Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

パフォーマンスとスケーラビリティのベンチマーク:InterSystems IRISとIntel Optane DC Persistent Memory

ベンチマーク

エグゼクティブ・サマリー

Intel Optane DC Persistent Memory Benchmark

インターシステムズとインテルは、最近、InterSystems IRIS®データプラットフォームと第2世代 Intel® Xeon® スケーラブル・プロセッサー(別名Cascade Lake)とIntel® Optane™ DC persistent memory(DCPMM)を組み合わせた一連のベンチマークを実施しました。 これらのベンチマークの目的は、様々なワークロード設定とサーバー構成において、インテルの最新メモリ技術を搭載したInterSystems IRISの性能とスケーラビリティ能力を実証することでした。 本レポートでは、各種ベンチマーク結果とともに、Intel DCPMM と InterSystems IRIS の 3 種類のユースケースを紹介します。

パフォーマンスとスケーリングを示すために、読み取り集中型ワークロードと書き込み集中型ワークロードという 2 種類のワークロードを使用しました。 これらを別々にデモした理由は、読み取り集中型のワークロードにおけるデータベースキャッシュの効率向上と、書き込み集中型のワークロードにおけるトランザクションジャーナルの書き込みスループットの向上という、異なるユースケースにおけるインテルDCPMの影響を示すためです。 これらのユースケース・シナリオのいずれにおいても、InterSystems IRISのスループット、スケーラビリティ、およびパフォーマンスの大幅な向上が達成されました。

  • この読み取り負荷の高いワークロードは、4ソケットのサーバーを活用し、総データ量約1.2TBのデータセットに対して大量の長時間分析クエリーを実行しました。 DCPMMをMemory Modeで使用した場合のベンチマーク比較では、経過時間が大幅に短縮され、メモリの少ない一世代前のIntel Xeon E7 v4シリーズプロセッサと比較すると約6倍高速化されました。 E7 v4とDCPMMを搭載した最新サーバーの同クラスのメモリサイズを比較すると、20%の改善が見られました。 これは、DCPMによってInterSystems IRISデータベースのキャッシュ能力が向上したことと、最新のIntelプロセッサのアーキテクチャによるものです。
  • 書き込みの多いワークロードは、2ソケットのサーバーと、多数のインバウンドインターフェースで構成されるInterSystems HL7 v2メッセージングベンチマークを活用しました。 各メッセージにはいくつかの変換があり、そして各インバウンドメッセージに対して4つのアウトバウンドメッセージがあります。 高いスループットを維持する上で厳しい要件の1つが、InterSystems IRIS for Health™のメッセージ耐久性保証であり、その運用においてトランザクションジャーナルの書き込み性能は極めて重要です。 DCPMMをApp Direct Modeでダイレクトアクセス(DAX)し、トランザクションジャーナル用のXFSファイルシステムを提示した場合、このベンチマークではメッセージスループットが60%向上することが実証されました。

テスト結果と構成をまとめると、InterSystems IRIS の適切な設定とワークロードで使用した場合、 DCPMM は大きなスループット向上を実現します。 高レベルの利点は、データベースキャッシュの効率向上と、読み取り集中型のワークロードにおけるディスクI/Oブロック読み取り回数の削減、および書き込み集中型のワークロードにおけるジャーナルの書き込みスループットの向上です。

さらに、DCPMを搭載したCascade Lakeベースのサーバーは、古いハードウェアをリフレッシュしてパフォーマンスとスケーリングを向上させたいユーザーにとって、優れたアップデートパスを提供します。 インターシステムズ社のテクノロジー・アーキテクトは、こうした議論を支援し、お客様の既存のワークロードに適した推奨構成について進言をさせて頂きます。

関連するトピックス

あなたが好きかもしれない他のリソース