Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

医療機器データの活用してより価値の高い製品を作り出す

MedTech イノベータ

Doctor at Monitor

医療機器メーカーにとって、患者や臨床医により多くの価値を提供することは事業成長の原動力です。 価値は、デバイスの段階的な改良で高めることもできますが、デバイスや関連ソースから集約されたデータを分析することで生まれることもあります。 この新たな価値は、新製品や旧製品への投資収益率を高め、当初から市販後調査まで、製品ライフサイクル全体の効率を高めることができます。

このような機会があるにもかかわらず、MedTech 企業はしばしば、データやアナリティクスを強化した製品のビジョンを現実する上で、課題に直面します。 そうした課題は以下の通りです:

  • 医療機器と様々なシステムやデータソースを接続する信頼性の高いデータ統合
  • 多様なデータソースを、アナリティクスやその他のアプリケーションで使用するめにかかる、データクリーンアップの膨大な時間と高いコスト
  • 医師と患者が恩恵を受けられるように、データからの洞察を医師が慣れ親しんだワークフローに統合

医療機器メーカーは、インターシステムズのテクノロジーとパートナーシップによって、こうした課題の解決策を見出しています。 当社の先進的なクラウドファースト・データプラットフォームであるInterSystems IRIS for Health™は、相互運用性標準、マルチモデルデータ管理、自然言語処理、アナリティクス、機械学習を活用し、コスト効率よくイノベーションと価値を推進することを可能にします。
以下のユースケースは、データ主導のイノベーションと組織の付加価値サービスの創出のために、インターシステムズと連携するいくつの方法を示しています。

ユースケース:心臓機器性能の市販後調査

ある大手医療機器メーカーは、IoTに対応した埋め込み型モニタリング・デバイスですでに成功を収めています。 この装置からの遠隔測定は、市販後調査で、その性能をモニターするのに役立っています。 問題は、収集されたデータでは、機器データが患者のアウトカムとどのように関連しているのか、あるいはどの患者がその機器に最もよい効果があったのかについて、メーカーや臨床医に伝わらないことでした。

メーカーは、3つの多様なデータソース、すなわち、移植された機器の複数のバージョンからの時系列データ、患者のスマートフォン上の電子患者報告アウトカム(ePRO)アンケートからの定性的インプット、および患者の電子カルテ(EHR)からの臨床データを組み合わせ、相関させることによって、これらの問題に対処することができると考えました。 しかし、最初に必要なことは、複数のフォーマットのこれらのソースからのデータを、分析のための1つの一貫した表現に正規化することです。

Use Case: Postmarket Study of Cardiac Device Performance

インターシステムズ、FHIRとSQLを組み合わせて分析用データアクセスを簡素化

この医療機器メーカーはインターシステムズと協業して、InterSystems IRIS for Healthデータプラットフォームを使用して、すべてのデータを集約し、必要に応じて、一貫性のある単一のHL7® FHIR® (FHIR)表現に変換しました。 ソリューション開発者は、InterSystems IRIS for Healthを使用してFHIRデータモデルを拡張し、デバイスデータ、パフォーマンスデータ、PROMS(患者報告アウトカム尺度)、および時系列データを組み込み、InterSystems IRIS for Health FHIR SQL Builderを使用してアクセスできるようにしました。 FHIR SQL Builderを使えば、データサイエンティストはすでに知っているSQLを使ってFHIRデータにアクセス可能です。 この洗練されたプロジェクション・ツールは、InterSystems IRIS for Health FHIR リポジトリのデータを使用してカスタム SQL スキーマを作成します。

FHIR データは、分析用の別製品ではなく、InterSystems IRIS for Health データベースに保存されるため、常に最新の状態で使用できます。 これにより、医療機器メーカーは、大量のデータを別の分析リポジトリにコピーし、それを維持するための時間とひ費用という高いコストを節約することができます。 すべてのデータを分析して、このメーカーは以下の事を発見しています:

  • 装置の使用で最も効果がある患者のタイプを見つけるために役立つ洞察
  • 顧客が疾病管理を改善する方法
  • 機器の有効性とリスク低減を実証する規制当局向け統計情報

