Skip to content
インタ―システムズ製品やソリューション、キャリアの機会などについて、検索してご覧ください。 結果には、開発者コミュニティ、製品ドキュメント、教育ウェブサイトからのコンテンツ、InterSystems.com サイトが含まれます。

トランザクショナル分析アプリケーションのための 新しいデータプラットフォーム - InterSystems IRIS

InterSystems IRIS

InterSystems IRIS: トランザクショナル分析アプリケーションのための 新しいデータプラットフォーム

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/new_data_platform_thum-212x300.jpg
ダウンロード(PDF)

はじめに

従来、トランザクションアプリケーション(リアルタイムデータを処理)と分析アプリケーション(履歴データやその他の非リアルタイムデータを処理)は、別個のものでした。しかし組織がデータから収集された洞察をリアルタイムで活用することを望むようになり、新しいタイプのソリューションが出現してきました。トランザクショナル分析アプリケーションは、さまざまなデータソースからの迅速なインジェスチョンと高度な分析を同時に実行します。

InterSystems IRIS® Data Platformは、高パフォーマンスのトランザクショナル分析アプリケーションの開発と実行を意図して設計されています。このプラットフォームは、高度に最適化されたディスクストレージをもち、インメモリのパフォーマンスを実現し、インメモリまたはディスク上でデータセット全体を複製する必要のない独自のインテリジェントな分散データ対応のキャッシング機能を兼ね備えています。InterSystems IRIS上に構築されたアプリケーションは、より低いコストでより優れたパフォーマンスと信頼性を実現しながら、大規模なトランザクションデータセットを取り込むと同時に、機械学習、ビジネスルール、自然言語処理、BI、SQLクエリをはじめとする複雑な分析を実行することができます。この技術概要では、InterSystems IRISの主な技術的メリットについて説明します。

InterSystems IRIS の参照アーキテクチャ

InterSystems IRIS data platform は、以下のようなメリットを提供します。:

  • 高パフォーマンスでトランザクショナルと分析の同時処理を行い、リアルタイムでのユースケースをサポート
  • 機械学習、ビジネスルール、自然言語処理、BI、SQLクエリのリアルタイムの実行が可能
  • 既存のアプリケーションやデータソースと統合する、完全な相互運用性を備えたプラットフォーム
  • リソース使用率を向上させ総所有コスト(TCO)を削減しながら、スケールアップ&スケールアウトすることが可能
  • オブジェクト、リレーショナル、ドキュメントの各テクノロジをサポートするマルチモデルデータベース管理
  • コモディティハードウェアを使用した複数ノード間でのワークロードの分散を可能にする、インテリジェントな分散データ対応キャッシング
  • Java、Node.js、.NET、Python、その他をはじめとする広く普及しているすべてのプログラミング言語に対応するインタフェース
  • アプリケーションのパフォーマンス要求を満たすよう個別に調整可能で、高度にカスタマイズ可能なデータアクセスレイヤーと更新レイヤー
  • JDBC、ODBC、Apache Sparkなどのために最適化されたインタフェース

既存のアプリケーションとの統合が容易

InterSystems IRISは汎用的なデータ構造をもつため、リレーショナル、オブジェクト、またはドキュメントなどのさまざまなモデルでデータを容易に処理できます。追加のコーディングなしで、いつでも任意の適切なモデルですべてのデータにアクセスして操作できます。たとえば、InterSystems IRISリレーショナルモデルは、ANSI SQLに完全に準拠しており、その他のリレーショナル製品と容易に統合できるアダプターを備えています。

そのため、InterSystems IRISは既存のデータウェアハウスやデータレイクと統合することができます。データアクセラレーターとして使用し、Apache Spark、Amazon S3、その他のテクノロジに対する既存の投資を活かして、リアルタイムのデータインジェスチョンと、大規模なデータセットの高効率性の分析を実現することができます。

