Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

eConsult、 InterSystems IRIS for HealthでNHSのトリアージに変革をもたらす

インターシステムズと、英国の国民保健サービス(NHS)は、モバイル診察プラットフォームをリードする eConsult とのパートナーシップにより、プライマリーケア、救急医療、外来医療の提供と効率性を向上させる

Father - Toddler at table with laptop

 

顧客:eConsult

課題 eConsultのデータをNHS全体で使えるようにすること

結論: 臨床医の経験を向上させ、患者の待ち時間を短縮する

モバイルの革新が医療におけるデジタル革命を推進する中で デジタル・トリアージは、医療機関がサービスを拡張し、データに基づいた方法で患者の需要に対応することを支援します。 自動化技術を使って患者から来院理由や症状などの情報を収集するデジタル・トリアージは、患者が治療環境に運ばれる方法を最適化し、費用対効果の高い方法で医療機関のリソースを割り当て、より良い医療体験を実現します。

2013年の設立以来、eConsult はこの分野におけるリーダー的存在になっています。 eConsult は、安全で効果的なデジタルトリアージ・ソリューションにより、医療機関が大規模なケアを提供できるようにします。現在eConsult は、NHSの3,200以上の一般診療所でトリアージを行っており、2800万人の患者が利用しています。 アーンスト・アンド・ヤングによると、NHSはeConsultのソリューションを使用することで、一般開業医(GP)1人当たり毎月1000件の追加予約を提供し、GP当たりの予約の取りこぼしを60%減らすことができるといいます。1

クイーンメリーズ病院救急医療センターでの独自調査では、eConsultによって待ち時間が劇的に減少したことがわかりました。クイーンメリーズ病院の来院者の99%以上がわずか15分以内に最初の査定を受けていました。

相互運用性のギャップを埋める

しかし、NHSのためにその潜在的価値を真に引き出すために、eConsult は、複雑な医療システム全体でそのデータを利用可能にするという難題に直面しました。 そのためには、NHSの医療記録や患者管理システムと、eConsult の患者データを統合する必要がありました。

データを相互運用することのメリットのひとつは、NHS全体の患者ジャーニーの全体的で包括的な画像を提供することです。これは、時間をかけてさまざまなタッチポイントから情報を得ることができます。 しかし、その前に eCounsult は、高度なデータ管理機能を利用する必要がありました。 そこでインタ―システムズが登場しました。

以前、eConsult はデータの相互運用性のギャップを自ら埋めようと試みましたが、非常に困難な課題であることがわかりました。 "当社のエンジニアはそれを得意としていますが、専門ではありません "と eCousult の最高戦略・ブランド責任者であるマーク・ハーモン博士が述べています。

マーク・ハーモン MD、eCousult、最高戦略・ブランド責任者

インターシステムズの医療データ管理に関する実績は、完全なデータ相互運用と統合を実現するための理想的なパートナーでした。 ハーモン博士は、「私たちの専門は、クリニカルトリアージとペイシェントジャーニーです。 あらゆる患者記録システムとの統合を可能にします」と述べています。

InterSystems IRIS for Health™ は、健康データを大規模にクリーニングし、準備するために設計された、包括的なデータ管理プラットフォームです。 HL7 V2 や FHIR® (Fast Health Interoperability Standards) などの 標準をサポートし、独自のデータと既存の臨床データのシームレスな統合を促進するよう設計されています。

この場合、インターシステムズの柔軟な導入オプションにより、eConsult のデータベースと完全にクラウド上で統合することができます。InterSystems IRIS for Healthの機能を利用して、eConsult はNHS Spineシステムに対して患者の検証を行い、20,500の医療機関にある 23,000の医療ITシステム間で安全にデータを共有できるようにしました。 その結果、eConsult のデータは NHS 医療機関の間で使いやすく、アクセスしやすく流れ、eConsult がさまざまな医療システムによりよく対応できるようになりました。

eConsult を採用することによる NHS の財政的利益は、現在年間 10 億~16 億ポンドと推定されています。 eConsult がもっと広く採用されれば、さらに年間 10 億ポンドの利益を実現できるでしょう。2

「インターシステムズが、統合トリアージプラットフォームの実現に重要な役割を果たすことは分かっています」と、ハーモン博士は述べています。 「彼らの幅広い専門知識により、統合されたケアシステムとトラストの間で、あるいはトラスト内でデータを移動させ、委託の意思決定に役立てることができ、ひいては患者さんと臨床転帰を改善することができます」

