Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

デジタル変革:逆から見た視点

当社の技術はデジタル変革の取り組みにおいて、しばしば重要な要となっています。私たちは、当社の技術を使って、サイロを壊して情報を共有し、統合されたデータからインサイトを得られるようお客様を支援しています。当社インターシステムズを含め全てのビジネスでは、このデジタル世界での変化のスピードに対応するという同じ課題を持っています。

しかし、時として、お客様の課題解決に忙殺され、自分自身を見る事ができないことがあります。

では、内側から見たデジタル変革とはどのようなものでしょうか。ここにいくつかの考えを記します。

当社が パートナープログラムを再構築し、 パートナー・ハブの制作を始めた時、注力したものは、大きなデジタル変革への取り組みではありませんでした。もう少し緩やかなゴール、すなわち、パートナーの皆様との情報共有を改善することを目指して始めました。

そして気づいたことは、この取り組みが、デジタル変革という枠組みであったことです。 デジタル変革の定義を考える最良な方法は、デジタル変革、技術トレンド、マーケティング改革、ビジネス戦略のソートリーダであるグレッグ・ベルディーノ(Greg Verdino)が示しています。

"デジタル変革とは、デジタルに慣れた顧客がすでに期待しているものと、アナログ企業が実際に提供するものとの間のギャップを埋めるものである。"

私自身チャネルマネージャとして、他社とビジネスをするための急な学習曲線のことは理解しています。インターシステムズを含め他の組織がどのように機能しているのかを理解するのは、大きな労力がかかります。

私たち自身のことを見つめれば見つめるほど、より多くの分野で熟成した変革分野があることが分かってきました。インターシステムズは1978年からビジネスを行っており、多くのトレンドとともに成長し進化してきました。しかし、よく言われるゆでガエルのように、私たちは自分たちがやっているビジネスのやり方に、なれて行きました。私たちは自分たちのプロセスを毎日行っており、そのやり方に精通してきます。そして、私たちに関わる他の全ての方もまた、それを理解していると思い込んでしまいます。しかし、インターシステムズとはあまり頻繁にやり取りのないパートナー様、あるいは取引を始めたばかりのパートナー様にとっては、当社のやっていることを理解し、どのように支援を受ければよいのかは、難しいことがあります。

そこで、私たちは当社のプロセスとパートナー様のデジタルへの期待との溝を調べることにしました。

こうした旅を経て、最初の目的地である パートナー・ハブを発表することを、嬉しく思います。これは最初のステップであり、この旅は続きます。デジタル変革の重要な側面は、間違いを恐れず挑戦し、それが上手く行かない時に修正し、その時にはより改善をしてゆくという意思です。

そして、私たちのパートナーである皆さまへのお願いは、極めてシンプルです。私たちの取り組みに対してご意見をお聞かせください。継続したフィードバックを頂けると大変有難く思います。当社が皆さまの変革を支援していたとしても、皆さまは当社のビジネスのデジタル変革へのプロセスを、決して休ませることはなさらないでください。

また、パートナーの皆様への当社のユニークな約束を再確認させてください。インターシステムズは、実際の従業員との会話をするという選択肢のないセルフサービスプロセスを提供して、皆さまを当惑させるような組織には決してなりません。これがシンプルに、インターシステムズでないことです。当社は、人との深い関係を大切にする企業であり、そうあり続けます。こうした企業であるために、当社のデジタル変革の取り組みは、興味深い歪みに直面しています。賢くデジタル化を進め、かつ当社自身の在り方とプロセスでのユニークさを失わないということです。

インターシステムズでは、パートナー・ハブをハンズオンでお試しいただく学習セッションを企画しています。これは、皆さまに改善提言をいただいたり、皆さまのビジネスを加速するのに当社がどのように支援できるのかについて、パートナーチームと議論をする機会でもあります。どうぞ InterSystems Global Summit 2019へお越しください。

「インターシステムズはお客様のために存在し、全てにおいて卓越していることを目指しています。私たちは、お客様の長期的な未来と成功を支え、お客様に信頼いただけるような企業であることに全力を尽くします。」 テリー・レーガン インターシステムズ 創始者・CEO

 
Todd Winey
Todd Winey は、InterSystems HealthShare の戦略市場担当シニアアドバイザーです。 彼は20年以上の医療IT経験を持っています。

 

あなたが好きかもしれない他の投稿

InterSystems IRIS 2022.1では、いくつかの重要な領域が改善され、アプリケーション開発者がこれまで以上に簡単かつ強力にデータを活用できるようになります。
Director of Product Management - Data Platforms, System Development
Learn more about how to solve the data silo problem within your organization and the benefits you can unlock by harnessing disparate data in this recap of a webinar presented with the Economist.
Global Head of Product and Industry Marketing