Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

Healthix Innovates to Help Schools and Communities Target Care Needs Amid COVID-19

young patient is examined by his doctor while his mom looks on

CUSTOMER: Healthix

CHALLENGE: New York City's health agency elisted Healthix, a longtime InterSystems HealthShare partner, to collaborate on several other projects designed to keep school children healthy.

OUTCOME: The HIE quickly identity-matched more than 1 million individuals, or 97 percent of the student body. In two months, Healthix uncovered additional diagnoses for 13,000 kids with asthma. The data also revealed missing diagnoses for 9,000 children with depression and 11,000 with anxiety. What’s more, Healthix identified changes to 10,000 students’ clinical data.

When the pandemic hit New York City in 2019, health department officials and clinicians turned to Healthix, one of the nation’s largest public health information exchanges, for help. By turning fragmented data into insights, the HIE enabled the city to perform contact tracing, swiftly connected scores of statewide reference labs while delivering alerts to providers, related to their COVID-19 patients. Public health experts, meanwhile, secured bio surveillance information on testing and vaccinations, down to the zip code.

Healthix emerged as a critical resource for a community in crisis, and the value of its work has proved wide-reaching. After all, the HIE brings in more than 300 million pieces of data — related to lab results, medications, and more — which power 8.7 million outbound alerts every month. This seamless, real-time flow of clinical information serves more than 8,000 healthcare facilities, 18,000 providers, and 20 million patients.

That’s precisely why the city’s health agency enlisted Healthix, a longtime InterSystems HealthShare® partner, to collaborate on several other projects designed to keep school children healthy.

In a unique arrangement, the Office of School Health manages healthcare for students across the five boroughs. In 2021, Healthix began gathering and analyzing data related to encounters, diagnoses, and COVID-19 mortality risk for the organization. The goal was to bolster patient engagement, care coordination, and care management for 6- to 18-year olds with known diagnoses of asthma, diabetes, and several mental health conditions.

The HIE quickly identity-matched more than 1 million individuals, or 97 percent of the student body. In two months, Healthix uncovered additional diagnoses for 13,000 kids with asthma. The data also revealed missing diagnoses for 9,000 children with depression and 11,000 with anxiety. What’s more, Healthix identified changes to 10,000 students’ clinical data.

“Data is most relevant when you’re getting it in real time,” says Todd Rogow, CEO and president of Healthix. “That’s when you can react to the trends and the changes that you’re seeing.”

Todd Rogow
CEO and President, Healthix

Interoperability has also optimized the citywide immunization registry, which houses 4.8 million records containing more than 75 million events related to pediatric vaccinations.

Using a bidirectional exchange, Healthix sends 3,000 messages to the registry each hour, transferring data in real time and even beyond hospital settings. Over the past six months, 100 percent of public clinics and 74 percent of private clinics have reported immunization data. Healthix’s work has empowered the city to make the information on the vast majority of all immunizations available to public health officials, providers, and payers, at a moment’s notice.

As the pandemic progresses, the HIE is poised to expand its role in the fight against COVID-19. But its commitment to the community — and clean, healthy data — all but ensures that Healthix’s mission will outlast any single contagion.

 


This story originally appeared the HealthShare Connections News Flash No.9 - July 22, 2022

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

月刊新医療2024年1月号 掲載記事
市民の生命と健康を守る” という理念の下、2009年に設立した地方独立行政法人 神戸市民病院機構。
第43回医療情報学ランチョンセミナー レポート記事(月刊新医療2024年1月号掲載)
2023年11月23日、インターシステムズジャパンは「第43回医療情報学連合大会/第24回日本医療情報学会学術大会」にてランチョンセミナー 3「すべてのデータを利用する―医療情報の利活用のためのアーキテクチャと連携基盤」を共催した。演者は、山田英雄氏(藤田学園 )、座長は小誌連載企画「医療DXへの道」筆者の山野辺裕二氏(福岡輝栄会病院)が務めた。山田氏は講演で、スマートホスピタル構想実現に向けた同大学の取り組みや、FHIRで標準化したデータ2次利用連携基盤構築について説明。ここに、同セミナーの講演内容を紹介する。
Personalized Digital Nurse
高齢者は、複雑化する医療ニーズに直面しながらも、圧倒的に自宅で過ごしたいと答えています。 それには理由があります。 自立を維持し、地域社会との関わりを保ち、全体として生活の質が向上できるからです。
臨床検査機関
InterSystems IRIS for Healthへの9ヶ月間の移行により、パフォーマンスが30%向上し、新機能によりパルディーニ社の市場における主導的地位が強化されました。
医療機関・医療情報ネットワーク
驚くべきことに、ある人口における米国の平均余命に関係する上位3つの指標は、介護・老人施設への入居率、精神衛生上の問題、そして歯の喪失率です¹。 これらの指標の背景にある所得水準、介護へのアクセス、ストレス、その他の社会的要因は、遺伝や医療サービスへのアクセスよりも健康に大きな影響を与えます²。 しかし、これまで健康の社会的決定要因には、臨床ケアにおいて十分な注意が払われていませんでした。
保険機関と医療機関は異なる情報システムを使用しているため、患者はその中間に挟まれ、面倒な プロセスでギャップを埋めることを強いられることがあります。
統合デリバリー・ネットワーク(IDN: 医療提供ネットワーク組織)全体の統合
この米国の大規模な統合デリバリー・ネットワーク(IDN)の開発者たちは、個々のジョブを行うだけの統合エンジンに、我慢ができなくなっていました。 10年以上前に古いエンジンをインターシステムズの統合テクノロジーに置き換えましたが、それ以来、このIDNは、インターシステムズのソリューションが、成長力、従業員の時間の節約、コスト削減といった複数の問題を解決しているのを見てきました。 ある1つのプロジェクトだけで、インターシステムは10万ドルを節約したこともあります。インターシステムズの統合技術を利用して提供されるその他の利点には、次のようなものがあります:
グローバル投資銀行
世界最大級の投資銀行が、主要な株式取引管理アプリケーションをインターシステムズのデータプラットフォーム技術に移行
InterSystems HealthShare®を基盤とするCurrentCareは、46のデータ共有パートナーと接続し、13の異なる電子健康記録(EHR)システムから情報を引き出しています。
使用している電子カルテ(EMR)から別の電子カルテ(EMR)への移行が、容易であるという人は誰もいません。 米国退役軍人省(VA)の場合、40年前に社内開発したEMRシステムから、新しい市販のシステムに移行することが課題となっていました。 この移行に伴う課題は以下の通りです。