退役軍人省の処方薬モニタリングプログラム:データの力で退役軍人のケアを向上させる

この1年間で、米国の医療システムにおいて、医療従事者間のコミュニケーションの改善が非常に重要であることを目の当たりにしました。患者情報へのアクセスや医療従事者間のコミュニケーションが欠如していると、不完全な情報に基づいて医療判断が下されるリスクが高くなります。医療コミュニケーションの改善は、医療従事者が患者の病歴の重要なパターンを見逃すことを防ぎ、規制薬物の過剰処方を回避するのに役立ちます。

コミュニケーションや情報へのアクセスのギャップは、慢性疾患を抱える退役軍人にとって特に問題となります。例えば、米国退役軍人省(VA)のケアを受けている退役軍人は、非退役軍人に比べて通常3倍の慢性疾患を抱えています。また、多くの退役軍人が精神的な問題に直面しており、多くの退役軍人とその家族がVA以外の場所でケアを受けているため、包括的な健康記録をプロバイダーが利用できるようにすることが本当に必要です。

退役軍人庁のPDMP(Prescription Drug Monitoring Program: 処方薬モニタリングプログラム)について

この問題の1つの側面である、VAの臨床医に患者の規制物質処方に関する情報を提供することに対処するため、VAは2020年11月に退役軍人省の州処方薬モニタリングプログラム(PDMP)を設立しました。PDMPは、臨床医に、すべてのケア拠点での完全で集約した規制薬物の処方履歴を提供し、より多くの情報に基づいた意思決定とより良い結果を導くための国家的な取り組みです。

PDMPは、米国の46州を含む49の国の機関で利用されており、米軍の電子医療記録(EHR)のワークフローの中で、医療従事者にリアルタイムでデータを提供しています。このプロジェクトは、MISSION法第134条の要件を満たし、VAが州ベースの処方薬モニタリングプログラムの強固なネットワークに参加するという、VAにとって重要なマイルストーンを達成しています。

可能な限り最高のケアを提供し、退役軍人の健康と福祉を優先するために、当社はPDMPの立ち上げと導入を成功させるためにVAと提携しました。Veterans EZ Info Inc.(VetsEZ)とJ2 Interactiveでは、PDMPを実現するための重要な情報技術(IT)サービスをVAと協力して提供できることを誇りに思っています。今回のプロジェクトでは、パートナー企業であるAppriss Health社Mind Computing社と協力して、数ヶ月のうちに46州で完全に運用されるようになったPDMPの展開を支援しました。

データの相互運用性がもたらす力

PDMPの使命を果たすためには、相互運用性の力が必要でした。PDMPにおける重要な健康情報の交換をサポートするために、VAはVDIF(Veterans Data Integration and Federation Enterprise Platform)を活用しました。これは、VAの既存の電子医療記録システムの臨床データを集約して標準化する縦断的な患者記録です。

InterSystems HealthShare®をベースにしたVDIFは、172のVA医療センターと1,074の外来診療所をサポートする130の異なる電子医療記録インスタンスのデータを接続します。VDIFにより、PDMPは退役軍人健康庁(VHA)内のプロバイダに、すべての患者の規制薬物処方の全履歴を提供することができます。

PDMPのような革新的なプロジェクトを通じて、VAは、すべてのプロバイダーが患者の健康歴に基づいた独自のニーズを理解できるようにしています。私たちは、退役軍人の健康状態を改善し、最終的に命を救うための患者情報の交換をサポートするために、VA社と協力できることを誇りに思います。

 
筆者について

Lou LaRoccaは、ソフトウェア開発者、システムアーキテクト、経営者として30年以上の経験を持ち、ヘルスケア技術のコンサルティングに精通しています。受賞歴のあるソフトウェア開発およびITコンサルティング企業であるJ2 Interactiveの社長兼CEOであり、医療システム、研究機関、医療情報交換、政府機関向けのカスタマイズされたソリューションを専門としています。J2の創業期には主要顧客の開発責任者を務め、今でも機会があればコードを書くことが好きです。ルーは、ハーバード大学でコンピュータサイエンスの学士号を優秀な成績で取得しています。詳細は www.j2interactive.com をご覧ください。

Nathan Popeは、VetsEZのサービスデリバリー部門のVice Presidentです。VetsEZ社のサービス・デリバリー・ポートフォリオ(VAアカウント)に対するリーダーシップと監督を行い、契約履行と顧客の成功に責任を負っています。また、お客様のニーズを解決する革新的なソリューションを見極め、開発することで、VetsEZ社の戦略的成長をサポートしています。Popeは、ヘルスIT、サイバーセキュリティ、コンサルティングサービスを中心に、連邦政府や民間企業の顧客をサポートしてきた15年以上の経験を持っています。また、PMPの資格を持ち、経営学の学士号を取得しています。詳細は www.vetsez.com をご覧ください。

 

Guest Blogger

InterSystems blogs are authored by members of the InterSystems team as well as guest bloggers. Our blogs will provide a range of opinions that we hope you will find useful, engaging, informative – and fun to read.

コメントを残す

*