2021年: CMS相互運用性と患者アクセス最終規則の年

救急救命室の看護師として長年勤務してきた私は、患者が自ら歩いて、あるいは車椅子に乗って来られたり、時にはドアから運ばれてきたりする中で、毎日のように、外部の施設から患者様の記録をどうやって入手するかという問題に直面していました。コミュニケーションが取れない患者様には、アレルギーの可能性のある薬を投与したり、副作用の可能性のある治療を行ったりすることによる危険は、さらに高まります。

そうした中で、病院の管理者として外部の記録へのアクセスを確保し、ネットワークを横断してケアを調整している間に、患者様の検査を繰り返したり、ケアの遅れを経験したりするリスクがあることに気付きました。記録へのアクセス、ポータビリティ、相互運用性を向上させることで、ケアを改善し、来院された患者さんの生活を劇的に向上させることができると確信していました。医療 IT に携わるようになってからは、標準化の欠如、重複する情報の山、一貫性のない情報が当たり前になっていることなど、問題の複雑さを無視することはできませんでした。

真の相互運用性は、いつでもどこからでもアクセスできる統一されたケアレコードへの縦断的で完全なビューに加えて、クリーンで重複排除された共有データを提供することです。これは、継続したケア全体にわたって患者に可能な限りの最善のケアを提供するために不可欠なものです。つまり、時間を節約し、命を救うことができるのです。

このレベルの相互運用性は、2009 年に HITECH (Health Information Technology for Economic and Clinical Health) 法が施行されて以来、米国の医療業界の包括的な目標となっています。この法律の目的は、患者ケアの安全性、質、効率性を向上させながら、米国における電子カルテ(EHR)とそれを支える技術の採用を促進することでした。しかし、HITECH 法が成立してから10年以上が経過した現在、米国ではまだ医療の相互運用性が完全に実現されていません。

インターシステムズのクリニカル・プロダクト・マネージャーとして、私は臨床医と協力して、患者の集約された記録を見て、必要な時に必要な情報を提供し、ケアの提供を向上させるための最善の方法を定める尽力をしています。医療システムでの経験から、米国の医療システムにおける相互運用性の標準化が非常に重要であることを実証しただけでなく、クリーンで集約された医療情報が患者ケアにプラスの効果をもたらすことを実感しました。2020年に発表される規制は、この努力をさらに促進するものです。

2021年1月には、CMS(Centers for Medicare and Medicaid Services)の相互運用性と患者アクセスに関する最終規則(9115-F)の最初の要件が発効されます。これは、患者の健康情報へのアクセスを拡大し、相互運用性を向上させると同時に、保険機関や医療施設の負担を軽減する連邦政府の新しいガイドラインです。

導入ガイドがまだ最終決定されていないため、これらの新しい要件を満たすことは、保険機関や医療施設にとって簡単で簡単なプロセスではないかもしれません。これは、連邦政府の新しい要件を満たすことに伴う課題と、それが患者、医療施設、保険機関にどのような影響を与えるかに対処するために設計されたものです。

HealthShare CMS Solution Pack を使用することで、保険機関は、請求書、臨床データ、医薬品に対する給付金データをフォーマットに関係なく共有し、患者が簡単にアクセスできるように FHIR 4.0.1の形式に変換することができます。さらに、バンドルされたソリューションにより、医療施設は、患者情報やアラートを簡単に交換し、医療施設を移行して、ケアを調整することができます。

臨床医は、この新しい規制の物流面を心配する必要はなく、むしろこの規制が業界にとって何を意味するのかを喜んでいるはずです。当社の顧客は、エンドユーザーが自分の業務を最大限にこなすために必要な技術を確実に装備することができるようになります。

インターシステムズは、今年のバーチャル・グローバル・サミット(10月20日~11月5日)において、ヘルスケアの課題に対処するためにインターシステムズがどのように支援しているかについて、さらに多くの知見を共有します。世界中のインターシステムズのパートナーが、より良い健康とケアのためにどのように情報を共有しているかをご紹介します。

※ HealthShare CMS Solution Packは、日本での販売はされていません。

 
ジュリー・スミス(Julie Smith)
医療提供、臨床情報学、情報技術を通じたヘルスケアの改善に焦点を当てた戦略、プロダクトマネジメント、ソフトウェア開発の経験豊富なリーダー。15年以上の臨床および情報学の専門知識を国内外の舞台で発揮しており、インターシステムズの縦断的健康記録の製品開発を先導し、世界最大級の医療機関や政府が支援する団体にサービスを提供しています。救急救命室の看護師としての彼女の臨床経験は、セーフティネットポピュレーションと災害救援に尽力するものです。

 

Guest Blogger

InterSystems blogs are authored by members of the InterSystems team as well as guest bloggers. Our blogs will provide a range of opinions that we hope you will find useful, engaging, informative – and fun to read.

コメントを残す

*