Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

コストセンターから競争優位へ:デジタルトランスフォーメーションによるサプライチェーン・レジリエンス

IDCスポットライトレポート

IDC Spotlight report-JP

ダイナミックに変化するサプライチェーンに移行する組織では、サプライチェーン・パートナー全体をリアルタイムに可視化し、高度な分析主導の洞察を可能にするデジタル・トランスフォーメーションが必要です。

概要

世界的な健康被害、地政学的緊張や紛争、物流の渋滞、設備の制約、労働力不足、インフレ圧力、セキュリティへの懸念など、混乱は深く、長く続き、組織は拡大したグローバルサプライチェーンを運用する上での脆弱性を再検討する必要に迫られています。

相互依存関係が露呈し、それがいずれどれほど脆弱なものになるかは別としても、私たちが存在を知っているものばかりとなりました。

IDC の 2022 年 3 月のサプライチェーン調査によると、組織がサプライヤーの多様性を高め、リーン ネットワークからダイナミックネットワークに移行し、ニアショアリングとリショアリングのオプションを模索し、組織の DNA に組み込まれつつあるサステナビリティ (ESG) の取り組みとこれらの判断を比較検討する中で、リスクに取り組むことは多くの形態をとっています。

業界を超えて、このますます動的な環境におけるレジリエンスを達成しようと努める組織は、データを活用して可視性を高め、高度 な分析によってタイムリーな知見を培い、行動可能な知見が明らかになったら迅速に対応できるように組織の俊敏性を育成することが求めら れるようになるでしょう。

ポイント

重要なこと
従来のデータ管理のアプローチでは、リアルタイムに接続されたデータ、セルフサービス、高度な自動化、スピード、インテリジェンスの組み合わせを求める新しいビジネス要件を満たすことができません。

キーポイント
デジタル化が進んだ組織とそうでない組織の間で、ビジネス収益のパフォーマンスにますます格差が開いています。

あなたが好きかもしれない他のリソース