医療 e-Innovation の処方:HIMSS Europe 2019

「薬剤師は、地域の業者から原材料を得て調剤をしていました。業者は海外とのコンタクトがあり、あるいは、海外に住む人から、外来製品や薬品を手にすることができました。時には、薬剤師は自分で薬草を育てることもありました。」

これは、薬屋の庭として1452年に最初に記述されたものです。

先日ヘルシンキで開催された HIMSS and Health2.0 European Conference のすぐあと、私は、欧州で最古の薬局を運営している企業の1つである Raeapteek を訪問しました。私にとって、歴史的な慣習からの上記の記述は、このカンファレンスを総括するものです。私たちは、地元あるいはグローバルな医療コミュニティでの知識、経験から、革新的なものと通常のものを統合して、eHealth の庭を耕しているのです。

私が得たいくつかの考え:

標準は大切である― 変革を推し進める政府の役割を発表するなかで、オランダの医療・福祉・スポーツ省の副大臣であるエリク・ギャリツェン氏は、相互運用性と標準について、価値と技術の形を表現する方法であると説明しました。プライバシー、同意の尊重を重視し、確実に情報フローが意味ある形で行う時、私たちは倫理的イノベーションを実現します。

情報資産を深堀する― 自身のデータ投資をより効率的に使う必要があります。医療情報収集では長い歴史をもつフィンランドは、医療・健康と社会的ケアデータの革新的な使用について、試験提供を欲しており、その一方で、フィンランド市民は、その結果により早くアクセスできることでの利益を得ます。

壁はもはや重要でない― すべての IT 展示会では、病院の壁を越えてケアへの移行を行う多くのデバイスの展示があるように思います。この展示会も例外ではありません。多くの国のパビリオンでは、その市民の創造的な思考が展示されていました。私にとって残念だったのは、こうしたデバイスが少なすぎたことですが、確実に、大きな医療・ケアエコシステムに繋がっていました。

エンゲージメントを見つける必要がある- 海外のスピーカが話す中で、その中には素晴らしいアプリケーションやアプローチが見られましたが、患者エンゲージメントについては、ルールというよりむしろ未だに例外といった感じでした。患者支援によって発行される共同デザインのビジョンは、ほとんどのヘルス・ケアイニチアチブでは、現実的ではありません。

待つ必要はない― 英国、Birmingham and Solihull Mental Health Trust および MERIT Vanguard の司法精神医学コンサルタントである、ジェームス・リード博士は、デジタル成熟度が低い組織間でも、情報共有することの価値について論じていました。患者が危険な状況にある時、単なる基本情報やケアマネジャーの名前でも、大きな違いになります。

もちろん、そのほかに学んだことは、デジタルヘルスと近代的な製薬環境の時代に、私が生きていることの喜びです。木のシラミやコーヒーハリネズミ、馬の蹄の注射は、処方されたくありませんから。

 
キャスリン・アラー
InterSystems HealthShareのビジネス開発をリード。医療と技術分野において30年以上の経験をもち、患者エンゲージメント、エンタープライズインテリジェンス、電子健康記録、医療情報共有、品質とパフォーマンス測定の専門知識を有する。
Twitter: @KathleenAller
 

Kathleen Aller

Kathleen Aller leads business development for InterSystems HealthShare. She has over 30 years of experience in healthcare and technology, with expertise in patient engagement, enterprise intelligence, electronic health records, healthcare information sharing and quality and performance measurement.

Twitter: @KathleenAller

コメントを残す

*