Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

物流クライシスの処方箋:運ばない物流の実現

物流に求められる変革

物流はすべての人の暮らしや企業活動を支えるなくてはならない社会インフラです。一方、物流は、ECの隆盛による物流量の爆発的な増加、人材不足の深刻化などによって「物流クライシス」と呼ばれる危機的な状況に陥っています。その中で、ロジスティクス企業が、今、直面する大きな課題として、以下の3点を挙げることができます。

  • 無駄な物流や作業を排除して、人的リソースの枯渇、SDGに対応する
  • 個別最適システムから全体最適システムへの変換
  • 物流DXによる改革

経産省が定めるDXに関する定性指標

「物流クライシス」を打破するために期待が高っているのが、「物流テック」や上記にも上げた「デジタルトランスフォーメーション(DX)」です。
テクノロジーによって、解決をしようとするもので、経済産業省では、DX 推進指標を示しており、DXを実現する上で基盤となるITシステムの構築の枠組みの定性指標の中で「ITシステムに求められる要素」として、データ活用、スピード・アジリティ、全体最適に3つを挙げています。これら3つの要素を可能にし、システム間連携などにより全体最適を可能にするITシステム構築が求められています。

データドリブンアプローチ

全体最適を可能にするITシステム構築に必要な要素の実現には、データプラットフォームを活用したデータドリブンが有効だと、インターシステムズは考えます。データドリブンアプローチは、あらゆるシステムに存在するデータにいつでもアクセスし、利用できるようにするアプローチです。これによるメリットは以下の通りです。

  • 既存システムに影響を及ぼさない
  • 既存システムの置き換えなし
  • 既存システムの大幅な変更なし
  • 既存システムへの性能的な影響なし

データドリブンアプローチ実現の最適解

InterSystems IRIS®データプラットフォームは、データドリブンアプローチを実現する最適なソリューションです。データドリブンアプローチによるソリューション開発のためにインターシステムズが新たに一から作り直した次世代アプリケーション開発環境です。すべてのデータへのアクセスと活用を可能とし、さらに、アクション可能な分析機能を提供します。InterSystems IRISは、以下のような特徴を持っています。

InterSystems IRIS data platform for Supply Chain

あなたが好きかもしれない他のリソース。