Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

eHealth Exchangeの相互運用性がパンデミックで力を発揮

全米50州で運用されている eHealth Exchangeは、米国で最も長く運用され、大規模な国民健康情報ネットワークです。eHealth Exchangeは、「1対多接続」モデルを使用して、連邦機関と非連邦組織(米国の75%を超える病院と数万か所の診療所を含む)を接続することで、患者の記録を共有して患者により適切な治療を施したり、ケアの連携を強化するための主要なネットワークです。また、eHealth Exchangeは公衆衛生レポートや品質レポート、身体障がいと保険に関する事項の決定をサポートします。

eHealth Exchangeは、InterSystems HealthShare™ Managed Solutionsを活用して情報交換を強化し、ネットワークをスケーリングするとともに、プッシュ通知や、HL7 FHIR®(Fast Healthcare Interoperability Resources)を使用した分散型のデータレベルのクエリなどの、追加サービスを導入しています。

こうしたサービスの1つが「ブロードキャストクエリ」と呼ばれるもので、eHealth Exchangeの参加組織すべて、またはその一部を対象に、リクエスト1つで患者のデータを検索できます。平常時にeHealth Exchangeの参加組織が十分な情報に基づいて患者を治療するための重要な役割を果たしていたこの機能は、COVID-19のパンデミックの最中では特に役立ちました。そのような状況でもeHealth Exchangeを通じて患者の病歴や記録にアクセスすることができたからです。そうした情報はいつでも入手できるとも、他の方法で知ることができるとも限らず、緊急に必要になることもあります。

もう1つの例は、PULSE(Patient Unified Lookup System for Emergencies)という全国規模の医療向け災害対応ITプラットフォームです。仮設の診療所などの施設で働く公認ボランティアの臨床医は、eHealth Exchangeに接続し、PULSEを使用して患者の詳細な医療記録を検索しながら、より豊富な情報に基づく医療を提供することができます。一刻を争うときには、eHealth ExchangeとPULSEにアクセスすれば、俊敏な分かりやすいシステムから患者の治療に不可欠な情報が提供され、従来型のEHRからの患者の健康データ(患者が服用している薬など)にアクセスすることができます。現在このプラットフォームは、複数の公衆衛生機関がパンデミックに連携して対処する取り組みの一環として活用されています。

もう1つの、このパンデミックの最中にeHealth Exchangeが実現し、今後も継続していく予定の機能拡張は、米国の保健システムと仮設病院で患者の事前指示書にアクセスする機能です。個別健康管理の目標を達成することはいつであろうと重要ですが、現在のように病院やその他の医療施設が訪問者の出入りを制限する必要がある場合には、患者が病室に弁護士を呼べなかったり、自分で話すことができなかったりすることもあるため、この情報の重要性が一層高まっています。隔離して感染を防ぐ必要があるために、デジタルアクセスが不可欠な場合もあります。病院、保健システム、その他の医療提供者は、eHealth Exchangeネットワークに参加しているMyDirectives (eHealth ExchangeディレクトリにはADVault/MyDirectivesと記載)に患者の情報を照会できます。患者がアドバンスケアプランニングの書類を登録していればEHRに取り込まれ、患者が望んでいる治療法や終末期医療についての情報を医療提供者が得ることができます。

[callout_box width=85% align="center"]eHealth Exchange担当役員のJay Nakashima氏は最近、インターシステムズのHealthy Dataポッドキャストで、このパンデミックで一層明らかになった、相互運用性を向上させることの必要性と、それによって患者ケアの向上とコストの削減をどう実現できるかについて、意見を語りました。詳細については InterSystems.com/pulse-blog/をご覧ください。[/callout_box]

 


この事例は、こちらからもご覧頂けます(英語)-2020年5月29日-HealthShare Connections News Flash No.2: COVID-19 Pandemic newsletter

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる
eConsult社は、InterSystems IRIS for Healthを利用して、英国NHSにおけるプライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させています。
ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。