Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

Healthix Innovates to Help Schools and Communities Target Care Needs Amid COVID-19

doctor with kid and mother

When the pandemic hit New York City in 2019, health department officials and clinicians turned to Healthix, one of the nation’s largest public health information exchanges, for help. By turning fragmented data into insights, the HIE enabled the city to perform contact tracing, swiftly connected scores of statewide reference labs while delivering alerts to providers, related to their COVID-19 patients. Public health experts, meanwhile, secured bio surveillance information on testing and vaccinations, down to the zip code.

Healthix emerged as a critical resource for a community in crisis, and the value of its work has proved wide-reaching. After all, the HIE brings in more than 300 million pieces of data — related to lab results, medications, and more — which power 8.7 million outbound alerts every month. This seamless, real-time flow of clinical information serves more than 8,000 healthcare facilities, 18,000 providers, and 20 million patients.

That’s precisely why the city’s health agency enlisted Healthix, a longtime InterSystems HealthShare® partner, to collaborate on several other projects designed to keep school children healthy.

In a unique arrangement, the Office of School Health manages healthcare for students across the five boroughs. In 2021, Healthix began gathering and analyzing data related to encounters, diagnoses, and COVID-19 mortality risk for the organization. The goal was to bolster patient engagement, care coordination, and care management for 6- to 18-year olds with known diagnoses of asthma, diabetes, and several mental health conditions.

The HIE quickly identity-matched more than 1 million individuals, or 97 percent of the student body. In two months, Healthix uncovered additional diagnoses for 13,000 kids with asthma. The data also revealed missing diagnoses for 9,000 children with depression and 11,000 with anxiety. What’s more, Healthix identified changes to 10,000 students’ clinical data.

“Data is most relevant when you’re getting it in real time,” says Todd Rogow, CEO and president of Healthix. “That’s when you can react to the trends and the changes that you’re seeing.”

Todd Rogow
CEO and President, Healthix

Interoperability has also optimized the citywide immunization registry, which houses 4.8 million records containing more than 75 million events related to pediatric vaccinations.

Using a bidirectional exchange, Healthix sends 3,000 messages to the registry each hour, transferring data in real time and even beyond hospital settings. Over the past six months, 100 percent of public clinics and 74 percent of private clinics have reported immunization data. Healthix’s work has empowered the city to make the information on the vast majority of all immunizations available to public health officials, providers, and payers, at a moment’s notice.

As the pandemic progresses, the HIE is poised to expand its role in the fight against COVID-19. But its commitment to the community — and clean, healthy data — all but ensures that Healthix’s mission will outlast any single contagion.

 


This story originally appeared the HealthShare Connections News Flash No.9 - July 22, 2022

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.
リアルタイム機能、高度な分析、スケーラビリティを実現
顧客:グローバル投資銀行
ヘルスケアについて複雑なことは何もありません。患者と医師の問題に過ぎないのですから。とは言え、非常にシンプルで人間的に見える医師と患者の接触は、ひどく複雑なものです。医師と患者の接触のあらゆる側面を文書化する必要があるからです。また、保険の請求などの目的でコーディングが必要です(診断および手術には、それぞれ対応する番号があります)。さらに詳細なコーディングの基準(ICD-10)の使用に伴い、3M Health Information Systems は複雑さの解消に的を絞りました。
HealthShare Patient Indexで入院・外来患者の記録を照合することで、患者データの一元管理、他の医療機関との共同事業、情報の流れの改善などが可能になりました。
南デボンの医療・介護現場では、ITシステムの統合により、急性期チームとコミュニティチームがこれまで以上に緊密に連携しています。 GDEsの差し迫った目標をサポートする トーベイとサウスデボンのNHSは、10年以上前から医療統合の最前線にいます。 2015年1月、この地域は、パートナーが協力して貧困地域の健康格差を縮小するために、急性期医療における統合サービスを開発するNHSイングランドのバンガード資格を獲得しました。
ドイツの西部に位置するノルトライン・ウェストファーレン州(NRW)は、国内で最もパンデミックの影響を受けている地域の一つです。 ここは首都圏と地方が混在し、約1,800万人が住み、約340の病院がある、全米で最も人口の多い州です。