インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

アジリティへの3つの鍵:インターシステムズ・バーチャル・サミットのご紹介

今年のグローバルサミットのユーザーカンファレンスは、10月20日から11月5日まで Virtual Summit 2020 としてオンラインで開催されます。今年のテーマは、これ以上に、今の世の中に関連性の高いものはありません。即ち "適応力のある組織の創造 "です。

インターシステムズブランドの中核を成すものは、お客様やパートナーのニーズに迅速に対応する能力であり、そのニーズが、ハードウェアの故障や時代遅れのプロセスのようなお客様の内部的な課題から来るものであれ、COVID-19 の脅威のような外部の力から来るものであれ、どのようなものであってもです。パンデミックが発生して以来、当社のサービスサポートのリクエストの数はほぼ安定していますが、クライアントサービスの責任者であるジョン・パラディーノは、リクエストの緊急性が急増していることを明かしています。組織はこれまで以上に迅速に対応する必要があります。

このバーチャルカンファレンスは、当社のテーマでもある "Creating an Adaptive Organization(適応力の高い組織の創造) "に関連して、当社の技術者、開発チーム、製品リーダー、顧客やパートナーと交流し、学ぶことができる素晴らしい機会です。技術に精通したエグゼクティブからテクニカルマネージャー、開発者まで、誰もが楽しめる内容となっています。

カンファレンスの冒頭では、当社の CEO であり創業者でもあるテリー・レーガンが、あらゆる嵐を乗り切ることができる適応性のある企業を構築するための3つの鍵について説明します。対応力のあるパートナー、アジャイル・テクノロジー、クリーンで使いやすいデータの組み合わせが、組織を機敏で柔軟なものにし、次に何が起きても対応できるようにする方法を説くレーガンの言葉は必見です。また、これがお客様にとってどのような意味を持つのかをより詳しく知りたい方は、データプラットフォームの責任者であるスコット・グナウが「データプラットフォームに対する当社のビジョン」について説明しますので、ご期待ください。データプラットフォームのビジョン:次の展開への準備」についてお話しします。

ここでは、私が受けた質問のいくつかを、私の回答とともに紹介します。

Q: COVID-19 とそれがビジネスにどのような影響を与えたかについてのコンテンツはありますか?

A: ここでは、スピーカーが前例のない挑戦に直面してどのように適応してきたかを共有する基調講演のうちの3つだけをご紹介します。

  • 10 月 21 日のパネル「金融サービス:不確実性の時代における適応力」は必見です。このパネルでは、クレディ・スイス、ブロードリッジ、ブラジル銀行のリーダーが、COVID-19が発生した直後に市場が大混乱に陥ったときに何が起こったのか、そして将来の課題に向けて組織や顧客がどのように準備をしているのかについて議論します。
  • MGH、MIT、ハーバード大学のレーガン研究所の創設ディレクターであるブルース・ウォーカー博士が、「COVID ワクチンの探求とライフサイエンスにおける俊敏性の必要性」と題して講演します。ウォーカー博士の講演は、どのような分野の研究者であっても関連性のあるものです。そのためには、真の敏捷性が必要でした。
  • MITのフィオーナ・マレー教授は、イノベーションとそれが適応性と柔軟性においてどのように主導的役割を果たすかについて国際的に認められた専門家であり、「イノベーションと適応力」と題して、COVID-19 の危機の教訓をもとに議論します。COVID-19 の危機を教訓として、「イノベーションと適応:レジリエンスのある組織の作り方」について議論します。マレー氏は、将来のビジョンを描き出すための実験と学習のループの役割について議論し、適応力があり、包括的で、対応力のある組織を作るために立ちはだかる可能性のある障害や偏見を特定します。

Q: 私のチームや私がアクセスできる他のコンテンツはありますか?

A: 今年のコンテンツは「適応力のある組織の構築」に焦点を当てており、あらゆる混乱に耐えられるようにするための情報が豊富に掲載されています。

  • お客様やパートナー、製品担当者、外部の研究者から、お客様のニーズに対応するために組織が現在どのように当社の製品を活用しているか、当社の製品が今後もどのように適応性を可能にしていくか、柔軟性の必要性が研究開発にどのような影響を与えているかについて、しっかりとした理解を得ることができます。
  • また、当社の技術スタッフから、現在の当社の技術を使用するためのベストプラクティス、特に変化に迅速に適応するために当社の技術を使用するためのベストプラクティスを聞くことができます。
  • 専門家によるハンズオン演習から、当社のキーテクノロジーがどのようにお客様のために機能するかを学ぶことができます。
  • 学習、サポート、製品の専門家とのプライベートな相談ができ、あらゆる質問にお答えします。

Q: セッションは何曜日と何時に行われますか?

A: お客様のご都合に合わせて、すべてのセッションを2つの異なる時間帯で実施し、セッションはオンデマンドでもご覧いただけます。

  • 基調講演:10月20日~22日お客様、業界のリーダー、インターシステムズの役員が、適応型組織の構築方法についてのアイデアを共有しています。
  • フォーカスセッション:10月27日~29日インターシステムズのベストプラクティス、新技術、製品ロードマップをご覧になり、インターシステムズがどのように組織の未来に貢献できるかをご確認ください。トピック分野は以下の通りです。分析、MLとAI、クラウド・オペレーションとDevOps、セキュリティ、スピードとスケールなど。
  • Ask the Experts (専門家に聞く): 10月30日、11月2日学習サービス、製品開発、サポート、製品管理チームのメンバーとのマンツーマンセッションにお申し込みください。
  • エクスペリエンスラボ: 11月2日~5日丁寧な支援をさせていただくライブ・セッションで、当社のテクノロジーをハンズオンで体験してみませんか。

Q: InterSystems Virtual Summit 2020 の登録方法を教えてください。

A: ここから参加して登録するか、指定された時間にライブで視聴してください。

参加費は無料で、お好きなだけ時間を割くことができます(セッションは20分のみ)。

レジリエンス(回復力)が今ほど重要な時はありません。成功への3つの鍵、データを活用して目標を達成するために役立つ製品のビジョン、組織を俊敏にし、対応力を高め、将来に備えるためのエキサイティングな新機能、手法、ベストプラクティスについての詳細をご紹介します。

*各セッションは、ライブ配信後オンデマンドで視聴することができます。是非、ご参加ください。

 
ケイト・ケネディ(Kate Kennedy)
データプラットフォームマーケティング担当マネジャー
インターシステムズ

インターシステムズでデータ・プラットフォーム・ソフトウェアの製品およびインダストリーマーケティングを担当。インターシステムズ本社およびヘルスケア製品のマーケティングチームに勤務した経験がある。ボストン大学でMBAを取得。

 

あなたが好きかもしれない他の投稿。