あなたが知るべき女性たち。ジュリー・スミス

*原文は2021年8月25日、HIT Like a Girl Podcastのこちらのページに掲載されています。

Smith Julieジュリー・スミスは、ヘルスケア業界で最も優れた企業のひとつであるインターシステムズ社のHealthShareチームで、重要な仕事を担っています。彼女は、インターシステムズ社のHealthShareチームのクリニカルプロダクトリーダーです。「HealthShare は、調整された価値ベースのケアと集団健康管理の基盤となる、地域全体で統一された健康記録を作成します」(インターシステムズ)。このプロセスは、トランザクションの非効率性を軽減し、データが必要なときに正しいデータが正しいサービスの場で利用できるようにするものです。

ジュリーは、医師が患者の全病歴を1つの画面で理解できるよう、HealthShareの機能開発を支援しています。これはとても素晴らしいことです。

ジュリーは正看護師としてキャリアをスタートさせました。現在の彼女の仕事は、ベッドサイドでの看護に留まりません。彼女は、患者さんのケアを向上させるために、情報をグローバルに提供したいと考えています。それは立派なことですが、難しいことでもあります。ジュリーは、健康の公平性に情熱を持っているからこそ、情報を利用できるようにするための努力を続けているのだという。彼女のペイシェント・ジャーニーに対する情熱は、インタビューの随所に現れていました。(こちらからお聞き頂けます)

パンデミックへの対応

ジュリーは、自分のチームがパンデミックの課題をどのように乗り切ったかをとても誇りに思っています。インターシステムズ社の文化のおかげで、COVID危機の際にコミュニケーションが強化され、彼女のチームはより多くの情報を得ることができました。

インターシステムズのエコシステムをご存知であれば、彼らがビッグデータへの挑戦にユニークな資格を持っていることをご存知でしょう。”私たちは皆、オフィスに到着して家に帰されるという驚愕の瞬間を経験しましたが、私たちは一歩も引かずに行動しました。

インターシステムズは、パンデミックの際に透明性の高いデータを提供する、情報のデフォルトの扇動者でした。Covid-19の課題に直面している世界中の医療システムに、手を抜かずに情報を提供するためのツールキットがあることを想像してみてください。インターシステムズはそのツールキットを持っています。

ジュリーは、インターシステムズがどのようにして規制をうまく利用しているのかを説明しました。パンデミックの際には、データガバナンスと規制の柔軟性が非常に重要になりましたが、インターシステムズはその役割を果たしました。

パンデミックで明らかになったのは、個人的な目標と仕事上の目標の両方を達成しながら、柔軟に対応する方法があるということです。オフィスはオフィス、家は家と割り切る必要がある」と語るジュリーは、自宅で仕事をする際、どのようにして境界線を確認し、維持し、制限を設けたのかを語りました。ジュリーは、自然やハイキングなどのアウトドアが大好きです。彼女は、2匹のパンデミックの子犬を養子に迎えたことを認めており、彼らは彼女が集中力を保つのに役立っています。自然を見ることは、「大きな世界では何が可能なのか」を日々思い起こさせてくれます。

ジュリーさんとお話して、HealthShare の機能について知ることができて楽しかったです。

ジュリーとはLinkedInでつながることができます。また、HealthShare についてはこちらをご覧ください。

 

Guest Blogger

InterSystems blogs are authored by members of the InterSystems team as well as guest bloggers. Our blogs will provide a range of opinions that we hope you will find useful, engaging, informative – and fun to read.

コメントを残す

*