そうでなければ、探している流動性が他の誰かに奪われてしまう可能性があります。これを実現するためには、ナノ秒(10億分の1秒)という高いレイテンシーでの取引が可能な柔軟なインフラストラクチャが必要です。

クレディ・スイスのグローバル・エクイティ・テクノロジー担当マネージング・ディレクターが気をつけなければならないことは、このビジネスには多くの側面があることです。第一に、どのようにして効率的、効果的、迅速に情報を収集するか。第二に、インメモリ・ストレージなどの新しいデータ管理技術をどのように活用するか。そして第三に、データを取得した後、どのようにしてデータを分析するのがベストなのかということです。

トゥドラン氏は、クレディ・スイスがマイクロ・タクティクスを導入して、アルゴの意思決定を、中央のハブがすべての実行取引をガイドする中央集権的な指揮統制構造から、中央のハブが全体的なマクロ戦略を調整しながら、様々な取引所に配置された半自動化した実行エンジンに制御性を高める分散モデルへと変化させたという貴重な思い出を話してくれました。これにより、クレディ・スイスの実行エンジンは、取引決定前に取引所データを中央ハブで集約、正規化、合成する従来のアルゴリズムでは事実上不可能であった、より迅速な取引を可能にし、市場のペースを維持することが可能になりました。

トゥドラン氏によると、この種の高速テクノロジーは、クラウド構造の中で実装するには動きが速すぎますが、資本市場テクノロジーの重要な側面としてクラウドテクノロジーがますます重要になってきていると指摘しています。クラウドがデータを保存し、バックテストし、分析する能力は他に類を見ないものであり、ビジネスの重要な側面となるだろう、と同氏は述べています。また、AIや機械学習技術は、クラウドインフラとクラウドに保存されたデータを活用して、取引アルゴリズムだけでなく、銀行や投資顧問会社が提供する多くのコアサービスの指示、ターゲット、チューニングを支援することになることでしょう。

将来を予測することは難しいですが、従業員とテクノロジーの組み合わせが、トレーディング、銀行、投資の未来を支配する勝利の方程式になるとトゥドラン氏は確信していると言います。

最後に、私たちが議論したビジネスの重要な側面は、ガバナンスとコンプライアンスでした。トゥドラン氏は、テクノロジーが業界を前進させ、データと分析がビジネスの重要な側面になるとの信念を改めて述べ、テクノロジーがコンプライアンスとガバナンスにおいて果たす避けられない重要な役割について議論しました。

私たちの市場におけるガバナンスの役割は、これまで以上に重要になっています。金融危機後の規則が商品の取引方法や銀行・取引部門の透明性を変えただけでなく、テクノロジーの量が増え、データが増殖したことで、業界が必要とするコンプライアンス、リスク、規制報告のレベルに手動で追いつくことは事実上不可能になりました。RegTech(Regulatory + Technology)の能力が拡大するにつれ、テクノロジーを採用して膨大なルールやガイドラインを確実に遵守している企業が増えていくでしょう。

新しい10年に入り、世界的な金融危機からさらに遠ざかるにつれ、イノベーションは株式ビジネスにおいてますます重要な側面を持つようになっています。このテーマは、クレディ・スイスのグローバル・エクイティ・トレーディング・テクノロジー部門の責任者であるマリネラ・トゥドラン氏が、朝食会で見事に表現してくれました。イベントのスポンサーであるインターシステムズ、そして参加者の皆様とともに、データ、スピード、取引に関する彼女の知恵を共有することを可能にしてくれたクレディ・スイスのマリネラ氏と彼女のチームに感謝したいと思います。このイベントは、すべての人にとって学びの多い経験となりました。

このブログは TabbFORUM に投稿されたものの再掲です。

TabbFORUM は、資本市場の専門家が自分のアイデアやソートリーダーシップを仲間と共有するためのプラットフォームを提供するオープンなコミュニティです。掲載されている意見や見解は、執筆者のものです。それらは必ずしもTABBグループ、そのアナリスト、TabbFORUM およびその編集者、またはそれらの従業員、関連会社、パートナーの意見を反映するものではありません。

 

著者について

ラリー・タブ(Larry Tabb)
ブルームバーグ市場構造調査部長

ブルームバーグの市場構造調査の責任者。元Tabb Advisors社の独立系アナリスト兼コンサルタントで、金融市場、フィンテック、資本/金融市場の問題に取り組んでいます。また、資本市場に特化した調査・戦略アドバイザリー会社であるTABB Groupの創設者兼調査会長、TowerGroupの証券・投資部門の副社長を務め、資本市場、投資管理、リテール証券会社、ウェルスマネジメント部門の調査を管理していました。また、CFTC技術諮問委員会の自動取引・高頻度取引(HFT)に関する小委員会のメンバーを務め、上院証券・保険・投資小委員会の「コンピュータ化された取引―この道のルールはどうあるべきか?」に関するセッションでも証言しています。ラリーは、ウォール・ストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズ、AP通信、ニューヨーク・タイムズ、CNN、ブルームバーグ、CNBC、ロイター、ダウ・ジョーンズ・ニュース、バロンズ、フォーブス、ビジネス・ウィーク、フィナンシャル・ニュース、その他の主要なビジネス・メディアで幅広く引用されています。

あなたが好きかもしれない他の投稿。