パンデミック対策における相互運用性の役割

新型コロナウイルスのパンデミックが世界的に広まり始めると、連邦政府と州の対応に多くの話題が集中しました。ほとんどの人にとって、医療情報技術の役割は、驚異的な感染率と死亡者数の陰に隠れたままでした。しかし、相互運用性が公衆衛生の対応を調整する上で重要であることが判明しました。

eHealth Exchange のエグゼクティブ・ディレクターであるジェイ・ナカシマ氏に、新型コロナウイルスのパンデミックに対応するために、彼の組織がどのように注力分野を再設定したかについて話を聞きました。私たちが発見したことは、いくつかの点で注目に値するものでした。

  • 健康情報ネットワークは、医療提供組織と公衆衛生機関をシームレスな方法で接続し、他の方法では得られなかったであろうより強力な対応を支援しました。
  • eHealth Exchangeは、医療機関、医師、患者が、ほとんどすべてのことが自分の手に負えないと思われていた時代に、ある程度の主体性を取り戻すことを可能にする取り組みを開始しました。
  • 相互運用性は、パンデミックの時代には、平和な時代と同様に重要であると考えられています。

しかし、連邦組織と非連邦組織を結ぶデータネットワークを持つ eHealth Exchange は、どのようにして新型コロナウイルス対策を展開したのでしょうか? InterSystems Healthy Data のこのエピソードでは、ナカシマ氏は、電子症例報告、事前ケアプランと指示書、そしてPULSE として知られる緊急時のための患者統合ルックアップシステムの新しい取り組みについて話しています。

もちろん、米国をはじめとする各国は、シームレスで包括的な相互運用性を実現するために、まだやるべきことがあります。ナカシマ氏はまた、COVID-19 が歴史に刻まれた後も、医療やテクノロジーのリーダーたちはどのようにしてこの課題を進めることができるのか、そしてなぜそうしなければならないのかについても言及しています。
*このポットキャストは英語です。

 

 

ホスト/著者について

ジャック・マーサは、医療と技術の交流分野が専門のデジタルストリーテラーです。Twitter はこちら。

 
 
トム・キャッスルは、誇大広告が渦巻く中で、大きなアクションを起こす人から支持されています。10年以上に渡り、行動を起こす人々や組織が、受けるべき注目を得られるよう、彼らのストーリを作り、戦略を構築する支援をしています。すべてが、より公平な世界へ向かう過程という名の下に。Twitter はこちら

 

Guest Blogger

InterSystems blogs are authored by members of the InterSystems team as well as guest bloggers. Our blogs will provide a range of opinions that we hope you will find useful, engaging, informative – and fun to read.

コメントを残す

*