未来への展望

トリアージもデータの相互運用性を利用することで、目的達成のためにプロセスをより効果的にすることができます。

「データは、今後の戦略的思考において非常に興味深い要素になってきており、インターシステムズとの関係はそのために非常に重要です」とハーモン博士は述べています。 「私たちの戦略的目標は、トリアージのデジタルエコシステムを持ち、システム間で患者をシームレスに移動させ、臨床医が適切なタイミングで、適切な場所で、臨床上の必要性に応じて患者を診ることができるようにすることです。 インテリジェント・トリアージは、例えば、背中の痛みが癌の症状であるかどうかを迅速に明らかにし、(2週間待ち)経路へのルーティングや、A&E患者をGPが提供するより適切なケアに紹介することを可能にします」

将来的には、eConsult は、NHSと提携して研究のためのデータを共有する予定であり、大きな計画を持っています。 より正確に患者を評価するために、eConsult はトリアージ時にバイタルサインや患者の病歴を把握する方法を検討しています。 トリアージ後の診断検査を、他の臨床判断支援ツールと統合する方法を検討しています。 より長期的には、eConsultは、トレンド、バイオマーカー、ゲノム、疾病傾向などのデータから、予防医学の発展を支援するビジョンを持っています。

ハーモン博士によれば、eConsult とインターシステムズのパートナーシップは、同社の将来の方向性と最も重要な成功の尺度である健康な患者をサポートするものです。 「インターシステムズ社とのパートナーシップのおかげで、データの可能性は非常に大きく、研究を促進するだけでなく、重要な患者さんの転帰を改善する可能性も秘めています」


1 - "Potential Benefit of eConsult to NHS Summary Analysis" Ernst & Young. 8 September 2022.

2 "Potential Benefit of eConsult to NHS: Summary Analysis," Ernst & Young. 2022年9月8日

あなたが好きかもしれない他のサクセスストーリー

ブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズ
課題 証券会社 150 社とウォール街のほぼすべての銀行におよぶブロードリッジ・フィナンシャル・ソリューションズの顧客は、あらゆる方面から入ってくるデータ量の増加という課題に直面していました。従来のソースに加え、IoT デバイスやソーシャルメディアなどの新しいソースからもデータが流入してくるからです。
ベルギー 公的社会福祉事業
ベルギーにおけるInterSystems IRIS for Healthによるデジタルヘルスケアの変革
中東の民間病院グループが、患者の自宅に病院をお届けしています。 診療チームは、患者をモニターするために家庭用機器を使用し、スマホアプリを使用して、機器と患者が作成したデータをEMRに配信しています。 バーチャル往診を行う医師や看護師は、使い慣れたソフトウェアを使って必要な情報をすべて入手し、最適で個別性の高いケアを行うことができます。
クラウドファーストの最新インフラがデータのサイロをなくし、ビジネス全体の可視性を向上させる
大規模な医療提供システムにとって、ソフトウェアの拡張性は非常に重要です。 組織が成長するにつれ、医療ITシステム間でデータを分断なく流し、統一された診療記録を提供し、診療の連続性を考慮した分析を行うことが必要になってきます。 しかし、第一世代のデータ共有イニシアティブの多くは、アクセス、拡張性、性能などの基本的な技術課題に対処できていません。
InterSystems in Healthcare
インタ―システムズ製品およびパートナーソリューションの先進ユーザー事例をご紹介しています。
月刊新医療2022年9月号 掲載記事
2022年7月1日、インターシステムズジャパンは、「第26回医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2022 inせとうち」にてランチョンセミナー「FHIRを用いた臨床研究における医療情報活用」を共催した。演者は太田恵子氏(大阪公立大学医学部附属病院 臨床研究・イノベーション推進センター)、座長は木村映善氏(愛媛大学大学院医学系研究科医療情報学講座 教授 兼 医学部附属病院医療情報部 部長)が務めた。テーマとなったHL7 FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)は、医療情報交換の為の次世代標準フレームワークとして注目が集まっており、同ランチョンセミナーにも多くの参加者が来場した。ここに同セミナーの講演内容を紹介する。
Matching inpatient and outpatient records with HealthShare Patient Index enabled a single view of patient data, joint ventures with other healthcare organizations, and better information flow.