また、InterSystems IRISは、PMML(Predictive Model Markup Language)を使用してさまざまな機械学習ライブラリとも統合可能です。
PMMLモデルをデータベースにネイティブに組み込むことで、高いパフォーマンスを実現できます。さらに、InterSystems IRISはテキスト分析エンジンも組込みで備えており、Apache UIMA(Unstructured Information Management Architecture)標準を使い、その他のテキスト分析ソリューションと容易に統合することもできます。

インテリジェントな分散データ対応キャッシング

InterSystems IRISは高パフォーマンスでのデータインジェスチョンと分析の同時実行が可能なだけでなく、独自のインテリジェントな分散データ対応キャッシング機能により、それらの処理を大規模に実行することもできます。InterSystems IRISのマルチノードセットアップにおいて、各ノードは別のノードが保持しているデータを認識できます。以下のような場合に、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。

  • シャード化された環境では、InterSystems IRISにより、複雑なクロスシャード結合のパフォーマンスと信頼性が大幅に向上します。
  • マルチノードクラスタでは、クエリのワークロードをクラスタ内のすべてのノード間で分散させることができます。
  • トランザクショナル分析ワークロードの同時処理の場合、分析ワークロード処理が、トランザクション/インジェスチョンのパフォーマンスまたは信頼性に影響を及ぼすことはありません。

統合された機械学習(ML)

InterSystems IntegratedMLは、InterSystems IRISに組み込まれた機能です。この機能を使用すると、アプリケーション開発者は専門のデータサイエンススキルがなくても、機械学習(ML)モデルを自動的に作成したりトレーニングしたりすることができます。IntegratedMLにより、スタッフにデータサイエンティストがまだいない組織でも、機械学習モデルを開発して展開することができるようになります。また、データ収集、特徴量エンジニアリング、モデルの構築に関連する単純作業の多くを自動化して、データサイエンティストがより価値の高い作業に集中できるようにすることで、スキルの高いデータサイエンティストのチームを有する組織がより優れた成果を上げられるようになります。

InterSystems IRISと密接に統合されており、モデルやデータを抽出または移動させることなく、アプリケーションがリアルタイムのイベントやトランザクションに応じて、これらのモデルを動的かつシームレスに実行できるようになります。

その他のテクノロジとの比較

https://www.intersystems.com/isc-resources/wp-content/uploads/sites/24/chart2_iris_comparison-1024x656.png

 

パフォーマンス指標

お客様の概念実証(PoC)および実稼働において、InterSystems IRISは、トランザクションや分析クエリの処理の実行で、インメモリ、カラムストアデータウェアハウス、オープンソーステクノロジをはじめとする、競合テクノロジよりも常に性能での優位性を示し、使用するハードウェアリソースもより少なくて済みます。

これらのテクノロジを直接比較したあるテストでは、InterSystems IRISは代表的な商用インメモリデータベースよりも30倍高速でリアルタイムのトランザクションデータのクエリを実行できるにもかかわらず、消費するシステムリソースはより少なく抑えられていることが明らかになりました。

詳細については InterSystems.com/SpeedTest(英語)にアクセスください。またオープンソースのパフォーマンス比較試験を実施してください。

容易な配備とプロビジョニング

また、InterSystems IRISには、これらのアプリケーションの構築、配備、プロビジョニングを容易にする機能(柔軟な相互運用性、クラウド中立性、堅牢なセキュリティモデルなど)も用意されています。

クラウド中立性を確保する構築方法

InterSystems IRISはすべての大手クラウドプロバイダで使用可能で、次のようなメリットをもたらします。

  • 単一のクラウドプロバイダへのロックインを回避できます。
  • 標準のハードウェア(Amazon EC2インスタンスなど)で動作し、カスタム構成なしでのオンプレミス、プライベート、ハイブリッド配備をサポートします。
  • 単一のAPIを提供し、変更の必要なくさまざまなクラウドおよびハイブリッド配備をシームレスに行えます。
  • さまざまなクラウドプロバイダおよびハードウェアベンダによって公開される最適化された機能を継続的に活用できます。

