Podcast: 健康なデータがヘルスケアをどう救うか?

インターシステムズのヘルスケア部門の責任者であるドン・ウッドロックは、HLTH Matters Podcastに登場し、データが、患者だけでなく、医師、研究者、公衆衛生管理者にとっても、ヘルスケアの改善に欠かせない貴重な資産である理由について語りました。健全なデータがあれば、人の命を救うことができると彼は主張します。詳しくは以下のリンクをクリックしてください。

そもそも健全なデータとは何でしょうか?ウッドロックは、「システムから解放された情報」だと言います。つまり、発生源のシステムで他のデータから分離されているのではなく、統一され、標準化され、医師が必要なときに必要な場所で利用できる情報のことです。

HLTH Matters Podcastは、ウッドロックにインタビューを行い、彼は健全なデータと不健全なデータの違いを説明しました。健全なデータと不健全なデータの違いは何か、なぜ医療機関が医療データ管理の新技術に対応できないのか、医療機関が健全なデータを活用するシステムを構築することで何が可能になるのか、などについて考察しました。主なポイントは以下の通りです。

  • 不健全なデータはシステム内に閉じ込められ、ワークフローに組み込むことができないため、無駄なリソースとして放置されてしまいます。一方、健全なデータは、強力な基礎ツールとして医療組織間で流通します。
  • 健康情報のデジタル化は、すでに研究、公衆衛生、患者のケアを向上させていますが、次のレベルに到達する方法は一つしかありません。それは、健全なデータが全方向に流れる方法を確立することです。ダッシュボードや電子カルテは分析に大きな変化をもたらしていますが、分析結果をワークフローに分断なくに戻すことができなければ、医療は大きな壁にぶつかります。
  • 画像や創薬の分野では好調なスタートを切ったものの、医療のための機械学習はまだ問題解決のピークに達していません。ウッドロックによると、この遅れは技術的な問題ではなく、不健全なデータのせいだといいます。

健康的なデータについて語れるのは誰でしょう。それは、ウッドロックです。ウッドロックは、患者や臨床医が使いやすい健康情報を得られるようにするための、医療ITの分野でキャリアを積んできました。彼は、インターシステムズのヘルスケア事業部の責任者として、先進的な相互運用性プラットフォームであるHealthShareや、統合電子カルテシステムであるTrakCareを統括しています。

HLTH Matters Podcastの中でウッドロックは、医療データ管理の不備の実例を挙げ、健全なデータがどのように医療を補強し、命を救うことができるかを説明しています。ウッドロックは、オピオイド使用障害のある28歳の患者が、亡くなる前の2ヶ月間に7つの異なるクリニックを受診したケースを紹介しています。もしこれらの医療機関が長期的な健康記録を活用していたら、臨床医は患者の状態の全体像を把握できたかもしれません。このようなデータがあれば、患者の死を防ぐことができたかもしれません。

ウッドロックは、人工知能と機械学習が進むべき道であると楽観的に考えていますが、この未来を実現するためには、健全なデータが必要です。健全なデータは、無限の研究、機械学習の強化、そしてすべての患者が最も重要なときに受けられる個別化医療への扉を開くことができる鍵なのです。

ドン・ウッドロックが語るフルバージョンのHLTH Matters Podcast は、こちらからお聞きください

 

Guest Blogger

InterSystems blogs are authored by members of the InterSystems team as well as guest bloggers. Our blogs will provide a range of opinions that we hope you will find useful, engaging, informative – and fun to read.

コメントを残す

*