ヘルスケア分野では、これまで以上に強力なテクノロジー・パートナーシップが必要

テクノロジーの急速な進化は、21世紀の私たちの生活様式のすべてを驚くべき速さで変貌させています。このことは、ヘルスケアの分野ほど顕著であり、私たちの幸福にとって重要なものはありません。アイデアと可能性は、診断と治療のあらゆる面で、わずか20年前には想像もできなかったような加速的なペースで、立ち上げられたイノベーションに変わりつつあります。

しかし、私たちが発明をすればするほど、発明を支える技術の網は複雑になっていきます。サイロ化された能力に市場はほとんど寛容ではありません。最高の創造物は、それを支える技術と接続された技術、そしてそれに伴う知識の共有によって繁栄していくのです。ここでは、Guerbet社とインターシステムズが協力して、Guerbet社の画像用造影剤のデジタルトランスフォーメーションを実現した例を紹介します。

医薬品、医療機器、デジタルおよびAIソリューションを包括的に提供する世界的な医療画像機器のリーダーであるGuerbet社では、Contrast&Care® 製品の長期にわたる連続的な改善により、造影剤注入管理を大きく前進させてきました。

しかし、当社の製品が生きているエコシステム、つまり現代の画像センターは、近年爆発的に複雑化しています。CTやMRIなどのイメージングモダリティにはそれぞれ独自のデータタイプと標準があり、デジタルアーカイブ用のPACSや患者データ収集とワークフロー管理用のRISなどの他の技術も同様です。

さらに、ユビキタスな電子カルテによる相互運用性の要件も加わり、データ管理の課題は完璧な嵐となっています。このような環境での有効性は、システム同士の相互運用だけではありません。今日では、補完的なデジタルソリューションが必要であり、患者の安全とケアの提供に直接影響を与えます。

偏見に聞こえるかもしれませんが、私はGuerbetには世界で最も革新的で有能な製品開発グループがあり、臨床チームが患者ケアを向上させるために造影剤管理を最適化することに注力していると強く信じています。しかし、今日の多様な技術を持つ画像センターのデータ管理と相互運用性の要件を解決することになると、アメリカの表現を借りれば、それは私たちの専門分野ではないことがわかっていました。

そこで私たちは、技術パートナーを探し回りました。最初にインターシステムズに会ったのは、インターシステムズがデータ管理と相互運用性に対する業界をリードするアプローチを専門としていることを知っていたからです。しかし、インターシステムズの能力を知れば知るほど、サイバーセキュリティとクラウド展開の分野での専門知識の価値が見えてきました。

私たちは、Contrast&Careソリューションの展開を最適化するために、InterSystems IRIS for Health™プラットフォームを選択しました。このプロジェクトでインターシステムズのチームと協力したことで、私たちは技術的な目標を達成しただけでなく、協力的な関係を構築し、インターシステムズのチームが提供してくれる卓越したレベルのカスタマーサポートのおかげで、医療技術のイノベーターとして学び、成長することができました。

インターシステムズは、テクノロジー・ベンダーとして期待される成果物を超えて、当社との真のパートナーシップを確立するために努力してくれました。

私は、このようなコラボレーション・アプローチを実際に体験してきましたが、このアプローチが、医療のイノベーションと改善を成功に導く補完的で接続された技術の創出に向けた今後の鍵となると確信しています。そして今、このことがこれまで以上に重要になってきています。

 
Guerbet社のソリューション事例については、こちらのウェビナー「患者のアウトカムを改善する高度な接続性と相互運用性(字幕付き)」も合わせてご覧ください。

 
著者について
Adan Martinは、Guerbetの新規事業戦略の責任者です。幅広いヘルスケア分野で豊富な経験を持つ、経験豊富な多国籍企業の製品戦略と開発リーダーであり、バイオエンジニアとしての経歴を持ちます。グローバルな状況下での健康技術ソリューションの革新、開発、商業化を支援することに専念しています。
 

Guest Blogger

InterSystems blogs are authored by members of the InterSystems team as well as guest bloggers. Our blogs will provide a range of opinions that we hope you will find useful, engaging, informative – and fun to read.

コメントを残す

*