セキュリティ

InterSystems IRISは、以下の機能を備えたシンプルで統合されたセキュリティアーキテクチャを提供します。

  • アプリケーションに強力で一貫性のある、高性能のセキュリティインフラストラクチャを提供する
  • 標準認証に合致する
  • 開発者がアプリケーションにセキュリティ機能を容易に組み込めるようにする
  • パフォーマンスと運用に対する負担を最小限に抑える
  • InterSystems IRISがセキュアな環境の一部として効率的に動作し、その他のアプリケーションとも相互運用できるようにする
  • ポリシー管理および施行のためのインフラストラクチャを提供する

セキュリティは、以下のように、認証、承認、監査、データベース暗号化に基づいています。

  • 認証ではすべてのユーザのIDを検証する
  • 認証によりユーザが必要なリソースのみにアクセスできるようにする
  • 監査では事前定義されたシステムとアプリケーション固有のイベントのログを記録する
  • マネージドキーの暗号化により未承認の表示から情報を保護する

一般的なセキュリティに加えて、InterSystems IRISは行単位の粒度によるSQLのセキュリティを提供します。これは行レベルセキュリティと呼ばれます。行レベルセキュリティでは、各行に表示を承認されたユーザまたは役割のリストが保持されます。

InterSystems IRISは、SSL/TLSの使用もサポートしており、公開鍵基盤(PKI)用のツールを備えています。

低TCOの実現

InterSystems IRISは、次のような独自のアーキテクチャのアプローチにより、お客様のTCOを削減します。

  • すべてのデータがメモリ内に格納される必要がない
  • コモディティハードウェア上で実行され、競合製品に比べてフットプリントが小さい
  • 組み込みの高可用性機能を備えている
  • 信頼性と拡張性が高く、エンタープライズ環境での実績があり、保守や管理でのサポートが少なくて済む

インターシステムズ: 業界のリーダー

業界の分析を行っているガートナー社は、インターシステムズをマジッククアドラント2019におけるオペレーショナルデータベース管理システム(OPDBMS)部門のリーダーに認定しました。

Gartner Peer Insights Customers’ Choice

インターシステムズは、OPDBMS部門において2年連続でGartner Peer Insights Customers’ Choiceに選ばれ、すべてのベンダの中で最高の総合評価を得ました。Gartner Peer Insights Customers’ Choiceとは、顧客から高く評価されたベンダと製品を認定するものです。調査データは、ITエンタープライズ専門家から高く評価された、ベンダのソフトウェア製品のうち、特に総合評価が高かったものを表しています。

 

まとめ

InterSystems IRISは、優れたパフォーマンスと、高いデータインジェスチョン率や大規模なデータセットにも効率的に対応できるスケーリング機能を必要とする、リアルタイムのトランザクショナル分析アプリケーションに理想的なプラットフォームです。

さまざまなソースから複数の形式のデータを迅速に取り込めると同時に、堅牢なセキュリティと低いTCOを確保しながら、大規模な分析処理を高パフォーマンスで実行することができます。
インターシステムズでは、お客様のパートナーとして、社員一丸となりお客様の成功のために全力を尽くします。求められている以上の仕事をすることが、当社のポリシーです。当社の優秀な人材が24時間365日体制でお客様を迅速にサポートします。

PDFをダウンロードする


インターシステムズは、2020年3月にオペレーショナルデータベース管理システム(ODBMS)部門でGartner Peer Insights Customers’ Choiceに選出されました。GARTNER PEER INSIGHTS CUSTOMERS’ CHOICEのバッジは、Gartner Inc.または関連会社の商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved. Gartner Peer Insights Customers’ Choice は、個々のエンドユーザのレビュー、レーティング、および実証メソドロジー(documented methodology)により抽出されたデータが主観的な意見として集約されたものであり、ガートナーまたはその関連会社による見解あるいは推薦を表すものではありません。https://www.gartner.com/reviews/ customers-choice/operational-dbms

GARTNERは米国および世界各国におけるGartner, Inc.または関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.

出典: ガートナー、オペレーショナルデータベース管理システムについてのマジッククオドラント(2019年11月25日)

あなたが好きかもしれない他のリソース