使用例:相互運用性のある機器データと分析から得られる実行可能な洞察

医療機器メーカーは、その機器から生成される大量のデータをどのように活用すれば、顧客が継続する診療全般にわたる運用パターンを理解できるようになるのでしょうか?
あるメーカーでは、医療機関の顧客が独自にクエリーを実行し、投薬機器によって収集されたデータを分析できるようにする「デジタル・サービス」を提供しています。 彼らの目標は、薬剤の投与量、使用量、在庫のパターンを理解し、改善することです。

Use Case: Actionable Insights from Interoperable Device Data and Analytics

このソリューションは、InterSystems IRIS for HealthデータプラットフォームとInterSystems IRIS Adaptive Analyticsのデータ変換と統合機能を利用しています。 Adaptive Analyticsは、各医療機関で収集された大規模かつ多様なデータセットの上に、医療アナリストと彼らが好んで使用する分析ツールが使用する共通のセマンティックレイヤーを作成します。

機器メーカーは、自社の機器がすでに生成しているデータを活用することで、競合他社との差別化を図り、新たな収益源を獲得しています。 同社の顧客は、TableauやPowerBIのような好みのビジネスインテリジェンス(BI)ツールを使用して、アナリストが探索できるように、デバイス間で管理されたデータセットと共通のセマンティックレイヤーを提供している。 データを多面的に見たり、他のデータと組み合わせたりして、次のような質問に答えることができます:

  • 投与された薬物の量は、時間や場所によってどのようなパターンがあるのか?
  • ある薬が完全に使用されたのに対して、どれだけ無駄になったのか?
  • 手元に十分な医薬品があるか?
  • アラームは有効か、あるいは無効にされているか?
  • 重要なKPI(主要業績評価指標)と安全基準を達成しているか?

使用例:遠隔ポイント・オブ・ケア診断と健康記録の接続

POC(ポイント・オブ・ケア)診断機器のメーカーが、十分なサービスを受けていない地域の診療所や移動診療場所に特化した、顧客の満たされていないニーズを発見しました。 このような遠隔地の医療現場では、インターネットに接続できないことが多く、POC診断機器は、接続性とデータ統合標準をサポートしているにもかかわらず、EHRや機器メーカーのクラウド分析プラットフォームに直接接続されているとは限りませんでした。 そのため、広範なケアチームの医療従事者は診断結果を知らないことが多くありました。 このような問題に対処するために、サードパーティのソフトウェアが利用できますが、デバイスの数と種類が増えるにつれて、これらの診療所にとっては、持続不可能なほどの大きなコストがかかります。

Use Case: Connecting Remote Point of Care Diagnostics to Health Records

リモートテストロケーションのための簡素化された柔軟な相互運用性

セルラーデータネットワークゲートウェイとInterSystems IRIS for Healthデータプラットフォームを使用することで、医療機器メーカーは、サードパーティのソフトウェアを不要にし、POC診断の価値を高める費用対効果の高いソリューションを開発することができます。

POC機器はセルラーゲートウェイにデータを供給し、InterSystems IRIS for Healthは必要なデータ変換と統合機能を提供します。 InterSystems IRIS for Healthは、複数のリモート機器をメーカーのPOCクラウド分析プラットフォームに接続し、機器の性能を可視化し、患者の検査結果をEHRに送信します。 このアーキテクチャは、InterSystems IRIS for Healthを使用した製品の差別化のもう1つの例です。このデバイス・メーカーは、臨床医がEHRや検査情報システムに接続するために、すぐに使用できるオプションを作成しています。

さらに詳しくは:

これらの使用例はすべて、製品開発チームが完全なソリューションを作成するために使用できる単一のプラットフォームとデータベースを持つことによって恩恵を受けます。 InterSystems IRIS for Healthは、複数の多様なソースからのデータを活用し、医療技術における最も単純なデータから最も複雑なデータおよびアプリケーションの課題に対応します。 医療技術革新に対する当社の支援については、InterSystems.com/jp/MedTechをご覧ください。

あなたが好きかもしれない他のリソース