Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。

相互運用性と集団健康管理のトレンドレポート

CHIME Digital Health Most Wired Survey

CHIME Digital Health Most Wired Survey、相互運用性とポピュレーションヘルス(集団健康管理)

Interoperability and Population Health Trend Report image

激動する医療を取り巻く情勢において、毎年恒例のCHIME Digital Health Most Wired(DHMW)調査は、医療機関(HCO)が長年頼りにしてきた重要な「北極星(道しるべ)」です。 毎年開催されるMost Wired賞で広く知られるDHMW調査は、医療リーダーに米国のHCOにおけるデジタルヘルス利用の包括的なプロフィールを提示し、自社のデジタルヘルス進捗のベンチマークとなる信頼できるリソースを提供ししています。

米国の病院の約40%が参加していることから、2023年のDHMW調査に含まれるHCOの顔ぶれは、既知の米国医療システムの状況を代表するものと位置付けることができます。 そのため、この調査は、研究者がHCO市場における主要なテーマやシフトを特定する上で重要な資料となります。 2023年のDHMWの調査結果では、包括的なテーマは 「データ利用の加速 」ということが分かりました。

デジタルヘルスの黎明期は意味ある利用(Meaningful Use)によって形作られましたが、HCOは単純なデータの取得と保存から、臨床と業務の成果を改善するためのデータ活用へと大きく舵を切りました。 テーマとしての「データ利用の加速」は、調査の8つのセクションすべてに見られましたが、特に「相互運用性とポピュレーションヘルス(集団健康管理)」のセクションに強く関連しています。 バリューベースのケア(価値に基づく医療)環境で成功するには、HCOが患者データを迅速かつ正確に活用し、特定の集団の健康にプラスの影響を与えることが必要です。 これは、データが強力な相互運用能力によって支えられている場合にのみ達成されます。

インターシステムズ:相互運用性とポピュレーションヘルスのリーダー

2023年DHMW調査における相互運用性とポピュレーションヘルスの調査結果を理解するために、CHIMEは、企業のデジタル変革のための次世代データソリューションの業界をリードするプロバイダーであるインターシステムズのリーダーと意見交換をしました。 2023 DHMW調査を出発点として、HCOのデータ交換能力、およびHCOが特定集団の健康アウトカムを改善するために活用している様々なテクノロジーに関する調査結果を紹介しています。その後、インターシステムズのリーダーからの深い洞察に基づき、HCOのリーダーがデータ交換やデータターゲティングの取り組みにおいて舵をとらなければなければならない無数の複雑な問題の背景と明確な指針を提供しています。

この調査から、HCOがデータ活用を加速させるためには、HCOのリーダーはポピュレーションヘルスプロジェクトの成功とはどのようなものかをしっかりと考え、それを様々なステークホルダーに効果的に伝える必要があることがわかりました。

あなたが好きかもしれない他のリソース